美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

赤ら顔の人は色白になれない?下地はブルーベースで色白に♪

2018/04/07

 

「赤ら顔の人は色白になれない?下地はブルーベースで色白に♪」

 

 

よく色白は七難隠すと言われています。

 

女性にとって、肌が白いという事は見た目の観点からも素敵な女性としていられるのではないでしょうか。

 

メイクで色白にする女性もいますが、自然な色白とは比べ物にはなりません。

 

そんな色白の肌であっても、逆に悩み事になってしまうのが「赤ら顔」です。

 

赤ら顔は色白の人の方がなりやすいといわれ、また簡単に治すことができないと言う方もいらっしゃいます。

 

赤ら顔に特化した化粧水 ウルウ



 

どんな人が赤ら顔になりやすい?

 

 

Q「どんな人が赤ら顔になりやすいの?」

A「肌質にもよりますが、色白の人は赤ら顔になりやすいと言われています」

 

 

肌が赤く見えてしまう赤ら顔は目に見えてわかる症状でもあるため、周囲の人に体調を心配されたり緊張や不安など精神的な問題が起きていると勘違いされてしまうこともあります。

 

そのため見た目に悩まされてしまうことが多いのですが、実は色白の人は赤ら顔になりやすいと言われています。

 

これには理由があり皮膚の下に通っている血管が色白の人ほど透けてしまうこと、赤くなっている様子が目立ってしまうという特徴があるためです。

 

そのため肌の色が濃い人が同様に赤ら顔になってしまっても、目立ちにくいことやメイクなどで隠しやすいことがあります。

 

よく寒い地域で生活する人は頬が赤くなっている様子が見られますが、これは冷たい風の影響で皮膚が防御反応を示しているからです。

 

また寒い地域で生活する人は色白の人が多いと言われ、冬の日照時間が短いために紫外線による日焼けの影響が少ないからだと言われています。

 

こういったことからもわかるように色白の人の肌は外部からの刺激に弱く、紫外線による影響も受けやすいことがあります。

 

そのため先天的に赤ら顔になってしまう人と、皮膚が外部刺激などの影響を受けることで起きる後天的な赤ら顔に分類することができます。

 

 

 

赤ら顔になってしまう原因

 

 

Q「赤ら顔になってしまう原因は?」

A「遺伝の要素と、皮膚が薄い事が大きな理由にあります」

 

 

赤ら顔になってしまう原因は先天的なタイプ後天的なタイプがあるのですが、先天的なタイプには遺伝の要素が強いと言われています。

 

遺伝するものとしては肌が色白であることや皮膚の厚さなどが関係しており、いくつかの要素が重なり合うことで赤ら顔になりやすいかどうかが決まります。

 

 

 先天的なタイプ

 

まず先天的な赤ら顔の人は皮膚の下に通っている毛細血管が赤くなる原因の一つになっており、それが透けて見えてしまうことが赤ら顔の症状の原因です。

 

毛細血管は血液が流れているために赤く見えますが、血流が活発になると血管が膨張しさらに赤みが目立つようになります。

 

そのためアルコールを飲んだ時や緊張した時、体温が上がった時などのタイミングで赤みが出てくるタイプもいます。

 

 

 後天的なタイプ

 

後天的な赤ら顔のタイプは、皮膚が薄いことが関係していることもあります。

 

皮膚が薄いと外部からの刺激に敏感になりやすく少しのことで炎症を起こしてしまいます。

 

炎症を起こしてしまうと肌そのものが赤くなりやすくなるばかりか、皮膚の下の毛細血管も目立ちやすくなります。

 

これは血液の流れを活発にして肌の再生を促そうとする体の反応でもあり、炎症が酷ければ酷いほどこの反応も強くなっていきます。

 

 

 

赤ら顔になるとどうなる?

 

 

Q「赤ら顔になるとどうなる」

A「どのように赤くなるかによって変わりますが、コンプレックスになる事もあります」

 

 

色白の人が赤ら顔になると皮膚が赤く見えてくるのですが、その見え方にも個人差があります。

 

頬が少し赤い場合は可愛くみられることもありますが、目の周りが赤い場合は酔っ払いに見えてしまう事もあります。

 

また人によっては激しい運動をした後に赤ら顔になるケースもあります。

 

赤ら顔は、一概に見た目が悪くなるとは言えませんが、コンプレックスになっている方もいます。

 

 

 

メイクで赤ら顔を隠す方法

 

 

Q「赤ら顔は下地で隠せるの?」

A「隠すというよりは使い方によって透明感のある肌にすることもできます」

 

 

どうしても赤ら顔を隠したいと考えるのであれば、メイクが一番ふさわしいものになります。

 

ですがいつものメイクをしているだけでは隠すのは難しいことが多く、特に赤色は目立ちやすく隠しにくい特徴もあります。

 

そのため赤ら顔をメイクで隠す時には、ふさわしいメイクアイテムを使用することで効果的に仕上げることができます。

 

 

 赤ら顔の下地選び

 

メイクで赤みを目立たなくするときにおすすめしたいメイクアイテムは、ベースメイクに使用する化粧下地です。

 

化粧下地はファンデーションのつきをよくするだけでなく、肌色を整える役割があります。

 

肌色を整えるためには化粧下地のカラーが重要であり、赤ら顔はブルーベースの化粧下地を使うのがポイントになります。

 

今までイエローベースで赤みを消そうと考えていても、なかなか上手くいかなかった人はブルーベースの色を試してみてください。

 

イエローベースの色は、実はお肌の血色を良く見せることになります。

 

ブルーベースの青と赤みが混ざり合うことで目立たなく見せることができるようになり色白に見せる効果もあります。

 

それと同時に時間が経ってもくすみにくくなります。

 

気をつけてほしいこととしては顔全体にブルーベースの化粧下地を使ってしまうと、顔色そのものが悪く見えてしまうことがあります。

 

色白の人は青と比較的相性がいいことが多いのですが、イエローが強い肌の人ではくすんでいる印象が強くなってしまうこともあります。

 

そのため肌の色味によっては赤みが気になる部分にだけ使用するなど使い分けることで、メイクできれいに隠すことができるようになります。

 

 

 ブルーベースの肌の人の特徴

 

ブルーベース肌とは

 

お肌に赤みがある

髪の毛は真っ黒か黒

目の瞳は、落ち着いた黒かダークグレー

唇に赤みがかかっている

お肌が白い

 

赤ら顔の女性なら、ブルーベースを選択肢として考えるのが良いと思います。

 

ただし、ベースカラーには個人差がありますので、先ほども言ったようにイエローベースが合わなかったり、どれが良いのか迷っているのであればブルーベースを試してみてください。

 

赤ら顔に特化した化粧水 ウルウ


 

 

 

ベースカラーの口コミ

 

「ブルーベースに関してのTwitterもありましたので、見ていきましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ら顔のレーザー治療

 

 

Q「赤ら顔は治療できるの?」

A「レーザー治療で改善することもできますが、保険が適用できない場合高額になるようです」

 

 

先天的に赤ら顔になってしまう人は、スキンケアなどで状態を改善することが難しいケースもあります。

 

これは皮膚は厚みを変えることができないことと、毛細血管は無くすことができないことが原因となっているからです。

 

もちろん症状を抑えることができる場合もありますが、きれいにするのは難しく繰り返し赤ら顔に悩まされてしまう可能性もあるのです。

 

赤ら顔に対する治療としては膨張してしまった毛細血管をレーザーで縮小させるというものがあり、レーザーは毛細血管に直接アプローチすることができるので治療が成功すれば高い効果を実現できるという特徴を持っています。

 

またレーザーにも種類がいくつかあり、皮膚の再生を促し肌荒れを改善するものや毛細血管を消失させるものなどがあり美容外科や医療クリニックによって治療に使用するレーザーに違いがあります。

 

レーザー治療の料金は使用するレーザー機器やクリニックによって違いが大きい部分ですが、相場は一万円から六万円程度となっています。

 

症状によっては皮膚科で施術すれば保険が適用される場合もありますが、基本は自己負担で行う治療が大半です。

 

また料金は治療回数によっても異なる部分でありますが、トータルで十万円は超えることは少ないのが一般的です。

 

 

 

赤ら顔にできるスキンケア

 

 

Q「赤ら顔はスキンケアで治せるの?」

A「赤ら顔は敏感肌になっているので、無添加で保湿力のあるものがオススメです」

 

 

赤ら顔になってしまったらまずはスキンケアで対処することからスタートしましょう。

 

まず赤ら顔の症状が出ている人の大半は肌に炎症が起きている状態であるため、最初は炎症を和らげるスキンケアを行っていきます。

 

あまりにも赤みが強く出ているときは冷やす行為も有効ですが、ヒリヒリとした刺激を感じるようであれば中止します。

 

そして肌が炎症を起こしている時はいつも以上にスキンケアを徹底して行います。

 

 

 敏感な肌質であること

 

赤ら顔は、お肌が敏感になっている事が多いので、敏感肌用のスキンケアを使う事になります。

 

一番は保湿ですが化粧水などのスキンケア用品にアルコールが配合されていると、刺激を与えてしまうことがあります。

 

できるだけ敏感肌と同じようなスキンケアを心がけ、肌を外部刺激から保護するようにします。

 

特に注目すべき成分はセラミドです。

 

セラミドは洗顔をすることで流されてしまったり、年齢を重ねる事によっても減少していきます。

 

またアトピーになる原因の一つもセラミドの減少によって、お肌のバリア機能が失われることにあります。

 

赤ら顔の場合は自分が「敏感肌」そして「セラミド」を中心とした、お肌の保湿と肌バリアを作り上げていく事を中心に考えていきましょう。

 

 

 紫外線対策

 

保湿のスキンケアに加えて、日中は日焼け対策も行わなければなりません。

 

特に色白の人は紫外線の影響で肌が荒れやすくなることもあり、乾燥も進みやすくなります。

 

できるだけ日焼け止めなどで紫外線対策を行い、メイクを落とす際は日焼け止めが肌に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

 

赤ら顔は日々のスキンケアに配慮することで赤みが目立たなくなってくることもあるので、できるだけ刺激を与えないように保湿することがポイントになります。

 

そうしたセルフケアで気になってた赤ら顔が解消されることもあるため、自分の肌に見合ったスキンケアを心がけることが大切です。

 

 

 

まとめ

 

「赤ら顔の人は色白になれない?下地はブルーベースで色白に♪」いかがでしたか。

 

赤ら顔は、どうしても目立ってしまうものですが、特に女性の場合きちんとした対策をすることで、目立たなくすることができます。

 

またスキンケア選びも大切になってきます。

 

赤ら顔が誰かに移るわけでもないのですが、コンプレックスになっている女性も少なからずいらっしゃいます。

 

自分に合った下地を基本とし、正しいスキンケアを使って色白の女性になりましょう♪

 

 

赤ら顔に特化した化粧水 ウルウ


-
-, ,