美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

目元の茶クマの隠し方や皮膚科の治療で改善したり消すことはできるのか?

2018/05/01

 

目元のイメージはとても大切になってきます。

 

目元の状況によっては、相手に与える印象がガラリっと変わることがあります。

 

いつの間にか自分の目元が茶クマになっていて焦ってしまう方もいらっしゃいます。

 

疲れていないのに、相手に疲れている印象や見た目年齢を上げてしまう事もあります。

 

そんな「茶クマ」に関して原因や対策などをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

茶クマが出来やすい女性

 

具体的にこうした症状が引き起こされている女性の特徴とはどういったものでしょうか?

 

 

 目元のケアをしていますか?

 

 

まず考えられるのは、普段から紫外線対策を一切しないという人目を擦るなど患部への刺激を何度も繰り返している人です。

 

先にも挙げたように、目元への刺激が多くなればなるほど、茶クマが出来るリスクは高まっていってしまいます。

 

もちろん、症状のあらわれ方には人それぞれ違いはあるものの、極端にメラニン色素の分泌を促さないためには日ごろからこうした行動を避けるようにしていきましょう。

 

具体的には、外出時にはできるだけ日焼け止めクリームを塗るようにする事、帽子や日傘などを使って日差しを避ける事、こうした点がポイントです。

 

この他、外出から帰ってきた時や入浴後など、肌の乾燥が顕著なタイミングでは保湿ケアを徹底して対処していくようにします。

 

これにプラスして、目元を普段から擦らないようにすれば、自然と症状が引き起こされるのを未然に防ぐことが出来ます。

 

 

 茶クマは治る?

 

 

既に症状があらわれてしまっているというケースであっても、それ以上症状が悪化しないように、ここで挙げたポイントを徹底していくといいでしょう。

 

素人であっても意外に簡単な方法で、クマの症状を予防、軽減していく事ができるというわけです。

 

茶クマの場合、色素沈着の症状さえ治まれば症状を解消することも可能です。

 

まずは自身の症状・状態を再確認してから、茶シミの原因や対処方法について知っていく事からはじめていくのがおすすめです。

 

 

 

茶クマを改善するには

 

 

 アイクリームを使う

 

茶クマを改善するためには、アイクリームを使って対処していく方法もおすすめになってきます。

 

アイクリームには肌の機能を活性化したり、保湿力を高める成分が豊富に含まれています。

 

中には美白成分や美肌成分が豊富に含まれているものもあるので、すでにあらわれてしまった色素沈着に対処するにはうってつけです。

 

こうしたアイクリームを使用する際、注意していきたいのがその使い方です。

 

 

 アイクリームでの注意点

 

基本的にこうしたアイクリームは洗顔後などのタイミングで使用することになりますが、この時、毛穴に汚れがまだ詰まっている状態だとうまく美容成分を肌内部に浸透させていくことができません。

 

毎日洗顔をしっかりしている人であればまだいいのですが、メイクをしている女性であればとりわけ汚れが残りやすくなっていきます。

 

クリームを使用する前には、出来るだけ洗浄力の強い洗顔料を使うなどして、毛穴に汚れが残らないように注意していくようにしましょう。

 

ある程度クレンジングがうまくいくようになれば、後は肌に良いとされる美容成分をうまく体に取り入れていくだけです。

 

 

 

成分でアイクリームを選ぶ

 

 

アイクリームの中にはビタミンC誘導体やビタミンE誘導体を多くふくむものがあります。

 

 

 ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体といえば、美白美容液などにも用いられる成分で身体に取り入れられることによってコラーゲンやセラミドの生成を促していく事が出来ます。

 

コラーゲンは年齢を重ねれば重ねるほど、肌機能が低下すればするほど生成が少なくなっていきます。

 

これが肌のハリやキメを損なう原因にもなっていく為、美容成分を取り入れていく事で補っていくというわけです。

 

 

 ビタミンE誘導体

 

ビタミンE誘導体は肌のキメを整える効果があります。

 

肌の状態を良くしていく事で、患部に起こった色素沈着の症状を緩和していくというわけです。

 

また、ビタミンE誘導体には肌のターンオーバーを正常化して、古い角質を体外に押し出していく効果があります。

 

色素沈着が起こった細胞を徐々に体外に排出していく、時間こそかかることになりますが、より自然な形で茶クマを改善していく事が可能になります。

 

茶クマの解消のためには、色素沈着を解消する事はもちろんですが、患部の肌機能を活性化させて状態を良くしていく事が大切になってきます。

 

すでにできてしまった色素沈着を消すとなれば、時間がかかってしまうのは当然のことです。

 

医療機関などで治療を行う方法もあるにはあるのですが、この方法だと必要以上にお金がかかってしまいますし、時に肌に傷が残ってしまう可能性もあります。

 

やはり素人が手軽にできるケア方法として、アイクリームは欠かせないということです。

 

 

 

アイクリームの選び方

 

 

アイクリームと一口に言ってもその種類には色々なものがあります。

 

まずポイントになってくるのは自分の症状・体質によりあった商品をさがしていくという事です。

 

茶クマに効果があるクリームを選んでいくということはもちろんですが、他にも美容効果がある商品を選ぶとプラスαの効果を期待することが出来ます。

 

目元の状態を改善することが出来れば、自然と見た目の印象を良くしていく事が出来ますし、メイクのノリも良くしていく事が可能です。

 

クマの症状は色が濃ければ濃い程症状が長引いていればいるほど、カバーがしにくくなり見た目の印象も悪くなっていきます。

 

時にはメイクでもカバーしきれないケースも出てくるため、とりわけ注意が必要になってくるというわけです。

 

既に症状があらわれているという場合には、出来るだけ早い段階でこうしたクリームを使ったケアを開始していくようにしましょう。

 

たったこれだけの事でも、何もしないよりは症状の進行を遅らせる事が出来ますし、軽度のものであれば十分に対処していくことが可能になります。

 

 

 

茶クマができる仕組み

 

 

そもそもクマはどうして引き起こされていくのでしょうか?

 

まずその種類によってその原因や対処方法は異なってきます。

 

茶クマの場合、その原因は肌内部の色素沈着とされています。

 

例えば、肌細胞の機能が老化や紫外線、乾燥などの影響で低下している場合、こうした色素沈着の症状もあらわれやすくなっていきます。

 

老化現象が関係しているケースであれば、年齢を重ねれば重ねるほど、普段のスキンケアがおろそかになればなるほど、肌機能は低下していきます。

 

そして、そこに乾燥などのトラブルがプラスされていけば、肌表面の傷が顕著になり、外的刺激から肌細胞を守り切ることが出来なくなってしまいます。

 

本来、色素沈着は肌内部の組織を守るために起こる症状です。

 

紫外線などの外的刺激から細胞を守るために、メラニン色素を過剰に分泌していくというわけです。

 

既に症状があらわれているという人であれば、尚の事注意していかなければいけません。

 

 

 

茶クマができる毎日の習慣

 

 

そもそも、茶クマの症状が引き起こされる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

 

先に挙げたように、茶クマが出来るのは目元の肌の機能が低下したり、紫外線や加齢に伴う影響で色素沈着が起こったりするからです。

 

そして、こうした外的刺激が原因となっているケースはもちろんですが、時に私生活の影響が関係してくることもあるので注意が必要になってきます。

 

 

 睡眠不足

 

 

私生活がクマの原因となっているケースとして、まず挙げられる行動としては睡眠不足や不規則な生活栄養バランスの乱れた食事目の酷使などの行動があります。

 

睡眠不足や不規則な生活はクマだけでなく、体調不良を引き起こすきっかけにもなっていきますし、健康な体作りにはマイナスな要素が大きくなっていきます。

 

こうした体調不良が肌機能の低下を引き起こす可能性もあるため注意が必要になってくるわけです。

 

 

 食生活の乱れ

 

 

毎日の食事で、人間が生きていく為に必要な栄養素をとっていくわけですが、普段から外食が多い人、脂っこい食事が好きな人であればこうした栄養バランスに乱れが出やすくなっていきます。

 

生きていく分には支障がないことでも、肌機能が低下するケースは大いにあります。

 

特に、野菜が普段から不足しているという人であれば、症状があらわれやすくなっていくため気をつけていきましょう。

 

普段から出来るだけ外食を控え、自炊を心がけるようにすること、野菜を積極的に取り入れる事はもちろんですが、必要に応じてサプリメントで栄養補給していくのもおすすめです。

 

 

 目を疲れさせている

 

 

普段からスマートフォンやパソコンで目を酷使している人にも注意が必要になってきます。

 

こうした動作を繰り返していると、目の周りの筋肉が緊張状態になり、疲れもたまりやすくなっていきます。

 

患部に老廃物や余計な水分もたまりやすくなり、結果的にクマの症状もあらわれやすくなっていきます。

 

極端に症状がひどいと顔の印象が極端に悪くなってしまう事もあるので、すでに症状があらわれているという人は気をつけていきましょう。

 

普段の私生活の内容によってもこうした茶クマの症状が引き起こされてしまう事。

 

すでに症状があらわれている人であれば、出来るだけ早く対策を打っていかなければいけないという事。

 

こうした点はしっかりと把握していくようにしましょう。

 

素人で解決策を探るのではなく、必要に応じて医療機関で本格的な治療を受けることも大切になってきます。

 

 

 

皮膚科での治療方法や料金など

 

 

茶クマを解消する方法として、セルフケアの方法は先に挙げていきましたが、それ以外にも方法があります。

 

それが医療機関で受ける事が出来るより本格的な治療です。

 

茶クマは先に挙げたように患部の色素沈着が原因で引き起こされていますが、こうした色素沈着は医療機関で受けることが出来る薬物療法レーザー治療によって対処していく事が可能です。

 

 

 薬物療法

 

薬物療法の場合、色素沈着の成分を体外に押し出したり、メラニン物質の生成を抑制したりする薬を用いていきます。

 

外用薬の場合、患部に直接薬を塗っていく事で十分な効果を実感していく事ができますし、内服薬の場合には体の中からその効果を実感していく事が可能です。

 

多くの場合、薬物療法は2週間前後の期間をかけて治療を進めていきます。

 

1回の治療で十分な効果を実感していくことができるので、セルフケアでは思うように効果が得られなかったという人におすすめです。

 

こうした薬物療法が用いられる場合、人それぞれで基本的な料金は変わってくることになります。

 

治療方針がそれぞれで異なってくるため、こればかりは致し方ないのですが、治療の際には事前に費用がどの程度必要になってくるのかチェックしていくようにしましょう。

 

薬物療法の相場として、多くの場合では数千円程度の費用が必要になってきます。

 

薬の種類によって多少の違いはあるものの、さほど高額な費用が請求されるわけではないので、予算がある程度限られている人にもおすすめです。

 

 

 レーザー治療

 

レーザー治療で症状を緩和していく方法の場合には、1回あたり2万円前後の費用が必要になってきます。

 

ジェネシスは皮膚の浅い部分である表皮から真皮層上部に作用するヤグレーザー。

真皮層上部に熱が加わって皮膚の浅い部分のコラーゲンが増殖し、皮膚表面が引き締まります。

また表皮上部の角質層にも作用して、レーザーピーリング効果をもたらします。

そのため、

肌のひきしめ(たるみの改善)

ハリ(小じわの改善)

保湿作用

毛穴の収縮

くすみの改善

クマの改善にきびの炎症の沈静作用など

しみ以外の様々な肌トラブルを改善することのできるレーザーです。

東京イセアクリニックより

 

この治療では、特殊な波長のレーザーを患部に当てて色素沈着が起こった部位の細胞を破壊していきます。

 

破壊された細胞は徐々に剥がれ落ち、同時に肌内部の機能を活性化していくことが出来るため、見た目にきれいな肌を取り戻すことが可能になります。

 

レーザー治療を用いる場合、1回の施術では効果が十分に得られないというケースもあります。

 

もちろん、この場合には複数回の施術を何度も繰り返すことになりますが、その分費用負担は大きくなっていくので治療の際には注意していきましょう。

 

具体的にどの治療で症状を緩和させていくのか、予算や自分の症状・状態にあったものをうまく選択していくといいでしょう。

 

必要に応じて、専門家である医師の意見を参考にしていくことも大切です。

 

素人では判断できない事でも、専門家の意見を参考にすればスムーズに事が進みます。

 

 

 

メイクで茶クマを隠す方法

 

既にできてしまった茶クマを解消する方法として、素人でもできる方法を挙げるとすれば、メイクで見た目を変えていくという方法が挙げられていきます。

 

メイクであれば、道具さえそろえばだれでもチャレンジすることが出来ますし、見た目の印象をがらりと変える事が可能です。

 

もちろん、毎日のようにケアを施す必要がありますが、茶クマの場合には時間の経過とともに症状が徐々に収まっていくケースもあります。

 

先に挙げたように、普段からスキンケアを徹底していたり、生活習慣を改善するなどして対処していれば、メイクをしているうちに自然とクマもなくなっていくというわけです。

 

では、具体的にメイクでクマを解消していく為にはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 コンシーラーを使う

 

 

コンシーラーはより肌に密着した形で肌色を変えていくことが出来ます。

 

目元にも使いやすいスティックタイプのコンシーラーも売り出されているので参考にしていくといいでしょう。

 

コンシーラーの色の選び方について、症状のあらわれ方によっては使用するカラーをうまく調整することも大切になってきます。

 

茶クマの場合、色素沈着が原因で見た目の変化が引き起こされているため、イエローベースのカラーを選択していくのがおすすめです。

 

他にもピンクベースやブルーベースなどのカラーがありますが、こうした色は別の色合いのクマにおすすめのメイクとなってくるので使い分けが重要です。

 

また、極端に色が濃いクマの場合には練り状の商品を選ぶのがおすすめになってきます。

 

より肌に密着しやすいというメリットがありますし、この上からパウダーを使用することによってより自然な見た目を演出していくことができます。

 

 

 リキッドコンシーラー

 

中程度の症状であれば、筆タイプなどのリキッドコンシーラーがお勧めです。

 

軽度の症状であってもこのタイプがお勧めで、より細かなメイクが可能になってきます。

 

症状が軽度なのにも関わらず練り状の商品を使ってしまうと、逆に厚塗り感が強くなってしまい見た目の印象を損ねてしまう可能性があります。

 

すべての人がそうというわけではありませんが、メイクで見た目をカバーしていくという場合には、それぞれの症状・状態をしっかり見極めた上で化粧品を選んでいくようにしましょう。

 

比較的手軽で、予算が少ないという人にもおすすめになってくるこの方法ですが、あまりにも症状が顕著であれば、他の方法、治療を選択することも大切です。

 

 

 

まとめ

 

「目元の茶クマの隠し方や皮膚科の治療で改善したり消すことはできるのか?」いかがでしたか。

 

目元はデリケートであり、見た目の印象に大きく影響してきます。

 

茶クマになってしまったら、自分に合った目元ケアをしていく事で解消することができます。

 

人に与える印象は色々な場面で大きく関わってきます。

 

まず出来る事から茶クマ対策していきましょう。

 

-
-