美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

40代女性の薄毛|ヘアサイクルが乱れる原因と回復方法は?

 

最近、薄毛が気になってきた女性はいませんか?

 

男性とは違い女性は薄毛になりにくいと、言われてきたのは以前の事であって、今では女性でも薄毛になってしまう事があります。

 

でも薄毛は突然起こるわけではなく、原因があります。

 

もし薄毛が気になりだしてきたのなら、先ずは自分のヘアサイクルが正常化を確認してみましょう。

 

今回は薄毛になってしまう「ヘアサイクル」について、まとめましたので参考にしてみてください。

 

何度か訪れる薄毛の悩み

 

 

女性の薄毛は男性よりも発症年齢が遅いですが、40代になると気になり始める方が増えてきます。

 

 

 40代からの薄毛

 

ホルモンバランスが大きく崩れる時期は薄くなりやすいので、生活スタイルを整えることが何より大切になります。

 

生活が乱れていると若くして髪が減少することもあるので、まだ若いからと安心してはいけません。

 

将来の髪を作り上げるのは現在の生活習慣とヘアケアだと認識しておくことが大切です。

 

女性は出産後・更年期が薄毛を招きやすい時期であり、全体的に抜け毛が細くなることが多いです。

 

抜け毛の本数に変わりはなくても、細くなればボリュームは減退してしまいます。

 

 

 縮れ毛になる理由

 

 

ボリュームを維持するにはコシが必要となるので、縮れ毛や枝毛にも注意してください。

 

縮れてくる場合は栄養不足や血行不良の可能性があるので、早期のケアが必要になります。

 

バランスよい食生活を維持することが大切ですが、ストレスや寝不足にも注意してください。

 

出産後や更年期の女性はホルモンバランスの乱れにより自律神経のバランスが悪化したり、ストレスでイライラしたりしがちです。

 

イライラを解消するには適度に身体を動かしたり、ぬるま湯に時間をかけて浸かったりするケアがおすすめです。

 

身体を温めることで心身がリラックスし、ストレスを軽減できるでしょう。

 

 

 

ヘアサイクルが乱れるとどうなる

 

 成長期が短くなってしまう?

 

 

ヘアサイクルとは毛周期のことで、乱れると成長期が短くなってしまうのです。

 

1日50~60本の髪が抜けるのは当たり前であり、これはヘアサイクルに休止期が存在するためです。

 

成長期で髪が元気になって退行期で成長が減退していき、休止期で抜け落ちていきます。

 

季節の変わり目は抜け毛が多くなりやすく、1日100本くらい抜けることもあります。

 

抜け毛が一時的に増えても全体的なボリュームに変化がないなら特に問題はありませんが、大量に抜ける状態が何ヶ月も続くようでは注意です。

 

放置すると大量の髪を失うことになり、頭皮がスカスカになってしまいます。

 

 

 女性が薄毛になりにくいのはウソ?

 

 

女性は薄毛になりにくいと言われていますが、最近は非常に薄毛人口が非常に増えてきています。

 

女性の社会進出によって男性と同じように仕事をするようになり、ストレスを抱えることが多くなったのも理由でしょう。

 

ストレスはヘアサイクルを乱してしまう原因であり、成長時が短くなるので十分に成長しなくなります。

 

それでも退行期や休止期はやってきますから、どんどん抜けて薄くなっていくのです。

 

生えている髪の90%は成長期のため、ヘアサイクルに乱れると髪が少しずつ減っていくわけです。

 

抜けてしまった髪を取り戻すには多くの時間がかかるので、抜け毛を予防することが何より大切となります。

 

洗髪後にチェックして最近髪がよく抜けると感じたらすぐに対策をしましょう。

 

 

 薄毛対策は長期計画?

 

 

頭皮改善には6ヶ月くらいかかると言われており、対策をしてもすぐに実感できるものではありません。

 

コツコツと継続ケアをすることが頭皮を元気にし、髪を強くする秘訣です。

 

育毛剤や発毛剤でケアをする場合もすぐに実感はできず、説明書を見ると数ヵ月以上の使用を推奨しています。

 

乱れたヘアサイクルは1日や2日で改善するものではなく、早くて4ヶ月と考えてください。

 

一般的には6ヶ月くらいかかるので、育毛アイテム全般は6ヶ月以上使用するように推奨したものが多いです。

 

1~2ヶ月使用して効果がないと諦める人は多いですが、非常にもったいないことなのです。

 

実感できるまでの期間は頭皮状態に加えてケアの方法も関係してきます。

 

間違ったケアをしていると時間がかかるので、正しい方法を実践してください。

 

 

 

正しいヘアサイクルとは

 

 

一般的なヘアサイクルの期間は4~6年ほどであり、大半は成長期となっています。

 

退行期は2~3週間休止期は3~4ヵ月くらいであり、薄毛は成長期が短くなることで生じます。

 

十分に成長する前に抜けてしまうので、細くて短い抜け毛が目立ってくるのです。

 

 

 こんなヘアサイクルには要注意?

 

 

病中病後は季節の変わり目などは大量に髪が抜けることがありますが、これに関してはまったく問題ありません。

 

それ以外のタイミングで長期的に抜け毛が増えてしまうようだと、ヘアサイクルが乱れていると考えられます。

 

1日200本などと大量に抜けてしまうと、髪がどんどん減っていきます。

 

ヘアスタイルがうまく決まらなくなったり、以前より時間がかかったりするようになったら注意です。

 

 

 ストレスが原因?

 

 

40代の女性はストレスが溜まりやすく、ホルモンバランスが崩れやすい時期だと言えます。

 

毎日がイライラするような生活は頭皮によくないので、ストレス対策は徹底してください。

 

夜ふかしは身体にデメリットしかないので、すぐに解消をしましょう。

 

1日8時間を目安に眠るようにすれば、睡眠リズムが正常に変化するはずです。

 

7~9時間の睡眠を確保していれば大丈夫ですが、6時間では少なすぎます。

 

就寝する時刻を決めておくことが睡眠時間を確保するコツなので、22時には眠るというように習慣付けしてください。

 

ストレスは人間の身体にとって大きなダメージとなり、自律神経を崩すことにもなります。

 

薄毛は肉体に発生する症状だと思われていますが、メンタルも大きく関係しているのです。

 

悩み事や不安がある生活を抱えているとヘアサイクルに影響してくるので注意してください。

 

冷えもストレスの原因になるので毎日入浴し、身体を冷やさないようにしましょう。

 

育毛サロンではフットバスを導入していることがありますが、これは足を温めることが全身の温浴と育毛につながるからです。

 

 

 

間違えやすい薄毛ケア

 

 

日常的な何気ない習慣が薄毛を招いていることは少なくありません。

 

 

 頭皮は泡の力で洗う

 

 

洗髪するときに爪でゴシゴシすれば汚れを落としやすいと思う方は多いですが、頭皮にダメージを与えて抜け毛を増やすので注意してください。

 

シャンプーは泡の力で汚れを落とすものであり、爪を立ててもまったく意味がないのです。

 

刺激は頭皮を敏感にするだけでなく、乾燥や炎症を招くこともあります。

 

指圧するようにマッサージしながら洗っていくのが好ましく、爪が伸びてきたら引っかからないように早めに切っておきましょう。

 

 

 ダイエットに注意?

 

 

過剰な脂肪摂取は脂漏性脱毛の原因となりますが、過度のダイエットもよくありません。

 

脂肪は悪者扱いされることが多いですが、頭皮の油膜を形成してバリア機能を維持する役割があります。

 

ダイエットすると栄養不足を招くことが多く、髪に必要なたんぱく質を十分に摂れなくなる可能性もあります。

 

食べすぎは皮脂を増やすことになりますが、無理なダイエットも避けてください。

 

適正体重を維持できている状況なら、無理をして食事量を減らす必要はないのです。

 

 

 長期的にヘアケアする

 

 

薄毛ケアで重要なのは継続なので、短期間で結果を求めるのはよくありません。

 

発毛剤は医薬品なので髪を生やす効果が期待できますが、ヘアサイクルを正常にするには時間がかかります。

 

4ヶ月はかかることが多いですし、一般的には増えたと実感するのに6ヶ月かかります。

 

過度の期待は挫折につながりますから、すぐに髪が増えると思わないことが大切です。

 

発毛剤や育毛剤を使用する方はシャンプーも育毛系に見直し、頭皮状態から改善していきましょう。

 

保湿されて弾力性があって適度に皮脂が浮いている状態が正常肌です。

 

ベタベタやカサカサした状態は正常ではないので、自分に合ったシャンプーに変えて改善させてください。

 

 

 

髪に必要な栄養素は?

 

 

 たんぱく質が必要な理由

 

髪に最も必要な栄養素はたんぱく質で、細胞を構成する主原料となっています。

 

人間の身体は80%が水で残りの20%がアミノ酸で作られているのです。

 

アミノ酸とはたんぱく質の最小単位のことですから、食生活ではたんぱく質をたっぷりと摂ることが重要です。

 

過度のダイエットをして栄養バランスが崩れると、髪が細くなってくるので注意してください。

 

保湿力がない場合は脂肪や水分が不足している可能性があるので、栄養バランスには気を配ってください。

 

栄養素にはそれぞれ役割があり、他の成分が代用することはできません。

 

 

 ビタミンCとビタミンE

 

ビタミンCとビタミンEは抗酸化作用によって頭皮を元気にし、紫外線のダメージからも守ってくれます。

 

外出するときは帽子や日傘を使用して紫外線をブロックすることも大切です。

 

紫外線は乾燥を引き起こすので、頭皮のかゆみや抜け毛増加などの原因にもなります。

 

曇りの日でも一定の紫外線は受けていますから、帽子でブロックしてください。

 

 

 亜鉛

 

ミネラル全般も髪にとって必須であり、特に亜鉛が欠乏すると薄くなりやすいです。

 

毛母細胞の分裂に関わる栄養素であり、たんぱく質をケラチンに変えるために欠かせません。

 

欠乏はホルモンバランスを崩してしまう原因ともなるので、偏食がある方はサプリで補給してください。

 

たった一つの栄養素が欠乏するだけで抜け毛を増やすことは多いので、定期的に食生活のバランスが崩れていないか見直すことが大切でしょう。

 

 

 ノコギリヤシ

 

ノコギリヤシは男性の薄毛対策として役立つ成分ですが、実は女性にも効果的であることがわかっています。

 

40代の女性はホルモンバランスが崩れて男性ホルモン分泌の割合が大きくなることがあり、それを抑えるためにノコギリヤシが役立つのです。

 

大豆イソフラボンと相性がよいので、大豆食品を食生活に取り入れるとなおよいです。

 

 

 

まとめ

 

「40代女性の薄毛|正しいヘアサイクル作りが重要」いかがでしたか。

 

薄毛になるのは男性だけではないという事です。

 

つまり女性であっても、ケアケアを怠れば薄毛になってしまう事もあります。

 

正しいヘアサイクルを作り出すことを意識した毎日を過ごすことで、薄毛になってしまうリスクを減らしていけます。

 

先ずはできる事から進めていきましょう。

-
-,