美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

カサカサ背中にプラクネ!オススメのクリームで背中美人に♪

 

合わせ鏡でも使わない限り、自分の背中の状態を確認するのは簡単なことではありません。

 

しかしきれいな背中はすてきな女性の不可欠の条件なのは間違いないでしょう。

 

夏場の海水浴場やプールでの水着になった時はもちろんのこと。

 

背中のあいた衣装等ではわずかばかりの露出にとどまっても、なめらかで艶のある背中は、清潔感と魅力の両面を感じさせる大きなアピールポイントになります。

 

そんな背中のために生まれたのが「プラクネ」です。

 

背中がカサカサになっていたり、ニキビができやすい方にオススメのクリームです。

 

そんなプラクネを色々調べましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

きれいな背中のケア

 

 

背中は普段は意識できない部分だけに、理想的な状態がどのようなものなのかは、あまり気が回っていないのが現実ではないでしょうか。

 

ところが「きたない背中」と言う言葉からも推察されるように、案外背中にトラブルを抱えていることは珍しくないのです。

 

特に自覚してケアを行いにくいパーツ、と言う点に問題の本質は隠れています。

 

フェイシャルのように鏡で自分でも日々、確認できればお肌の状態を確認できます。

 

第三者の目からでないと皮膚の状態を確認できない背中は、むしろ積極的にケアを検討する必要があるといえます。

 

きれいな背中は全身の身だしなみにも注意を怠らない印象を与え、知的で清潔感が醸成されます。

 

また、痒みをともなう背中の場合、何かしらの肌トラブルになっている可能性もあります。

 

くれぐれも汚い背中にはならないように、プラクネで日頃からスキンケアしていきましょう。

 

すてきな背中女子に♪

プラクネ(Placne)


フェイス用

 

 

 

カサカサ背中の原因

 

背中の皮膚トラブルでポピュラーなのは、カサカサした手触りで発覚することの多い乾燥肌にあるといえます。

 

デコルテラインなどと異なって、背中はあまりオイリーになることは少なく、乾燥肌になりやすい部分です。

 

それではどうして背中はカサカサの乾燥肌になりやすいのでしょうか。

 

 

 お肌が隙間だらけ?

 

背中では乾燥すると、それに伴い痒みなどにも悩まされることがよくあります。

 

これは表皮のターンオーバーが停滞しているのが直接の原因と言われています。

 

健康な肌の表面では、角質層が形成されています。

 

角質が健全なおかげで水分の蒸発が抑制され、適度な皮脂で表面が保護されているわけです。

 

しかし、水分や油分が不足してくると、角質層が隙間だらけになり乾燥肌になってしまうのです。

 

 

健康な角質の場合、ほこりや紫外線の刺激なども跳ね返すバリア機能が働きます。

 

ところが角質層が隙間だらけになると、バリア機能は失われれ、わずかな刺激でも炎症や痒みに悩まされる事になるのです。

 

カサカサしているのは、古い角質が角栓(コメド)となり、毛穴詰まりを起こしている状態になっている場合があります。

 

毛穴詰まりに溜まった角質や皮脂を栄養分にアクネ菌などの雑菌が増殖すると、背中ニキビの発症の原因となり状況はさらに悪化していきます。

 

 

 背中のケアしていますか?

 

間違ったスキンケアをおこなっていたり、そもそもケアを怠っていることも背中の場合には珍しくありません。

 

皮脂の分泌量や肌のターンオーバーが正常に行われていない事の他に、食生活やストレスの高い生活習慣が関係していることも想定されるます。

 

夏の紫外線ダメージが慢性化している状況や、冬場の乾燥した空気にさらされていることも、適正な皮脂の分泌を妨げ乾燥肌の要因になっている可能性があるのです。

 

 

 

プラクネがカサカサ背中にオススメ

 

 

背中ニキビやカサカサした状態の改善を目指したい方々には、「プラクネ」がお勧めです。

 

これはクリーム状の背中ケア専用アイテムですが、リピート率が95%以上と段違いの高さを誇っているのが特徴です。

 

どこにこれほどの実力の秘密がかくされているのか。

 

プラクネは新発想のもとで開発された独自のトリプルセパレートケアで応えました。

 

 

 トリプルセパレートケア?

 

 

トリプルセパレートケアとは、お肌の内側と外側から保湿をしバリア機能を高めお肌を守っていきます。

 

皮膚は表面の薄い表皮と、そのしたの真皮層、さらに毛細血管や神経組織がネットワーク上に分布する皮下組織から構成されています。

 

ここで皮膚のハリやなめらかな肌触りを維持しているのは、真皮層にあります。

 

この部分は家に例えれば基礎とも言うべき役割を担っていて、肌がたるんだりシワにならないように支持している部分になります。

 

このハリの源泉になるのがヒアルロン酸やコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質にあります。

 

これらのコラーゲンなどは保湿成分の代表格にも認識されていて、各種の美容アイテムに配合されています。

 

しかしここで忘れてはならないのが、皮膚全体に浸透していくかの点にあります。

 

いくら肌のケアに有用な成分であっても吸収されなければ意味がありません。

 

その問題に対してプラクネは保湿成分のナノ化で対処しているのです。

 

 

 美容成分を置くまで届ける

 

 

微細な粒子に加工されたコラーゲンをはじめとした保湿に役立つ成分が、お肌の深くまで行き届くことを可能にしています。

 

しかも保湿性の高いスーパーヒアルロンを配合、通常のものの2倍もの水分を肌にしっかり閉じ込めてくれるのです。

 

この成分のメリットは空気中の水分量に左右されず一定の潤いを肌にキープ出来ることにあります。

 

肌へのなじみが良いので、伸びが良くお肌に潤いを与えていきます。

 

十分な保湿成分が供給されると、肌表面にうるおいの膜が形成され、皮膚のバリア機能も回復するので、プラクネを使う事でカサカサ背中対策に繋がっていくのです。

 

すてきな背中女子に♪

プラクネ(Placne)


フェイス用

 

 

 

カサカサ背中をそのままにしておくと?

 

カサカサ背中は手触りでようやく自覚できる程度で、それ以外の症状を伴わないことも珍しくありません。

 

見た目にはかなり目に付くような状況にあっても、本人が気づきにくい事もあって、長時間ケアされないまま放置されてしまっている事もあります。

 

しかしカサカサ背中を放置しておくと、状況は悪化することはあっても自然と治らないことがあるのです。

 

それが大人ニキビの発生です。

 

 

 背中の大人ニキビ

 

 

ニキビと聞くと皮脂の過剰な分泌が主な原因なので、乾燥肌とは関係が無いと考えがちになってしまいます。

 

ところがこれは大きな誤解で、乾燥肌は大人ニキビの発生の原因となってしまうのです。

 

健康な肌の為には皮膚細胞の新陳代謝が機能していることが必要です。

 

表皮では古い角質は新しい角質へとおおむね一月の期間をかけて、世代交代が行われていきます。

 

これが肌のターンオーバと呼ばれるものです。

 

しかし、このターンオーバーが加齢やストレス等で正常に行われなくなると、古い角質が剥落しないまま残存し、毛穴汚れの原因となってしまうのです。

 

これをエサにした雑菌繁殖が大人ニキビの発症に繋がるわけですが、そのままにしておくとさらに症状が進行。

 

雑菌排除のために免疫機能が働いて周囲の皮膚組織への炎症の拡大や、粉瘤(垢や皮脂等が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまう現象)などに繋がっていく事もあります。

 

 

 凸凹背中になる事も?

 

長期間放置していると、いわゆる赤ニキビなどの状態になったり、適切な治療を行わないと醜いニキビ跡を残す可能性が高まってしまいます。

 

背中に手を回すと凸凹などが気になってしまい、ニキビを潰すと言うことも習慣づけられてしまうこともあります。

 

その結果、知らぬうちに繰り返しにきびを潰してしまうという悪循環になってしまいます。

 

皮膚に圧迫を加えて強制的に発疹の内容物を排出させようとすると、物理的ダメージが真皮層や皮下組織にも及んでしまい、陥没やクレーターと言った治療の困難なニキビ跡になってしまいます。

 

そうなると典型的な「汚い背中」になってしまうので、プラクネを使う事によってお肌を潤わせ正常なターンオーバーを作ることが大切になってくるのです。

 

 

 

カサカサ背中にセルフケア

 

 

プラクネは乾燥肌になりがちな、背中をケアしていく保湿成分を豊富に含んでいます。

 

きれいな背中にしていくには、プラクネで保湿していくのも良いですが、更に効果的にケアしていく方法をご紹介していきます。

 

 

 食事内容の見直し

 

バランスの良い食生活は、どのような身体上の問題解決の上では大切な基礎的な部分になります。

 

お肌の保湿の事を考えると、あらゆる体内細胞の材料になるタンパク質を摂ることはとても重要です。

 

今日の欧米化が進んだ食生活では、牛豚鳥などの獣肉類はむしろ過剰気味になっていることを考えれば、嗜好性の高いものだけを摂取するのは、健康上も望ましくありません。

 

逆に魚介類や大豆タンパク製品などは不足がちになっているので、摂り入れる事を意識しましょう。

 

女性では加齢に伴い分泌量の減少するエストロゲン類似作用を持っている、大豆イソフラボンは肌ケアにも有用と言えます。

 

さらにたんぱく質の生成にはビタミン類も必要になります。

 

ビタミンCはコラーゲンを作り出す上で不可欠の役割を担っているので、新鮮な野菜や旬の果物なども意識して摂取するように心がけていきましょう。

 

 

 

まとめ

 

「カサカサ背中にプラクネ!オススメのクリームで背中美人に♪」いかがでしたか。

 

カサカサ背中の原因は乾燥です。

 

そしてその乾燥が背中ニキビの原因を作っていくのです。

 

清潔にするのは勿論のことですが、それだけでは逆にカサカサ乾燥肌になってしまいます。

 

プラクネを使って、お肌の潤いとバリア機能を高めて健やかな背中作りしていきましょう。

 

すてきな背中女子に♪

プラクネ(Placne)


フェイス用

 

-
-,