美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

成分

イソフラボンが何故女性に必要な成分かご存知ですか?

2017/10/17

 

イソフラボンはご存知でしょうか?

 

イソフラボンは女性に良いとか、ホルモンに関係している等、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今回はイソフラボンが女性にとって、どのような働きをするのか。

 

そして、どのようにして摂ることが良いのかをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

イソフラボンの色々な口コミ

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

イソフラボンとは

 

イソフラボンというのは、大豆に含まれているポリフェノールの一種のことです。

 

美容にいいと言われていますが、なぜいいのかといえば、それはイソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする性質があるからです。

 

 

エストロゲンとは

 

女性は女性ホルモンであるエストロゲンがあることによって、若さを保っていられるということになります。

 

たとえば、閉経前の女性は生理がありますが毎月生理を繰り返す作用は、エストロゲンというホルモンがあることでおこります。

 

生理があることで、妊娠や出産にそなえられる体つくりをしているのです。

 

さらには、肌を美しくたもったり、代謝機能を高めるうえでも必要です。

 

 

減少していくエストロゲン

 

ただ、エストロゲンというホルモンは10代から20代が一番多いですが、それ以降はだんだんと減ってしまいます。

 

この減っていくエストロゲンをくいとめるのはどのようにしていけばいいのでしょうか?

 

その一つがイソフラボンを摂取するという方法なのです。

 

イソフラボンを含む食材を積極的にとるという方法もありますし、サプリで摂取していくという方法もあります。

 

いずれにしても、同じような働きをしてくれるものですし、若さを保つうえでもとても大切な成分なので、積極的に摂取することで、体調をよくしてくれる働きに期待できます。

 

 

 

イソフラボンと女性の関係

 

女性ホルモンとイソフラボンの関係は大きいです。

 

女性ホルモンのエストロゲンの働きは、女性らしさを司る働きがあります。

 

女性らしい丸みをおびた体のラインをつくりだしたり、女性性器を発達させたり、生理をおこしたりするのもすべてエストロゲンの働きによるものです。

 

 

ホルモンバランスが崩れるとどうなるの?

 

ホルモンバランスが乱れたりしてエストロゲンが減少することによって、さまざまな不調がおこります。

 

コレステロールが上昇したり、動脈硬化などのリスクがたかまりますし、代謝機能が低下して老化が加速します。

 

このようなエストロゲン減少の対策に使われるのがイソフラボンです。

 

 

化学構造が酷似している

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンの代役になる可能性があります。

 

イソフラボンの化学構造がエストロゲンと酷似していることで、代役になりえるのです。

 

イソフラボンの摂取の仕方は大豆製品などに多く含まれています。

 

ですから味噌や豆腐、納豆や醤油などをとることで、摂取することができます。

 

さらにはイソフラボン配合のサプリメントなどで摂取することで、毎日安定して摂取することが可能です。

 

女性の機能を高めることや肌をいつまでもわかわかしく保つためにも、イソフラボンの摂取はとても大切になってくるのです。

 

 

 

イソフラボンを効果的に摂るには

 

イソフラボンにはポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールというのは抗酸化作用がとても強く、体がさびないように働きかけてくれる栄養素でもあります。

 

また女性ホルモンであるエストロゲンと似た成分であるため、女性機能をたかめたり動脈硬化を予防したり、いつまでも若々しくあるためにも必要な成分です。

 

 

イソフラボンの摂り方

 

イソフラボンを効果的にとるには、食事でとる方法と、イソフラボン配合のサプリメントでとる方法があります。

 

というのもいくら体によいとされるイソフラボンでも取りすぎると副作用が起こることがあります。

 

1日の上限は70~75mgと定められています。

 

ですから食べ物で換算すると、1パック45g入りの納豆であれば2パックです。

 

300gの豆腐でしたら1丁弱という計算になります。

 

ただ、食べものでどの程度食べていいかよくわからないということでしたら、それをサプリメントで摂取したほうがわかりやすいということになります。

 

上限をこさない程度をとっていれば毎日きちんと摂取することで、体に機能を高めていくことができます。

 

食べもので取る場合は、豆腐だけといわず、味噌や醤油などいろいろな種類をまぜながら摂取したほうがいいでしょう。

 

 

 

イソフラボンの副作用

 

女性の味方のイソフラボンなので、人によっては、たくさん食べればよりよいと思う人も多いです。

 

 

食べすぎには注意

 

たくさん摂取しすぎることで、副作用があることがわかってきています。

 

そのため1日の摂取量がきめられています。

 

食事で摂取する場合は、1日あたり70から75mgが上限とされていますが、サプリメントの場合は30mgときめられています。

 

サプリのほうが吸収力が高いのでこの量になっているのです。

 

またこのように決められているのかといえば、摂取のしすぎによって副作用がおこるリスクがあがるからです。

 

 

どのような副作用?

 

副作用としては、乳がんになったり、子宮内膜症になったりホルモンのバランスが崩れてしまうこともあります。

 

さらに、胃腸の調子が悪くなったりするケースも多いです。

 

ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、自律神経が乱れることになります。

 

イライラしたり、うつ傾向になることもあるので、気をつけなくてはなりません。

 

とくに妊婦さんは体調の変化を敏感に感じやすくなっているために、とくに食事の仕方やイソフラボンの摂取の仕方については注意が必要といえるのです。

 

ですからいくら女性の体にイソフラボンがよいとしっても適量を守って摂取していくことがとても大切になっていくのです。

 

 

 

特にこんな女性にオススメ

 

女性の体の味方とされるイソフラボンですがとくにどのような女性の味方になるのでしょうか?

 

 

年齢で考えた場合

 

それは女性ホルモンであるエストロゲンが減少してきた女性が摂取するととくに効果があげることができます。

 

40代後半から50代の女性に多いのが更年期を迎える時期です。

 

 

老化が進む原因にも

 

エストロゲンが減少することで身体にはいままで感じたことのないような不調を感じることになります。

 

イライラやホットフラッシュ、めまい、脱毛、しわ、シミなどです。

 

さらにこの時期には髪の毛が抜けたり、髪が細くなるという症状を感じる人も多いです。

 

エストロゲンには髪を維持させようとする働きがあるので、このホルモンが減少することによって、髪が抜けてしまったり、髪が細くなるという症状が起こるのです。

 

このような症状を少しでも改善するために、イソフラボンを摂取していくことで、エストロゲンが補充されたようは働きになります。

 

更年期に感じる更年期障害という症状がイソフラボンをとることによって、軽減されるようになります。

 

50代になるととくに体の疲れだけでなく精神的にもイライラしたり落ち込みやすくなったりする症状もでますが、これもイソフラボンによって改善傾向になっていけるのです。

 

 

 

まとめ

 

「イソフラボンが何故女性に必要な成分かご存知ですか?」いかがでしたか?

 

美容、そして健康を考える女性には大切な成分です。

 

正しい摂り方をして、女性らしさを磨いていきましょう♪

 

 

注目されている関連記事

 

 乳首の硬さや色は女性ホルモンの影響?きれいな乳首の作り方

-成分
-,