美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

成分

妊娠線を予防するレジストリルとは?肉割れにどの様にサポート?

2018/05/29

 

レジストリルという成分をご存知でしょうか。

 

特に注目される働きが、女性にとっては嬉しい妊娠線対策のサポートとして強い味方になる事です。

 

あまり聞きなれないかもしれませんが、妊娠することによる肉離れは、なかなか消えません。

 

人によっては一生残ってしまう事もあります。

 

今回は、レジストリルがどの様な働きをしていくのか解説していきます。

 

レジストリル 2%配合 

妊娠線クリーム キラリボーテ

 

レジストリルとは?

 

レジストリルとは妊娠線解消に役立つ成分で、皮膚科医の太鼓判があるほどです。

 

 

レジストリルはコラーゲン修復を促進します。

臨床試験2では、1日2回、2ヵ月間レジストリルを局所塗布することで、ストレッチマークの色を改善し、またそのくぼみを最大72%まで減少させるということが示されています。

けやき美容クリニックより

 

レジストリルにはルチンライマメエキスマトリカインが含まれています。

 

ルチンやライマメエキスはたんぱく分解酵素の分泌を抑制し、妊娠線対策をしてくれます。

 

マトリカインはダメージを受けた細胞を元気にし、肌を本来の状態にしてくれるわけです。

 

これらの相乗作用によってお肌を元気にしてくれるので、妊娠線対策としてサポートしていけます。

 

 

 レジストリル配合クリーム

 

国内で販売されている「キラリボーテ」が注目されている理由は、レジストリルの推奨量が20%と多いためです。

 

どんなに肌によい成分であっても、推奨量未満だと十分な作用は期待できません。

 

サプリに適量があるように、スキンケア用品にも適量が存在します。

 

妊娠線を予防するために、フランスでは2005年からレジストリル2%配合クリームが使用されていました。

 

コラーゲン修復を活性化することで、妊娠線・くぼみ対策ができます。

 

予防と修復というWの作用によって、以前の肌ツヤを取り戻せるわけです。

 

理想はレジストリルで予防をして妊娠線をつくらないことで、妊娠線が出来なければ消すことを考えなくて済むわけです。

 

 

 保湿だけでは対策としては不十分?

 

保湿と油分を与えることで正常肌を維持することができますが、妊娠線については十分な対策とは言えないため、キラリボーテにはレジストリルを配合しているわけです。

 

美肌作りにも役立つ成分なので、肌を強くするためにもオススメの成分です。

 

肌老化は年齢を重ねるほど進行しますが、その速度は一定ではありません。

 

急速に進行する方もいれば、緩やかに変化していく方もいます。

 

美容のサポートに加えて老化防止の意味合いもあるため、しっかりと対策をしておけば10年後の肌に差をつけられます。

 

妊娠線対策や肉割れ対策として使えるのがレジストリルです。

 

 

 

妊娠線はコラーゲンがポイント?

 

 

コラーゲン修復を促進することで、妊娠線特有の色の解消・くぼみ改善なども期待できるでしょう。

 

2ヶ月の使用で変化を感じられる方が多いため、焦らず気長に使用してみてください。

 

肌トラブル全般に言えることですが、放置することは解決になりません。

 

妊娠線が深くなると改善に時間がかかるので、早め早めのケアが必要になってきます。

 

特に深さの軽減、色の解消、幅の減少などに効果が期待できるので、早めのケアをおすすめします。

 

肌にコンプレックスを持っていると気持ちまで落ち込んでしまうので、前向きな気持ちを持ちながら対策してください。

 

対策していることが安心感につながり、肌を元気にすることにもつながります。

 

 

 

妊娠線や肉割れにどの様に働きかけるのか

 

 

妊娠線や肉割れが発生すると、カラダを露出することに抵抗を覚えてしまうかもしれません。

 

そのときはあまり気にしていなくても、時間が経過してから気になり始めたり後悔したりする方は多いです。

 

妊娠線を解消するには一般的な保湿・美肌クリームでは十分な対策はできません。

 

妊娠によって発生する線であり、原因にマッチした対策をするためにレジストリルがオススメです。

 

凹凸をスベスベにしてくれるので、妊娠前の肌状態に導いていきます。

 

諦めてしまうとその時点で対策をしなくなり、その後の変化は期待できません。

 

変化させるためには対策をすること、そして実感をしてモチベーションを高めることが重要です。

 

 

 13人の女性にレジストリルを使ってみた

 

皮膚科医の実証データによるとレジストリル2%配合のクリームを56日間にわたって1日2回ずつ使用したところ、妊娠線に変化が見られました。

キラリボーテ公式サイト参照

 

シワシワやハリ、ぷっくらなどの状態がスベスベになったというコメントがあります。

 

皮膚の下で発生している症状であり、真皮や皮下組織が膨張して引っ張られることで起こります。

 

単なる乾燥や敏感肌なら保湿と油分補給で改善することが多いですが、妊娠線対策にはレジストリルという特有の成分が必要になるわけです。

 

たんぱく分解酵素の分泌をブロック、細胞のダメージ修復という2つの作用によって目立たなくします。

 

肌の内側から原因に作用して、本来の弾力性ある状態へとサポートしていきます。

 

 

 

妊娠線はケアが難しい?

 

 

お肌はある程度のダメージに耐える構造になっていますが、ダメージがピークに達するとトラブルが発生してくるわけです。

 

深部から発生するトラブルほど改善が難しく、一般的なスキンケアでは変化を実感できずにケアを諦める方もいます。

 

途中で諦める理由はシンプルで、ケアのために費やした労力・時間に見合った変化を実感できないためです。

 

人間は労力と時間に比例する変化を求めるもので、頑張っても実感できないと諦めてしまいます。

 

肌質によって効果的なスキンケア用品が変わるように、肌トラブルによっても変えていく必要があります。

 

妊娠線や肉割れ対策に役立つレジストリルは、コラーゲン修復を強化して弾力性を内側から取り戻してくれるでしょう。

 

 

 

レジストリルでハリのあるお肌に

 

 

弾力性のない肌は老けて見られやすいですし、肌触りもよくありません。

 

内側からハリを引き出すことで若さを維持できるため、特に妊娠後は対策を徹底してください。

 

妊娠を機として急に老け込んでしまう女性は多いですが、出産経験が多くても見た目年齢が実年齢未満という女性もいます。

 

レジストリルは配合量が少ないと実感しにくく、推奨量は2%と言われています。

 

色やくぼみの解消に役立つ配合量であり、内側からケアしていきます。

 

肌トラブルは肌に問題が生じることが原因ですが、元をたどっていけば細胞のトラブルに行き着きます。

 

細胞がダメージを受けることで肌も弱くなり、本来の状態を発揮できなくなります。

 

人間のカラダは60兆個の細胞からつくられているので、美容のためには細胞レベルでの対策が欠かせません。

 

細胞をダメージから守ってあげれば、内側からの対策が可能になります。

 

レジストリル配合クリームを使用することで、妊娠線が重症化するのを抑えることができます。

 

レジストリル 2%配合 

妊娠線クリーム キラリボーテ

 

 

 

妊娠線は早めのケアが大切

 

 

妊娠線の進行を放置しておくと重症化し、線が深くなるほど解消に時間がかかるわけです。

 

早期の段階で対策をするのが早期解消につながるので、気になり始めたときがケアする時期です。

 

いずれケアが必要になることを考えると、そのタイミングは早いほうがいいでしょう。

 

初期の段階ならケアにかける時間・労力、そしてコストを抑えることが可能になります。

 

細胞の予防と修復のためにレジストリル配合クリームを活用し、進行の予防と解消を並行してください。

 

 

 

レジストリル配合クリーム

 

レジストリル配合クリームの中でも実感できるものを選ぶなら、レジストリル2%配合のキラリボーテをおすすめします。

 

推奨量2%を達成している数少ない商品であり、自社調査では2%配合量の商品はほかにありません。

 

予防と修復をしっかりと行った上で、各種成分が肌をさらに引き締めてくれます。

 

ハリ・うるおいを維持する天然成分の配合により、ぷるぷるの肌を維持できるでしょう。

 

 

 

レジストリル2% キラリボーテ

 

 

天然由来成分は高保湿力を有しているボタニカル成分で、肌にうるおいを与えてくれます。

 

さらに肌に優しい7つのフリーを実現することで、添加物によるトラブルを予防しました。

 

肌によくないものを配合していると、肌荒れを招くことになりかねません。

 

使い始めのころは問題がなくても、数ヵ月後にトラブルが発生してしまう可能性があります。

 

肌によい成分がたっぷり含まれていても、肌に合わない成分も含まれていれば作用が相殺されてしまいます。

 

キラリボーテはは2ヶ月以上は使用したいため、肌に優しいほどよいわけです。

 

 

 ソメイヨシノ葉エキス

 

 

ソメイヨシノ葉エキスにはイソフラボンが含まれており、保湿や美白作用が期待できます。

 

 

 アロエベラ葉エキス

 

 

アロエベラ葉エキスは優れた保湿力があるため、やけどした肌のケアとしても使用されることが多いです。

 

コラーゲン生成作用もあるので、理想のぷるぷる肌が実現するでしょう。

 

 

 アマチャヅル葉エキス

 

 

アマチャヅル葉エキスはアクアポリン生成を促進することで、細胞を十分にうるおすことができます。

 

水分が充足した細胞は乾燥に強くなり、バリア機能を高めることであらゆる肌トラブルを遠ざけてくれます。

 

 

 ダイズ種子エキス

 

 

ダイズ種子エキスは優れた保水力を持っており、肌にうるおいを与えてハリを復活させるために最適です。

 

ダイズは日本人にマッチした食材であり、スキンケア用品との相性もよいです。

 

口に入れて安全なものは、肌にも安全だと考えてよいでしょう。

 

 

 ビルベリー葉エキス

 

 

ビルベリー葉エキスは活性酸素を除去する作用があり、肌荒れの原因となる酸化から守ってくれます。

 

乾燥は肌のバリア機能を低下させるので、抗酸化力を高めておく必要があります。

 

 

 ローズヒップエキス

 

 

ローズヒップエキスはお茶にも配合されている成分で、シミ・シワ対策としておすすめです。

 

保湿作用も強いので乾燥しやすい肌の保湿を維持するために用いられます。

 

高級エステでもおなじみの成分で、皮膚再生力を高めることで老化を抑制してくれます。

 

老化を予防することは美肌の基本であり、それに加えて美容促進を並行することで、年齢未満の肌を維持できるのです。

 

天然オイル6種類は肌への浸透性が優れており、水分を閉じ込める役割があります。

 

水分が蒸発することで肌が傷んでくるため、適量の油分を与えて弾力性を維持してください。

 

肌質が変化してくるときは、弾力性も失われることが多いでしょう。

 

ぷるぷる肌を維持しておけば、妊娠線が発生しにくい肌質に変えられます。

 

 

 

2種類のスリミング成分

 

 

キラリボーテには2種類のスリミング成分も含まれており、肌を効果的に引き締めてくれます。

 

年齢とともにたるみが発生しやすくなるので、お肌の曲がり角をすぎたあたりから徹底した対策が必要です。

 

 

 ユニスリム

 

ユニスリムは肌を引き締めてセルライト対策ができる成分で、脂肪の沈着を抑えることができます。

 

体脂肪が付着すると簡単には落ちないので、付着させないケアが重要です。

 

 

 ボディフィット

 

ボディフィットは脂肪細胞を太らせないための成分で、脂質の侵入を抑制して肥満を抑えることができます。

 

基礎代謝が低くなるほど脂肪が増えやすくなるので、妊娠後の女性は特に注意してください。

 

太ってから対策をするよりも、太らないことが王道と言えるでしょう。

 

キラリボーテならこれらのメリットがまとめて得られるので、あらゆる悩み対策に活用してください。

 

レジストリル 2%配合 

妊娠線クリーム キラリボーテ

 

 

 

レジストリルの成分の働き

 

レジストリルにはライマメエキスとマトリカイン、ルチンという3つの成分が含まれています。

 

これらの相乗作用によって妊娠線の予防・解消ができるのです。

 

しかも日本における推奨量の2%を実現するなど、キラリボーテは非常に実感度の高いクリームに仕上げました。

 

保湿と油分補給だけでは対処できない肌の悩みを解消し、理想のぷるぷる状態を実現してくれるのです。

 

シワシワやハリ低下を放置しておくと、加齢の影響によってもっと進行してしまうので注意です。

 

肌の悩みは1日も早く対策をしたほうがメンタルの上でもよく、早期解消によって心身のバランスを整えることができます。

 

 

 たんぱく分解酵素の分泌を減らす

 

ライマメエキスとルチンはたんぱく分解酵素の分泌を減らすことで、妊娠線の発生を防いでくれます。

 

原因に直接作用するので、予防対策として活用してください。

 

肌トラブル全般を例にするとよくわかりますが、例えばニキビの予防と解消では前者のほうが楽でしょう。

 

ひとたび発生してから改善するのは簡単ではなく、対策によっては症状を重症化させることがあります。

 

自分でニキビを潰してしまい、広範囲に広がったという方は多いでしょう。

 

もし早期の段階で対策をしておけば、発生自体を抑えられた可能性が高いです。

 

妊娠線はひとたび発生すると解消しにくいので、妊娠後の女性は注意してください。

 

レジストリル配合クリームなら肌の保湿・注油に加えて、内側から妊娠線を予防できます。

 

 

 妊娠線を修復?

 

さらにダメージを受けた細胞を修復するマトリカインの働きで、すでに発生した方にも効果的が期待できます。

 

妊娠線はお腹に発生することが多いですが、それ以外にも太もも・バスト・二の腕などにもよく見られます。

 

気になると肌露出を控えるようになり、ファッションが制限されてしまいます。

 

ファッションの選択肢を増やすためにも、自分に自信を持つためにも妊娠線は対策をしておきましょう。

 

 

 

妊娠線対策に即効性はない

 

出産経験が豊富にあるのに、それを思わせない体型・肌状態をしている方は、必ず相応の対策をしています。

 

肌の悩みは一日で解消することはないので、普段からケアを積み重ねておくことが大切です。

 

妊娠後は体型が崩れやすいので、体型をスリムに維持することも重要です。

 

 

 

妊娠線が出来てしまう原因は?

 

 

妊娠線は肌表面に発生するため、皮膚に問題があって発生すると考える方が多いでしょう。

 

しかし実際は皮膚内部で発生しているため、表面的なケアはあまり効果がありません。

 

お腹が大きくなると皮膚が引っ張られますが、同時に皮下組織も伸びています。

 

これを元に戻すためには細胞修復をして、断裂した状態を解消していく必要があります。

 

 

 

スキンケアの保湿ではケアはできない?

 

 

スキンケア用品の代表的な作用である保湿と油分補給だけだと、乾燥や敏感肌を解消することは可能ですが妊娠線を消すことは困難です。

 

普通のスキンケアで改善しないのは当然のことなので、レジストリル配合クリームの使用をおすすめします。

 

妊娠線の対策のためにはライマメエキス、マトリカイン、ルチンの3つをまとめて補給する事が出来るからです。

 

肌修復には時間がかかるため、即日で実感することはできません。

 

乾燥や敏感肌などのよくあるトラブルを解消するためにも、1ヶ月くらいはかかってしまいます。

 

妊娠線の解消はもっと難易度が高いので、焦らずに継続的にケアしていきましょう。

 

 

 

キラリボーテを効果的に使うには

 

 効果的に浸透させるには

 

キラリボーテの使い方は非常に簡単で、清潔な肌に塗布するだけです。

 

入浴前は皮脂・汗などで肌が汚れているので、使うタイミングは入浴後がベストです。

 

肌がキレイな状態で使用することで浸透率が上がるので、皮脂や汚れは除去しておきましょう。

 

常に清潔にしておくことも肌トラブルの予防・解消にも繋がります。

 

ベタつきのないクリームなので、使用後に下着をすぐに着ても問題ないでしょう。

 

浸透性に優れたクリームで、速やかに深部に浸透していくのがわかります。

 

 

 継続的にケアすること

 

1日2~3回の使用をするとより効果的に使うことができます。

 

2ヶ月である程度の変化を実感できることが多いですが、本格的に目立たなくするためには4ヶ月以上の使用をおすすめします。

 

美肌ケアは継続することが大切で、継続をしないと実感できません。最初の1~2ヶ月はあまり変化を感じられないことが多いですが、これはスキンケア全般に言えることです。

 

長期的にケアすることで肌を内側から変化させることが可能なので、最初から長期ケアを視野に入れてください。

 

短期間で大幅な変化を期待してしまうと、途中で挫折しやすくなります。

 

レジストリルは妊娠線を薄くするのに役立ちますが、肌修復には時間がかかります。

 

傷ついた肌を修復するためには、コツコツとケアしていくことが重要なわけです。

 

ケアを日々の生活の一部としてしまうことで、長期的なケアが楽になるでしょう。

 

 

 配合量が多いから少なくていい?

 

キラリボーテにはレジストリルが2%も配合されています。

 

レジストリル配合クリームの中でもダントツの配合量ですが、量を減らして使用するのはおすすめできません。

 

適量をしっかりと使用することにより、実感を早めてくれます。

 

使用量を減らせば長く使えますが、実感できないと意味がないでしょう。

 

少し多めに使用するくらいが好ましいので、節約せずに使用するのがコツです。

 

使うタイミングは決めておくことで、使い忘れを防ぐことができます。

 

毎日の日課にすることが大切なので、最初のころは特に使い忘れに注意してください。

 

 

 タイミングを習慣化する

 

使うタイミングを決めておくことで習慣化できるので、例えば入浴後と起床後に使用するなどと決めておきます。

 

目に見えやすい場所に置いておくのも効果的なので、最初の1ヶ月は意識してください。

 

1ヶ月にわたって毎日使用していれば、すでに習慣として身についているはずです。

 

身についたものは意識しなくても思い出すので、使い忘れがなくなります。

 

4ヶ月以上の使用を目安にケアすることで、皮下組織から細胞修復を可能にしてくれます。

 

内側からケアができるクリームなので、妊娠線以外のケアも可能です。

 

老化防止・美肌作りのサポートになるので、美しい肌を維持するためにも使用してください。

 

 

 

まとめ

 

「妊娠線を予防するレジストリルとは?肉割れにどの様にサポート?」いかがでしたか。

 

妊娠線を予防しつつ肌を引き締めるためにも、キラリボーテを試してみてください。

 

各種天然成分のほかにスリミング成分が含まれており、セルライトの付着も抑えることができます。

 

レジストリルは優秀な成分ですが、妊娠線ケアは早い段階からのケアが大切です。

 

レジストリル 2%配合 

妊娠線クリーム キラリボーテ

 

 

注目されている関連記事


 妊娠線はいつからできる?いつからケアを始めればいいの?

 妊娠線がかゆすぎる!かきすぎると後悔!?自宅で出来るケアとは

 キラリボーテできれいなお肌に|のび~るクリームで妊娠線の予防に

-成分,
-