美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

水虫をうつさないようにするには?靴下やストッキングは大丈夫?

 

水虫は、白癬菌というカビが皮膚の角質層に繁殖して起こる皮膚の病気です。

 

正式には白癬と呼ばれます。

 

足に症状があらわれやすく、感染する部位によって症状が異なります。

 

趾間型は足の指の間に起こるものですが、赤くジュクジュクして皮がむけたり皮膚が白くふやける症状が出ます。

 

小水疱型は、足の裏の土踏まずあたりや端に水疱ができます。

 

日が経つと赤くなって皮膚がむけ、かゆみが強く出ます。

 

角質増殖型は、足の裏やかかとがカサカサと乾燥した状態になります。

 

角質が厚く硬くなって、皮膚がひび割れたりします。

 

また爪に感染することもあります。

 

爪白癬は爪全体が白っぽくなり、爪の表面に縦ジワができる症状がでます。

 

このように水虫といっても感染する場所や症状が異なります。

 

 

 

水虫が他人にうつる仕組み

 

 

 

水虫は他人からうつって症状が発症します。

 

症状が出る部位の9割近くは足です。

 

足に繁殖しやすいのは、靴を履くためです。

 

靴の中は高温多湿の状態になりやすく、白癬菌が好む蒸れやすい環境にあるからです。

 

白癬菌は皮膚の角質層に繁殖するのですが、皮膚は日々生まれ変わっており古い角質は剥がれ落ちます。

 

この剥がれ落ちた角質の中にも、白癬菌は生きています。

 

それを他人が裸足で踏むなどして菌が付着すると感染します。

 

これが他人にうつってしまう仕組みなのです。

 

しかしながら、菌が皮膚に付着しただけですぐに水虫になるというわけではありません

 

 

 水虫がうつる理由は自分にある?

 

白癬菌は洗い流されることもあります。

 

白癬菌が皮膚に付着して症状を発症してしまうのは、白癬菌と接して尚且つその白癬菌が長い間皮膚に潜伏し、高温多湿という環境に置いて菌が増殖をし始めた場合です。

 

また皮膚表面に汗や汚れなど、アルカリ性の物質があると繁殖しやすくなったり、皮膚表面に菌の入り込める傷があったりすると感染しやすくなるといわれています。

 

例えば足を清潔にしていない、長時間靴を履く生活をしている、体温が高く汗をかきやすい、脂性といった皮膚も白癬菌が好む環境です。

 

ですから、風邪やインフルエンザのように空気感染したり、症状のある人の患部に直接触れたりして感染することはありません。

 

また、一度かかっても免疫がつくわけではありませんので、再感染の可能性もあります。

 

しっかりと治療して完治しないと他人にうつしてしまう可能性もありますし、完治してもその後白癬菌が付着して角質で繁殖すれば、再び症状があらわれることもあるのです。

 

ですから感染したらしっかり完治するまで治療しなければなりませんし、他人からうつらないように足を清潔に保つことが大切となります。

 

つまり、水虫を持ったいた方にも責任はあるのかもしれませんが、うつるやすい環境にしていた自分にも責任があるという事を覚えておきましょう。

 

 

 

他から水虫がうつらないようにするには

 

 

水虫の感染ルートとして、一つは家族に水虫がいる場合があげられます。

 

家族の中で症状を発症している人がいると、白癬が潜んだ角質が家中にばらまかれており、その角質を足に付着させる可能性が高くなります。

 

まず入浴時などに足を清潔にして弱酸性に保つようにします。

 

 

 直ぐに感染しない水虫

 

白癬菌は、靴を履いて湿った条件でも感染するのに24時間以上かかるといわれています。

 

1日1回の入浴などで足を洗うことで感染を予防することができます。

 

ただし、硬いもので足をゴシゴシこすったりして洗ってはいけません

 

皮膚が傷ついて感染しやすい状態になってしまうからです。

 

石鹸をよく泡立て、やさしく洗うようにします。

 

そして、家の中をこまめに掃除機をかけて白癬菌の付いた皮膚のかけらを吸い取りましょう。

 

フローリングの床なら、拭き掃除もおすすめです。

 

また家の中でスリッパを履くことで感染予防になります。

 

 

 ストッキングや靴下で防げる?

 

 

ストッキングや靴下を履けばいいのでは、と考える人もいるでしょうが、実は有効ではありません。

 

白癬菌の潜む角質は、ストッキングや靴下の網目を通り抜けるからです。

 

スリッパなら角質を直接踏むことはありません。

 

また、家族でバスマットを共有していることは多いです。

 

バスマットは、複数の人が使用して水気があり湿っています。

 

白癬菌が潜む可能性が高くなります。

 

そのため家族で感染している人がいれば、共有しないようにしましょう。

 

そして、バストマットをこまめに洗濯するようにします。

 

洗濯すれば洗剤に弱い白癬菌を除去することができます。

 

もちろん洗濯物を通して、白癬菌が繁殖することもありません。

 

またスポーツジムや温泉などのマットなども裸足で利用すると感染する可能性はあります。

 

ただ感染するまでには時間がかかるので、帰宅後に足を清潔に洗うのがおすすめです。

 

 

 

水虫をうつさないようにするには

 

 

では水虫になってしまった場合はどのように過ごしたらよいでしょう。

 

まずは病院を受診して、しっかりと治療を行うことです。

 

水虫の症状は、かゆみが伴うものだけではありません。

 

自分では水虫ではないと思っていても、実は感染していたということもあります。

 

足の状態に違和感があったら、皮膚科を受診して診断してもらうことが大切です。

 

 

 きちんと完治させること

 

皮膚科では白癬菌の有無を検査し、水虫かどうかを診断します。

 

水虫と診断されれば、治療薬が施されます。

 

基本的には塗り薬ですが、ひどい場合には飲み薬が処方されることもあります。

 

医師の指示通り治療を行い、完治したといわれるまで治療を続けることが他人にうつさないようにするポイントといえます。

 

特に秋や冬に向かう時期の場合、治っていないのに症状が治まったと感じることがあります。

 

これは高温多湿の季節ではなくなり白癬菌の増殖が止まって、菌の数が減るからです。

 

症状が出なくなっているだけで白癬菌はまだあるので、春から夏にかけて高温多湿の時期になると、再び症状が出ることがあります。

 

自己判断で完治したと思って治療をやめてはいけません。

 

 

 家族にうつさないためには?

 

また自分が水虫になってしまった場合、家族間でうつしあわないように注意する必要があります。

 

家族にうつさないようにするためには、他人からうつらないようにするのと同じです。

 

足を清潔に保つようにするのはもちろんのこと、家族でバスマットは共有しないようにします。

 

バスマットを使い分けて、こまめに洗濯をしましょう。

 

そして裸足で過ごすのもいけませんが、白癬菌の付いた角質が通り抜けるストッキングや靴下も有効ではありません。

 

角質を落とさないようにスリッパを履いて過ごすようにしてください。

 

 

 

女性でも水虫になってしまう

 

 

水虫は男性がなるイメージがありますが、それは間違いです。

 

女性でも水虫になる人はたくさんいます。

 

 

 女性が水虫になりやすいのは何故?

 

特にヒールを履く女性の場合、ストッキングを着用します。

 

ストッキングは化学繊維でできているため汗や皮脂を吸い取りません。

 

靴の中が高温多湿になりやすく菌が繁殖しやすい状態になります。

 

またブーツも同様に、高温多湿になりやすい環境です。

 

足元を温めるブーツは、白癬菌が繁殖しやすい環境となってしまっています。

 

 

 

今からできる水虫対策

 

靴を履かないわけにはいきませんので、できるだけ通気性のよい靴を履くようにしたり、2~3足靴を用意して交代で履きましょう。

 

またストッキングよりも靴下のほうが汗や皮脂を吸い取ります。

 

綿などの通気性のよい靴下や5本指のものがおすすめです。

 

汗をかきやすい人は、靴下の替えを持ち歩いたり、通勤と職場で靴を履き替えたりするのもよい方法です。

 

帰宅後は、靴をできるだけ乾燥させるようにしましょう。

 

履いた靴を陰干ししたり、靴用の除菌スプレーを利用すると雑菌の繁殖を抑えるうえに、臭い対策にもなります。

 

また布製のスニーカーなど洗える靴の場合は定期的に洗ったり、革靴やパンプスは中敷きを利用して、その中敷きも定期的に水拭きして清潔に保つようにする、というのもよいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

「水虫をうつさないようにするには?靴下やストッキングは大丈夫?」いかがでしたか。

 

水虫に感染してしまう理由は、誰かから移ってしまう事です。

 

水虫にならないためには、なってしまったのならきちんと完治させましょう。

 

また、水虫になっていない方は、うつらないように正しいフットケアをすることが重要になってきます。

 

ストッキングや靴下を履いててもうつってしまう事を、知っておきましょう。

-
-