美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

妊娠線はいつからできる?いつからケアを始めればいいの?

2018/03/25

 

女性は結婚をし、そして子供を授かります。

 

とても嬉しい事ではありますが、体には多くの負担をかけてしまう事もあります。

 

特に妊娠中は、お腹の中のあかちゃんの成長によって、色々な現象が起こります。

 

そんな中での悩みの一つが「妊娠線」です。

 

妊娠線対策は色々ありますが、実際にいつから対策をしていけば良いのでしょうか。

 

今回は妊娠線対策のタイミングや出来やすい理由などをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

妊娠線はいつからできる?

 

 

妊娠線はお腹が大きくなることで発生し、赤ちゃんが成長すればするほどお腹の皮膚が引っ張られるような状態になります。

 

表皮の部分は伸縮性があるため、多少のことには対応しますが、皮膚の下部はそうした伸縮性がないために結果的に割れ目ができるような状態に陥ります。

 

それが妊娠線であり、その跡が長く残ってしまうために多くの女性がそれを気にします。

 

お腹が大きくなるタイミングが妊娠線ができやすいタイミングとみて間違いありません。

 

 

 成長の仕方でできる期間は?

 

 

お腹が大きくなるタイミング、その中でも妊娠8ヶ月目にそうした状況を感じ取る人が多いです。

 

これは赤ちゃんの急激な成長とかなり関係しています。

 

それまでの成長スピードは妊娠7ヶ月目ぐらいまではじわじわとした感じで成長をしていきますが、8ヶ月目以降は急速にお腹の赤ちゃんが大きくなります。

 

そうなると当然ながら一気に皮膚も伸ばされていき、妊娠線ができやすくなるのが実情です。

 

ケースによっては妊娠5ヶ月目でもう妊娠線ができるケースもありますが、こちらは少数派であり、多くの人は8ヶ月目以降です。

 

 

 つわりがおさまったら注意?

 

妊娠における安定期まではつわりもあって、なかなか食欲が旺盛にならない時期があります。

 

それを抜けると、つわりだった時期が嘘のように食欲がどんどん増していくため、体重もそれなりに増えていきます。

 

こうしたことも妊娠線の要因になっていることがあるため、注意が必要です。

 

 

 ホルモンの影響

 

また妊娠中に発生するホルモンの影響で肌の弾力性が弱まることが指摘されています。

 

妊娠中というのはルココルチコイドというホルモンの分泌量が増加するのですが、このホルモンがお肌の弾力を失わせる働きを持っているからです。

キラリボーテできれいなお肌に|のび~るクリームで妊娠線の予防により

 

これに赤ちゃんの成長が加わることにより、妊娠線が発生しやすいというのが一般的なメカニズムです。

 

だいたいの時期を把握すれば、あとは妊娠線を作らないためのできるだけの対策を行っていけば問題ありませんが、体質は人それぞれであり妊娠線が発生しやすい人、発生しにくい人がいるのも事実です。

 

発生しやすい人はまだお腹がそこまで目立っていない段階からのケアが求められます。

 

 

 

妊娠線は発見しにくい?

 

 

妊娠線が出現しないかチェックしていても、大きなお腹で隠れてしまう可能性が日に日に高くなります。

 

妊娠5ヶ月や6ヶ月はまだそこまで大きくはなっていないため、赤ちゃんが大きくなってきたタイミングでケアを始めることもできます。

 

しかし、赤ちゃんが成長していきそれに比例してお腹も大きくなると、鏡などを使って覗かないとなかなか死角の部分は見えにくい状況です。

 

このため、すでに妊娠線ができ始めているにもかかわらず、それに気づかないことも十分に考えられます。

 

 

 

妊娠線の出来やすい人とは?

 

 

 2回目の妊娠は妊娠線が出来やすい?

 

妊娠線が出来やすい人として、これまでに出産を経験している人、経産婦が挙げられます。

 

妊娠の過程で子宮が大きくなり、出産を契機にそれが戻ったと思っている人が多いですが、実際は子宮は以前よりも大きい状態のままになっています。

 

つまり、再び妊娠をすると今までよりも子宮が大きくなりやすい可能性があります。

 

そうなると皮膚に影響を及ぼし、妊娠線が出来やすくなります。

 

1度でも出産を経験した人はすでに妊娠線が出来やすい体質であることを自覚しておく必要があります。

 

しかし、1回目の妊娠で妊娠線が出なかったことを自信にしている人は結構多く、妊娠線のケアを怠ってしまうのが実情です。

 

ケアをしていたからこそ防げていたのに、自分は出来にくい体質だと勘違いした結果、妊娠線が出来てしまったという人も結構います。

 

1回目と2回目では子宮の大きさが違うことを自覚し、状況は全く違うことを理解しないと気付いたら妊娠線が出来ていたということになりかねません。

 

出産を経験している人ほど気をつけなければならないことは明らかです。

 

 

 物理的に妊娠線になりやすい人

 

次に双子や三つ子を妊娠している女性です。

 

こちらは物理的にお腹が大きくなりやすく、その分、妊娠線が出来やすくなります。

 

1人だけを妊娠しているケースと違い、かなり大きくなることは確実です。

 

このため妊娠線が出来やすいことから細心の注意が必要です。

 

ただでさえ妊娠の際には体調が不安定になりがちですが、複数の赤ちゃんを身篭るとさらに安定しにくくなります。

 

予測しにくい要素が多いため、ケアもそれなりに必要と言えます。

 

 

 30代以降の出産

 

 

初めての出産を経験する人でも出来やすい人はいます。

 

それは高齢出産のケースです。

 

若いときは皮膚も弾力性があってお腹が大きくなってもどうにか対応できますが、高齢になるとこうした弾力性がなくなってしまい、結果的に皮膚に強い力がかかってしまうと伸びにくくなって妊娠線が出来やすいです。

 

裏を返せば、たとえ高齢出産であっても肌に弾力があれば出来にくいことを意味しています。

 

肌の弾力性に自信がない人は注意が必要です。

 

 

 身長が妊娠線に関係?

 

もう1つ出来やすい人の特徴として身長が人よりも低い人が挙げられます。

 

いわゆる小柄な人はお腹の赤ちゃんも小柄になるということはなく、お母さんの体格に関係なく一般的な大きさに育つことは十分にあり得ることです。

 

小柄である分、皮膚の面積も人より小さくなるのは仕方なく、体格が大きい人に比べてお腹の皮膚が強く引っ張られる可能性が高いです。

 

すると妊娠線が出来やすくなります。

 

赤ちゃんが一気に成長を見せる妊娠8ヶ月よりも前にすでに出来てしまう可能性もあります。

 

 

 太っているとできやすい?

 

 

出来やすい体質というのもあり、皮下脂肪が多い人も注意が必要です。

 

一見、体格の良い女性は妊娠線が出来にくいように思われますが、実はその逆です。

 

皮下脂肪は皮膚の一番下にある脂肪ですが伸縮性がないため、お腹が大きくなると皮下脂肪が伸びきれず裂けてしまいます。

 

そうすると妊娠線が出来てしまうことになります。

 

皮下脂肪が多ければ、それだけ肌が伸びにくい状況であるために皮膚の裂け目の部分が多くなってしまい、クモの巣のような妊娠線がお腹全体に張り巡らされるような状態になってしまい事も。

 

妊娠線が出来やすい人にはこれまでの出産経験や年齢、そして体質などが大きく関係しているのです。

 

 

 

妊娠線のケアはいつから始めた方が良い?

 

 

妊娠線が出来やすい時期が分かったところで、気になるのはいつからそのケアを始めるべきかということです。

 

タイミングとしてはつわりが終わった時期が有力です。

 

いわゆる安定期を迎える時期は妊娠3ヶ月前後とされています。

 

この時期まではつわりがあり、人によっては食事を全く受け付けない人もいるため、急激に体重が増えるようなことにはなりにくいです。

 

その時期に妊娠線のケアをしなくても特に問題はなく、安定期に入って食事が普通に出来るようになってからでも間に合います。

 

妊娠初期の時期はそこまでお腹の赤ちゃんも大きくならず、お腹全体も目立つほどにはなりません。

 

今後じわじわと大きくなるため、ある日突然妊娠線が出来るようなことにはならないため、この時点で早急な対策はまだ必要ないです。

 

ただ経産婦の人や高齢出産の人、肌の弾力性に自信がない人はこうした時期から対策を立てて実行することがおすすめです。

 

 

 早めのケアは大切?

 

特に肌の弾力性に自信がない人は今のうちから肌に潤いを与えていき、少しでも弾力性を挙げていくようなことをしておけば安心です。

 

妊娠5ヶ月目からお腹がある程度大きくなっていくことを考慮しておきましょう。

 

早い人ではこの時期から妊娠線が出始めることも十分にあり得ることから、妊娠3ヶ月目あたりからケアを始めるのがベストと言えます。

 

実際にその時期に行えることは保湿クリーム等を塗ってケアをしていくことぐらいしか出来ません。

 

それでもこの時期から始めることで肌への潤いを与えられ、それが習慣になり妊娠線を少しでも出来にくくさせる環境になることは間違いなく、1日1回のケアで十分です。

 

 

 専用の妊娠線クリームを使う

 

妊娠線のケアに使うクリームは専用のものが多く、妊婦のアンバランスな状況を想定して作られています。

 

ホルモンバランスが変わりやすいため、それだけ皮膚も繊細になります。

 

すると、ちょっとしたことで皮膚にダメージを与えてしまい妊娠線以前の問題になってしまうことがあるため、注意が必要です。

 

クリームを使ってケアをすることはやるべきですが、その際に専用のものを使っていくことで十分な対応が出来るようになります。

 

 

 

妊娠線はお腹だけでない

 

 

妊娠線のケアを考える際にお腹だけを考えている人がいますが、実はお腹以外でも妊娠線は出来ます。

 

皮下脂肪はどこにでもつくため、お尻の部分や太ももでも出来てしまう可能性はあります。

 

特に気をつけておきたいのはつわりが終わった時期です。

 

一気に食欲が回復し体重が増え、皮下脂肪が体全体につきます。

 

お腹のケアをしているためお腹には出来ないとしても、別の場所に出来てしまう可能性も考慮しておかないと後悔することになってしまいます。

 

背中などにも出来てしまうことがあるため、夫などにチェックしてもらうのもおすすめです。

 

こうした観察は妊娠初期からしておいて損はなく、兆候を感じ取ることが可能です。

 

つわりの時期にはそこまでのことを思いつく余裕がないですが、その時期からお腹周りのケアを進めて、つわりが終われば体全体に視野を広げてケアを行う形で問題ありません。

 

 

 

何もしなければどうなる?

 

いずれにしても、早めに始めることが重要であり、そうすることで妊娠線の発生を極力抑えることができます。

 

もちろんお腹が大きくなってそこでようやくケアを始めることも決して無意味ではありません。

 

どのタイミングで始めても状態を軽くさせることにつながるからです。

 

何もせずに気づいた時には妊娠線だらけになっていたというのではどうしようもありません。

 

しかしながらその前に手を打っておき、少しでもケアをしておけばその後の対処に関する選択肢も色々と広がります。

 

早めに始めることが大事ですが、決して無理をしなくても大丈夫なタイミングで始めることをおすすめします。

 

 

 

妊娠線を予防する方法

 

 

妊娠線の予防の方法で、妊娠初期からでも行えることに妊娠線を予防するクリームを塗ることがあります。

 

予防を考える際には絶対に必要なアイテムであり、作業であることは間違いありません。

 

 

 自分あった妊娠線クリームを選ぶ

 

今後お腹が大きくなり、それに加えて体重が増えることも考えられ、皮膚が伸びてしまうことは避けようがない状況です。

 

急激な伸びに対応するためにも、皮膚に潤いを与えて柔軟性のある皮膚になるべく早い時期から整えておくことがとても重要です。

 

クリーム選びで大事なのは、乾燥肌に対応しているものや肌に合った成分が使われているものです。

 

柔軟性を失わせるものは乾燥であり、保湿力のあるものを優先的に考えていくことが重要です。

 

また妊娠線の予防は妊娠初期は1日1回、妊娠中期以降は1日2回行うことが目安となります。

 

そのため肌に合ったものを使っていくことが大事であり、敏感肌の人はサンプルなどで実際に手にとってみて確かめることをおすすめします。

 

肌トラブルを防ぐためにもこれらの対策は必要です。

 

 

 クリームの塗り方

 

クリームを塗りこむ際にはマッサージをするような感覚で塗っていけば大丈夫です。

 

妊娠線が出来やすい部分はお腹であればへそ周りやその下の部分です。

 

その辺りに塗りこんでいけば問題ないですが、お腹の中には赤ちゃんがいるため、目いっぱい力をこめる必要はありません。

 

クリームを手に取り、お腹の中の赤ちゃんを撫でるようなイメージで優しく浸透させるように塗りこんでいくことで全体に広がるだけでなく、リラックス効果ももたらされて気分が落ち着きます。

 

 

 ガードルやコルセット?

 

 

これとは別にガードルやコルセットを巻いて生活する人もいます。

 

一見すると関係なさそうに見えますが、実はこれも立派な予防法の1つです。

 

皮膚が引っ張られることで妊娠線が出来るため、引っ張られないようにすればいいという考えに基づいて行われており、実際に巻いている人は多いです。

 

こうしたコルセットには腰痛防止の意味もあるため、妊娠線の予防だけでつけている人は少ないですが、結果的にそこまで防げるため、一石二鳥のアイテムであることは間違いありません。

 

ガードルやコルセットがもたらすメリットはこれだけに限りません。

 

腰痛防止ということもあり、姿勢を良くさせる効果があります。

 

妊婦はお腹に赤ちゃんを抱えているために前かがみになりがちです。

 

この状態は腰に悪影響を及ぼすだけでなく、皮膚に過度な力がかかることにもつながります。

 

いい姿勢を保つことが重要であり、そのためにガードルなどをつける人がいます。

 

産後も崩れたボディラインを修正する目的で使えるなど、実に長く用いることができるアイテムです。

 

 

 食事対策

 

 

もちろん食事の対策もとても重要です。

 

皮下組織を支えるのはコラーゲンであるため、コラーゲンの入ったものを積極的に摂取するのがおすすめです。

 

豚の足や鳥の皮に入っている場合やカニやエビ、手軽なところではゼリーなどに入っている場合もあります。

 

しかしコラーゲンをたくさん含む食べ物はそれなりにカロリーがかかるため、食べすぎには注意が必要です。

 

また体重を増やさないことがこの場合は大事であり、ファストフードに頼らず栄養のバランスを考慮した食事が求められます。

 

大事なことは日々クリームを使ってケアをしていくこと、腰痛防止など様々な意味合いをこめてガードルやコルセットを使うこと、そして食事に気を使うことなどです。

 

あとはお腹だけでなく体全体に妊娠線が出ることを知っておき、それに関する対策を立てていくことで予防が出来ます。

 

あとはそれを習慣にし、継続して続けていくことです。

 

そのためにもたくさんの対策を立てるのではなく、確実に行えるものをこなしてから対策を増やしていく方法が効率的と言えます。

 

 

 

妊娠線予防クリームならキラリボーテ

 

妊娠線の予防クリームでおすすめなのがキラリボーテです。

 

 

キラリボーテには多くの成分が含まれていますが、その中でも国内初の2%レジストリルが配合されているのが特徴です。

 

レジストリルはアンチエイジングにも使われるものであり、この中に含まれる成分が妊娠線の予防に貢献します。

 

またダメージを受けている細胞に対しても働きかけ、ダメージの修復をしてくれます。

 

キラリボーテはレジストリルを2%配合しており、妊娠線の予防の際にはなくてはならないアイテムです。

 

レジストリル配合の妊娠線クリームは他にもありますが、2%配合されている物はキラリボーテ以外国内では販売されていません。

 

 

 潤い成分でサポート

 

もちろんこれだけに限らず、自然由来の潤い成分なども含んでいます。

 

桜で有名なソメイヨシノの葉のエキス

アロエベラ葉エキスアマチャヅル葉エキスで潤いを与え

ダイズ種子ビルベリー葉のエキスでハリを与え

天然オイルなどを用いて浸透性を高めていくことが可能になり肌に浸透させていけます。

 

 

 たるみ予防

 

ただ単に保湿をするクリームということではなく、いくつかの機能を持たせることでより妊娠線の予防に貢献してくれます。

 

例えばユニスリムと呼ばれる成分は肌の引き締めのために用いられ、これを使うことでたるみが減少するようになっています。

 

 

 脂肪の減少

 

ボディフィットと呼ばれるものは脂肪細胞へ脂質が入るのを防いでくれるため、脂肪の減少に効果を発揮します。

 

それでいて手触りはすべすべしており、使い勝手も抜群です。

 

肌に優しいものを使い、品質に関しても万全を期しており、妊娠をしたらぜひとも用意したいアイテムです。

 

 

 

キラリボーテの購入方法は?

 

公式サイトで購入すれば、通常価格からかなり値引きした状態で購入できるだけでなく、定期便にすれば2回目以降も割引をした状態でキラリボーテを手に出来ます。

 

クリームは最初は1日1回、妊娠中期になると1日2回使用するため、クリームの減りは案外早いものです。

 

継続して使っていくことを考えると定期便で購入し、なるべく切らさないようにして使っていくことがおすすめです。

 

そうすることでいつでもキラリボーテを使っていけます。

 

また1個だけではなく、2個や6個セットで購入できるのも特徴です。

 

お腹だけでなく、全身のケアをする場合には1個では減りが早くてすぐになくなってしまうことが考えられます。

 

また6個セットの場合は定期便があまり好きではない人にも手を出しやすく、まとめて購入することが出来て安心です。

 

さらに安心なのが返金保証がある点です。

 

もし使ってみて肌にトラブルが発生すれば30日以内であれば返金の対象になるため、安心して購入することが出来ます。

 

 

 

まとめ

 

「妊娠線はいつからできる?いつからケアを始めればいいの?」いかがでしたか。

 

妊娠線対策を立てていく場合には、それらの状況を正確に把握しておくことが大事です。

 

そして出産を経験し初産の時には妊娠線が出来なかったという人でも、状況が全く異なることを理解して臨むことが求められます。

 

そうすることで妊娠線のケアをしていくことができるだけでなく、体質改善などに取り組むことができ、出来てしまってどう対処すべきか頭を悩ませることもなくなっていきます。

 

女性にとって妊娠線対策は、長い人生を見据えたうえで大切なことです。

 

 

注目されている関連記事


 妊娠線を予防するレジストリルとは?肉割れにどの様にサポート?

 妊娠線がかゆすぎる!かきすぎると後悔!?自宅で出来るケアとは

 キラリボーテできれいなお肌に|のび~るクリームで妊娠線の予防に

-
-