美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

未分類

目の下のたるみや黒クマにEMS?スキンケアでは改善できない?

 

女性は、30代になると目の下のたるみや黒クマが気になる様になりますが、家庭で行うスキンケアでは改善しないと言われています。

 

目の下のたるみの原因には、加齢や目の酷使及び紫外線によるダメージなど複数の要因が考えられ、複数の要因が重なって引き起こしています。

 

加齢は、目の下に限らず体全体で引き起こされている人間の宿命と言える生理現象です。

 

どうしても治したいのであれば、専門のクリニックに行く事だとおもいますが、セルフケアはできないのでしょうか。

 

スキンケアで改善していく事は無理なのか?

 

顔用のEMSが何故オススメなのか?

 

目の下のたるみや、黒クマケアの事をまとめましたので参考にしてみてください。

 

たるみになってしまうメカニズム

 

 

たるみになってしまうのは、加齢によってコラーゲンヒアルロン酸及びエラスチンなどを生合成する線維芽細胞が衰えていくところから始まります。

 

表皮と真皮及び皮下組織で構成される皮膚の真皮部分に大きな悪影響を及ぼす現象です。

 

真皮は、約70%のコラーゲンとヒアルロン酸などで構成されています。

 

自重の約6倍の保水能力を有するヒアルロン酸から水分の補給を受けて保水性の無いコラーゲンに水分が満たされ、皮膚のハリや弾力性を維持しています。

 

しかし、線維芽細胞の衰退はコラーゲンやヒアルロン酸の生合成量の不足を慢性的に引き起こすと共に、皮膚のハリや弾力性を喪失させ、目の下のたるみの原因となります。

 

 

紫外線によってもたるみになる

 

 

線維芽細胞は、皮膚の乾燥や日焼けの原因となる紫外線B波よりも、波長が長く紫外線Bなみの20倍以上地表に届くとされる紫外線A波によってダメージを受けてしまうのです。

 

紫外線による影響も大きく、不十分な紫外線対策も目の下のたるみの原因になってしまうのです。

 

紫外線A波は、線維芽細胞にダメージを与えてコラーゲンやヒアルロン酸の生合成量を低下させるだけで無く、コラーゲン自体も変質させてしまう事から目の下のたるみの原因となります。

 

 

筋肉の状態

 

加齢は、ハリや弾力性を喪失した真皮のさらに奥に存在する眼輪筋と呼ばれる筋肉の筋力を低下させてしまいます。

 

加齢に起因して下降する眼球によって外に押し出される眼窩脂肪の圧力に耐えられなくなった眼輪筋が膨らんでしまうのも目の下のたるみの原因の1つです。

 

眼輪筋は、目の周りを取り巻きまぶたの開閉を司る筋肉です。

 

ミューラー筋や眼瞼挙筋に比べて稼働率が低い事から顔の他の筋肉の半分程度しかありません。

 

家庭で行うアイマッサージのし過ぎや力の入れすぎでも、眼輪筋の下部を傷め目の下のたるみを誘発している事も少なからずあります。

 

眼輪筋は、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ている事で引き起こされる事もあります。

 

ドライアイと同様にまばたきの減少に起因して著しく筋力の低下を引き起こす事が主な原因です。

 

極度のまばたきの減少によって筋力の低下した眼輪筋は、飛び出して来る眼窩脂肪の圧力に耐え切れずさらに膨らみ目の下のたるみを助長させる結果を招きます。

 

 

 

黒クマになってしまう原因

 

 

黒クマは、眼球を取り囲む様にある眼窩脂肪が、加齢によって降下する事に起因して外の押し出される事が原因で引き起こされます。

 

眼窩脂肪は、正常時には眼球の圧力に負けない眼輪筋で蓋をする様に抑え込まれていますが、加齢による眼窩脂肪の突出量の増加と眼輪筋の筋力低下に起因して外に膨れ、目の下をたるませていきます。

 

このたるんだふくらみによって影となり、黒クマになってしまうのです。

 

クリニックでは、この眼窩脂肪を吸引することでたるみを取る施術を行っているところもあります。

 

目の下をあかんべーした状態にし、麻酔で無痛の状態とします。

そこから小さな穴(8~10㎜)ほど穴をあけ、片側3つの脂肪の袋のうち1~3つを状態をみながら適量を除去します。

たったこれだけなので短い手術時間で終わります。

全く表面に傷をつけないので、傷が残らないので手術したことがわからない方法です。

ただし、目の下の皮膚の伸びの多い場合にこの脱脂術を行うと、余計に小じわが目立ち、皮膚のたるみが目立つケースがあります。

その場合、カウンセリングにて、皮膚切開や注入(脂肪・ヒアルロン酸)などのご提案もさせていただく場合もございます。

湘南美容クリニックより

 

 

黒クマになりやすい環境

 

 

パソコンやスマートフォンの長時間使用でまばたきが減少する事でも目の下の筋力が著しく低下していきます。

 

筋力の低下によりさらに眼輪筋と皮膚が引き伸ばされてより黒く見えると共に、眼輪筋の厚み自体が元より薄いのも原因の1つです。

 

 

デリケートな目元

 

黒クマは、眼窩脂肪の突出や眼輪筋の筋力低下だけが原因で無く、毛細血管が透けてしまうほど薄い皮膚にも原因があります。

 

目の下の皮膚は、皮脂腺が非常に少ない事から皮脂と汗で形成される皮脂膜も少ないのも特徴です。

 

疲労の蓄積や加齢による影響が出やすい上に、線維芽細胞の衰退によりコラーゲンやヒアルロン酸の生合成量が不足すると共に保水量も低下してしまいます。

 

筋力の低下した眼輪筋のたるみによって引き伸ばされた目の下の皮膚は、さらに厚みを失い突出する眼窩脂肪がさらに黒く見えてしまう悪循環も黒くクマになってしまう原因です。

 

 

 

黒クマ対策は他のクマとは違う?

 

 

クマには、目の下のたるみが原因で引き起こされる黒クマ以外に青クマや赤クマ及び茶クマなどの種類があります。

 

黒クマが眼輪筋が大きく眼窩脂肪の多い目の大きな人や目鼻立のくっきりした人に出やすい特徴がある様に、他のクマにも異なる原因と特徴があります。

 

他のクマの場合はスキンケアや紫外線対策で予防できる場合があります。

 

 

茶クマの原因

 

茶クマは、皮膚を形成する表皮や真皮及び皮下組織のうち、最も外側で皮膚を形成する表皮にメラニン色素が沈着する事で目元全体が茶色くくすんで見える症状です。

 

表皮より奥の真皮にメラニン色素が沈着する遅発性両側性太田母斑様色素斑はクマと言うよりもアザです。

 

原因は、0.1mm〜0.3mmの表皮の最下層の基底層に存在するメラノサイトが紫外線などに刺激され生合成されたものです。

 

メラニンが有棘層のケラチノサイトでの沈着に加え、皮膚のターンオーバーサイクルの遅延などに引き起こされます。

 

その為、スキンケアだけでは改善する事が出来ない黒クマと異なり充分な紫外線対策に加え、メラニン色素を体外に排出する皮膚のターンオーバーサイクルを短縮するスキンケアで症状が改善可能なクマです。

 

 

青クマ

 

青クマは、色白の人に多く見られる症状であり、目元の毛細血管が透けて見える事が原因で引き起こされる症状です。

 

青クマは、目の酷使や睡眠不足などの一時的な健康不良による血行不良。

 

過剰なストレスの蓄積や、月経などのホルモンバランスの乱れによっても引き起こされる血行不良が原因です。

 

血管を収縮させる作用のある喫煙は症状を慢性化させるリスクがあると言われています。

 

対策としては、下手にツボ押しやマッサージで目元の薄い皮膚に負担をかけて悪化させるよりも、単純に目周辺をあっためるアイマスクの利用が安全です。

 

 

赤クマ

 

赤クマは、静脈と動脈の両方が鬱血する血行不良と眼窩脂肪の突出が原因で引き起こされる症状で、スマートフォンやパソコンの画面を長時間見る事でも引き起こされる症状です。

 

対策は、鬱血による血行不良なので青クマと同様にツボ押しやマッサージを行わない事がポイントです。

 

ただ単純に目の周囲を温めて血液循環を向上させる事で症状が改善され、ビタミンKの摂取を心がける事が大切になってきます。

 

クマは、4種類のうち3種類はスキンケアや目の周辺を温めるだけで症状が改善しますが、黒クマだけは目のたるみが原因なのでスキンケアでは症状が改善しない厄介なクマです。

 

 

 

スキンケアだけでは改善できない?

 

 

黒クマは、眼窩周囲の眼瞼筋の一種である眼瞼筋や目元周囲の皮膚組織の衰えが主な原因です。

 

眼球の下に位置する眼窩脂肪の突出による目のたるみが原因で引き起こされる症状であり、加齢と共により目立ちやすくなるので早い段階から対策を講じる必要がある症状です。

 

しかし、黒クマや目の下のたるみは、赤クマや青クマの様に目の周囲を温める血流改善では効果が期待できません。

 

目の下の皮膚にハリや弾力性を復活させるスキンケアでは症状の根本的な解決にはならないとされています。

 

 

皮膚をケアしても意味がない?

 

目の下のたるみは、加齢によりコラーゲンやヒアルロン酸の生合成する線維芽細胞の機能低下によって引き起こされていきます。

 

線維芽細胞を増加させる線維芽細胞増殖因子FGFや、エクオールなどの植物性女性ホルモン様相成分などの摂取は有効とされ、美容外科でも使われています。

 

しかし、眼瞼筋の一種である眼輪筋でも支えきれない眼窩脂肪の突出を、筋肉よりも弱い皮膚が支えられるとは考え難いのは想像しただけでもわかると思います。

 

目元の皮膚は、青クマの様に鬱血した血行不良の毛細血管が青く見えるほど薄い皮膚。

 

線維芽細胞を増殖及び活性化させる事で、コラーゲンやヒアルロン酸が増加すると共に表皮の下の真皮が充分な保水量を維持していく事に繋がっていきます。

 

真皮に弾力性が蘇り皮膚組織全体が厚く毛細血管や眼窩脂肪が透け難くする効果があり、眼輪筋の強化と併用する事がとても大切になってきます。

 

 

 

クリニックでのケアは?

 

 

目の下のたるみに効果的が期待できると言われている成分です。

 

 

線維芽細胞増殖因子FGF

 

線維芽細胞増殖因子FGFは、線維芽細胞増殖因子レセプターと結びつく事により細胞の増殖や成長を促進する作用機序を持っております。

 

線維芽細胞が多く存在する真皮に注入する事で線維芽細胞を直接増殖させて若々しい肌組織を蘇らせる効果が期待出来る成分です。

 

線維芽細胞増殖因子FGFは、若返らせたい部位にピンポイントで施術する事が出来るメリットがあり、施術時間も10分〜15分程度と非常に短時間な事が受け入れられ、多くの美容外科で行われています。

 

FGF(線維芽細胞増殖因子)を気になる箇所に注入し、シワや肌のくぼみなどを治療する再生医療です。

FGFは人体に元々ある細胞で、特定の細胞の増殖や分化を促進する作用があります。

湘南美容クリニックより

 

 

レチノール

 

レチノールは、パルミチン酸レチノールや酢酸レチノールなどのビタミンA誘導体です。

 

メラノサイトが存在する表皮の基底層で酵素レチノールデヒドロゲナーゼによって変換されるレチナールを経てレチノイン酸に活性化。

 

レチノイン酸には線維芽細胞を活性化しコラーゲンやヒアルロン酸の生合成を促進する効果がある成分です。

 

 

レチノイン酸

 

レチノイン酸には、線維芽細胞を活性化させる効果に加えて肌のターンオーバーサイクルを強力に短縮する効果もあり、目元のたるみや黒クマの改善をアシストします。

 

強力なターンオーバー促進効果を持っていますが、非常に紫外線の影響を受けやすいデメリットもあります。

 

使用時に充分な紫外線対策を行わずに紫外線を受けると逆にシミの原因となってしまいます。

 

 

植物性女性ホルモン

 

植物性女性ホルモンは、女性ホルモンのエストロゲン様相の働きを持っているとされています。

 

活性酸素や紫外線によるコラーゲンの分解や変質を抑制する効果が高い事から、皮膚の弾力性やハリの維持には有効とされている成分です。

 

しかし、植物性女性ホルモンの代表格である大豆イソフラボンは、過剰摂取による胎児への遺伝子異常のリスクが高いとされ、遺伝子への悪影響が無いエクオールを摂取する人が増加しています。

 

エクオールは、大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内細菌によって生合成される成分。

 

エクオールを生合成出来る腸内細菌を保有している日本人は全体の50%〜60%とされ、年代が若くなるほどエクオールを生合成出来る日本人の割合が一段と少なくなる特徴がある成分です。

 

黒クマは、眼輪筋などの筋肉を鍛える事で根本的な解決に至る症状ですが、より有効的に症状を改善する為にはスキンケアやセルフケアをしっかりと継続し続ける事も大切です。

 

 

 

目の下のたるみ、黒クマ対策のセルフケア

 

 

黒クマは、目の下のたるみが原因で引き起こされると共に見る人に不健康なイメージを与えてしまう一方で、目の下のたるみは影を作り実際の年齢よりも老けて見えてしまう為、女性にとっては深刻な悩みです。

 

最大の原因は、黒クマも目元のたるみも突出して来る眼窩脂肪の圧力に負けてしまう眼輪筋の脆弱さなので、セルフケアとして眼輪筋を鍛えるエクササイズを毎日やる必要があります。

 

眼輪筋の筋力低下は、意識してまばたきする事でもある程度の効果が望めます。

 

それ以外にも5秒間思いっきり目を閉じる動作と5秒間思いっきり目を見開く動作を5回繰り返すエクササイズ

 

両目を無限記号の様に回転方向を交互に5回ずつ変えるエクササイズの方が短時間かつ有効的です。

 

 

食べ物で目の下のケア

 

 

黒クマの解消には、活性酸素を抑制する抗酸化物質を豊富に含むアーモンドや大豆製品及び緑黄色野菜などの摂取が有効とされています。

 

活性酸素の増加を抑制する事で、線維芽細胞のコラーゲン分解酵素の分泌を抑制すると共に、コラーゲンの減少を阻害し目の下のたるみも軽減する効果が期待出来ます。

 

 

エクササイズ

 

眼輪筋が加齢や目の酷使によって徐々に衰えてしまう様に効果的なエクササイズで毎日鍛えても眼に見える様な即効性は無く、毎日我慢強く地道に継続し続ける必要があります。

 

目元のたるみは、眼球の降下などに起因する眼窩脂肪の突出に伴い弛緩してしまった眼輪筋と共に皮膚もたるんでしまいます。

 

目元の皮膚に本来のハリと弾力性を蘇らせると共に、目元の皮膚に厚みを持たせる事で眼窩脂肪が黒く透けない様に毎日セルフケアを行う事で軽減可能です。

 

 

血行を促進させる

 

目の下のたるみは、皮膚の保水力を補ってやるだけで無く目元周辺の血流改善でも皮膚のたるみを軽減する効果があるとされています。

 

血流の改善により線維芽細胞などの細胞が活性化されると共に、コラーゲンやヒアルロン酸の生合成も活性化されます。

 

その為、蒸しタオルで目元周辺を温めたり、目元周辺からリンパ節までマッサージやツボ押しする人も多くいます。

 

しかし、人間の体の中でも目元の周辺は皮膚組織が薄い部位の1つなので、素人考えで強めにマッサージしてしまうと逆効果。

 

薄い皮膚組織を傷つけてしまいメラニンの沈着を招き黒クマをより黒く見せてしまいます。

 

目の下の皮膚は、非常に薄いのでマッサージの時に気をつけるだけで無くクレンジングや洗顔時にも強くこすり過ぎない様に気をつける必要があります。

 

特にウォータープルーフタイプのアイラインやアイシャドウ及びマスカラを常用している人は危険です。

 

目の下のたるみや黒クマの対策は、眼輪筋の強化と目元のスキンケアの2点を目的としたセルフケア。

 

セルフケアには即効性が無いだけで無く、対策としての効果も限定的なので、即効性を求める時や症状が重度の場合には美容外科による施術が必要となります。

 

セルフケアによる症状の改善が見られない時には専門医のカウンセリングを受診し指示を仰いだ方が安心です。

 

 

 

何故EMSなのか?

 

 

黒クマは、パソコンやスマートフォンの長時間の使用によるまばたきの減少等が誘発する眼輪筋の筋力低下が最大の原因なので、眼輪筋を効果的に増強するEMSは有効性が高いとされています。

 

人間は、一般的に成人で1分間に15回〜20回程度まばたきしています。

 

しかし、ドライアイの人は1分間に3回〜5回程度しかまばたきをしておらず、1時間で約720回〜約900回まばたきが不足している計算になります。

 

そうは言っても、1時間あたり約720回〜約900回程度不足するまばたきを自発的に行うのは難しく、加齢による眼輪筋の衰えを抑制する分も自発的に行うのは不可能と言えます。

 

 

電気信号で鍛える

 

筋肉は、脳や脊髄から送られる電気信号が筋繊維を経て筋小胞体に伝えられ筋肉の収縮が発生します。

 

EMSは、脳や脊髄が発する電気信号と同様の電気信号を発する事で、強制的に筋肉を律動させるトレーニングマシンです。

 

自発的なトレーニングよりも短時間でより高い筋肉への負担をかける事ができるのです。

 

 

気になる部分を鍛える事が出来る

 

EMSは、自分の鍛えたい部位にピンポイントで作用させる事ができます。

 

また効果的に筋肉を鍛える事が出来るので、毎日EMSをする必要もありません。

 

EMSは、メーカーによって高周波の周波数や複合波の到達深度が異なりますが、顔には周波数の低い1000Hz程度の高周波がオススメです。

 

1000Hzは1秒間に1000回振動させるので、単純計算で約10秒程度で徹夜した人と同じ回数まばたきした事になるシステムです。

 

その為、どのメーカーのEMS美顔器も使用時間は1日あたり数分〜10分程度と短く、充電式の機器なのでテレビやスマートフォンを見ながら場所を選ばず使える事が女性に受け入れられています。

 

 

顔全体のたるみ対策に

 

顔用のEMSトレーニングマシンは、デリケートな顔に使う事を想定しているので出力が抑えられ、出力調整が細かに出来る製品が多いのが特徴です。

 

EMS美顔器は、黒クマの解消の為に眼輪筋を増強するだけで無く、眼輪筋に接している小頬骨筋や上唇挙筋及び口角挙筋などにも高周波の刺激が波及していきます。

 

表情筋全体を増強する事になり、特に黒クマ以外に肌のたるみやほうれい線が気になる女性には嬉しい効果を複数得る事が出来ます。

 

 

 

まとめ

 

「目の下のたるみや黒クマにEMS?スキンケアでは改善できない?」いかがでしたか。

 

黒クマや目の下のたるみは、スキンケアでは改善することが難しいとされています。

 

ポイントは筋肉と保湿などのバランスです。

 

直ぐに改善したいのであれば、専門のクリニックで受診しましょう。

 

自分でケアするのであれば、EMSで予防と改善をしてみてください。

 

 

注目されている関連記事

 

 顔のリフトアップ!表情筋をEMSで刺激する私は見た目年齢-10歳

 お腹の皮下脂肪はemsで落せない?当てる位置をしっていますか?

 二の腕をemsで引き締めて細くしたい!効果的にスリムにする方法

 美顔器エステナードリフティ|目の下のたるみやシワに効果あり!?

-未分類
-, ,