美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

育児

妊娠線対策はクリームとオイルどっちがオススメ?違いはあるの?

 

美容関係の悩みは数が沢山多く挙げ始めるときりがありません。

 

その内、特に女性の方の悩みとして挙げられるのが妊娠線です。

 

妊娠線とは名前の通り、妊娠をした時にお腹に出来る線のような痕の事を言います。

 

人間の肌はデリケートなので体に何か異常があるとすぐに肌等の目に見える部分に出てきて目立ってしまいます。

 

常に美容に気を遣っている方からすると妊娠をするだけで肌に異常が出るというのは大問題です。

 

妊娠線対策として考えられるのが、妊娠線対策用のクリームを使ったり、又はオイルを使う方もいらっしゃいます。

 

今回は妊娠線対策をするのならクリームがオススメなのか、オイルがオススメなのか?

 

そのあたりを詳しく説明していきますので、参考にしてみてください。

 

 

 

妊娠線が出来てしまうのは何故?

 

 

妊娠線の根本的な原因は皮膚が伸びる事にあります。

 

赤ちゃんを身籠る事自体に問題はありませんが、その分だけお腹が膨れ上がりお腹を中心に丸く皮膚が伸びる事になります。

 

ちょっとやそっとでは皮膚が伸びたくらいで肌に傷が付く事はありませんが、流石に赤ちゃんを身籠るとなると広く伸びてしまい、しわのような線が出来て目立ってしまいます。

 

しわの形状や出来方は人により、場合によっては隠すのが難しい程の痕が出来てしまうので、お腹を出すファッションを楽しみたい時にも目立ってしまいます。

 

妊娠線に悩まされている方は少なくありませんが、それでも妊娠線対策として様々なグッズが販売されている為、商品の知識さえ付けてしまえば誰でも簡単に対策を立てる事が出来るようになってきています。

 

 

 

妊娠線対策クリームとは

 

 

妊娠線の対策グッズは多種多様に存在しますが、その中でも特に人気が高いのが対策クリームです。

 

水分と油分が含まれている妊娠線対策クリームは塗るだけで肌の保湿をして妊娠線が出来ないように肌の調子を整える事が出来るように作られています。

 

 

 クリームが扱いやすい理由

 

クリームなので落ち着ける環境さえあれば、何処でも簡単に塗る事が出来るのも便利な理由の一つです。

 

妊娠線が出来る原因として挙げられるのは肌の弾力が低下する事で皮膚が伸びにくくなり、伸びきった時に皮膚に痕が出てしまうという点です。

 

逆に言うと、この肌が伸びにくいという点さえ克服出来れば、妊娠をした時に肌に妊娠線が出来にくくなるとも言えます。

 

妊娠をしている時には肌の弾力が低下するホルモン物質が増加する為、肌のトラブルが出来やすい環境が作られているとも言えます。

 

何も対策していない状態だと妊娠線等のトラブルが発生してしまうのは必然です。

 

妊娠線対策クリームはこの点を解決するべく、なるべく水分と油分を皮膚に吸収させる為に、多量に配合されています。

 

また、最近では話題の成分である「レジストリル」を配合しているクリームも国内で販売されています。

 

後は購入して肌に塗るだけで配合されている成分を吸収できるので特に難しい事をする必要はありません。

 

 

 お肌に塗りやすい?

 

 

クリームは伸ばしやすく、全体に塗りやすいのも良い点の一つです。

 

肌に塗るのが気持ち良いという方も居るので、不快感はあまりありません。

 

肌に馴染みやすく、初心者の方でも使いやすい商品です。

 

入手方法も簡単なので、すぐにでも購入する事が可能です。

 

直接お店に出向いて購入する事も可能ですが、通信販売サービスを利用してインターネット経由で注文する事も出来る時代になってきています。

 

妊娠線の対策は基本的に妊娠をする時期であればどのタイミングでも対策出来るので、なるべく皮膚に耐性をつけさせられるように早い段階で使用すると良い場合が多いです。

 

値段も高額という訳ではないので、初心者の方で妊娠線対策をするというのなら、まずは妊娠線対策クリームの購入を考えてみましょう。

 

 

 

妊娠線対策オイルとは

 

 

妊娠線の対策商品にはクリームだけではなく、対策オイルというのも販売されています。

 

 

 オイルの使い心地は?

 

クリームとは違ってオイルなので、塗り心地や使いやすさにも差があります。

 

基本的に妊娠線の予防、対策を行う為の商品なので効果に差ほど違いはありません。

 

クリームとはまた違った塗り方になるので、クリームよりもオイルの方が伸ばしやすく、塗りやすいという方はオイルを選んで見ましょう。

 

ただし、人によっては肌触りに抵抗がある方もいらっしゃいます。

 

 

 オイルの保湿力は?

 

妊娠線対策オイルの特徴は、油分が多い点が挙げられます。

 

油分が多く含まれているおかげで高い保湿力を期待出来ます。

 

勿論水分も多量に含まれているので塗りやすく、肌の調子も良くなってくれます。

 

肌のトラブルは妊娠線対策に限らず、どの悩みも保湿が重要になってきます。

 

肌には元々水分が多量に含まれており、そのおかげで肌全体を潤わせて綺麗な状態を保てています。

 

しかしこの水分は体内の状態や分泌されている成分の効果の影響で乾燥する事も少なくありません。

 

肌のトラブルはこういった時に起こってしまいます。

 

この点を考えると、保湿効果が高いという点は妊娠線対策ではとても重要であると考えられます。

 

 

 購入しやすい?

 

オイルタイプの商品はクリームタイプと同じく、一般の美容コーナーが設けられているお店であれば販売されている事が多いので、購入するのが難しいという訳でもありません。

 

妊娠線はお腹だけではなく、お腹の皮膚が伸びる事で影響する他の部位にも出来てしまう可能性があります。

 

人によってはお尻や二の腕にまで影響が出てくる可能性もあるので注意しなければなりません。

 

基本的に妊娠線対策オイルは美容のトラブルに対策出来るように肌に優しい成分で作られている商品ばかりです。

 

お腹をオイルで保湿した後は、二の腕やお尻といった、妊娠線の影響が出やすい皮膚を保湿、ケアする事も出来ます。

 

逆に他の部位のケアを怠っているとお腹に妊娠線が出来なくても、思ってもみなかった箇所に妊娠線が出来るケースもあるのでケアは忘れないようにしましょう。

 

 

 

クリームとオイルどっちが良いの?

 

 

妊娠線対策の商品で人気なのがクリームタイプとオイルタイプの商品です。

 

人気のある商品のタイプが二つある為、初めて購入する方はどちらがよりお得で効果的なのかと最初に比較をされる場合が多いです。

 

実は言うとこの二つの商品にはそれぞれメリット、デメリットがある為、どちらの商品の方が使いやすい、効果が出やすい等とは一概には言えません。

 

 

 扱いやすいのはどっち?

 

クリームタイプの商品は肌に馴染みやすく、使いやすい為、初心者の方からとても人気があります。

 

肌に優しい商品も多いので便利です。

 

しかしオイルの方が油分が多いおかげで保湿力が高く、クリームを使用して効果が出なかったという方でも、オイルを使用する事で悩みを解決出来たという方も少なくありません。

 

オイルもクリームもそれぞれ製造方法が全く違い、配合されている成分に至ってはクリームタイプ、オイルタイプ関係無く、メーカーの商品によって差も出てくるので比較を始めるときりがありません。

 

どうしてもどういった商品を使えば良いのかわからないという方は両方を使用するというやり方もあります。

 

どちらも美容商品なので、肌に対して優しいという点では変わり有りません。

 

化粧品等も複数の商品を重ねられるように調整されていますが、こういった妊娠線対策の商品でも併用は可能です。

 

 

 刺激の強い成分が入っているかどうか

 

勿論刺激が強い成分が含まれているオイル、クリームを好んで併用するとなると、肌が弱い方は対策をする所か、逆に肌荒れが発生してしまう可能性も高いです。

 

選ぶ時には成分について多少知識をつけておきましょう。

 

とはいっても一から勉強をするのではなく、刺激が強いかどうかだけを覚えて置くだけでも失敗するような事はなくなります。

 

後は肌に優しく、それでいて効果が出やすいクリームタイプ、オイルタイプの商品を選んで使用する時間をきっちり守り、毎日ケアを続けていく事で高い確率で妊娠線の悩みを解決出来るようになります。

 

まずは評判等を見てから商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

クリームが人気の理由

 

 

それぞれメリット、デメリットがあるクリームタイプ、オイルタイプの妊娠対策商品はどちらの方が良いとは一概に言えませんが、人気に関してははっきりとしています。

 

どちらかというとクリームタイプの方が購入される方が多い傾向にあります。

 

実はこれには理由があり、クリームタイプの商品は、オイルタイプに比べると臭いが強く無いというメリットがあります。

 

何時までも残る異臭がするという訳ではないのですが、やはり使用する時に気になる臭いがするというのは不快に思われる女性の方も少なくありません。

 

また、肌ざわりが好みによっては気にしてしまう方もいらっしゃいます。

 

臭いが気にならない、我慢できるという方はオイルを使うという選択肢もありです。

 

 

 

まとめ

 

「妊娠線対策はクリームとオイルどっちがオススメ?違いはあるの?」いかがでしたか。

 

妊娠線は早めに対策をするのが良いと言われています。

 

クリームにもオイルにもメリットデメリットはありますが、自分に合ったものを早めに選んで妊娠線対策をしましょう。

 

特に初めて対策をするのであれば、クリームの方が抵抗なく使えると思います。

 

-, 育児
-