美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

ダイエット

二の腕をemsで引き締めて細くしたい!効果的にスリムにする方法

2018/05/01

 

薄着の季節になると気になるのが、二の腕に脂肪がついていることだと思われますが、なぜ二の腕に脂肪がつくのかご存知の人はどれくらいいるでしょうか。

 

厳しい食事制限でダイエットをしても、なかなか細くすることが出来ないため途方に暮れている人もいるかもしれません。

 

そもそも二の腕に脂肪がつく原因としてはどんなことが考えられるのか気になるところです。

 

そして気になる部分痩せに使われているのが「ems」です。

 

このemsで二の腕をシェイプアップできるのか?

 

どの様に働きかけていくのか、また効果的にシェイプアップする方法などをまとめましたので参考にしてみてください。

 

 

二の腕に脂肪が付く原因

 

 

二の腕は、上腕二頭筋と上腕三頭筋に分けられるのですが、前者はいわゆる力こぶで物を持ち上げるときに多く使う筋肉で内側についている筋肉です。

 

後者は、ものを押し出す時に使う筋肉で、外側についている筋肉です。

 

もともと脂肪が多い人はもちろん、二の腕の脂肪は20代後半から徐々についてくるとされており、一度ついてしまうとなかなか落とすことが難しいのが二の腕につく脂肪です。

 

二の腕に脂肪が付く原因としては様々なことが考えられますが、大きく分けて3つの原因が考えられます。

 

まず一つは運動が苦手であまり体を動かすことがなく、全体的に太っており結果的に二の腕にも脂肪が付くという原因が考えられます。

 

もう一つは筋肉不足によって脂肪がたるんでしまうたるみによって、脂肪がついていることです。

 

 

 あなたの二の腕はたるんでる?

 

指で脂肪を掴んで2センチ以上掴める人はたるみと脂肪が一緒になっている可能性があります。

 

 

二の腕のリンパの流れが悪くなることによって老廃物が二の腕に溜まり、それが脂肪と結びついてセルライトという物質になっていきます。

 

それが二の腕の内部に溜まっている状態により脂肪が付いて二の腕が太くなっていることが原因とされています。

 

 

 二の腕の脂肪は落としにくい?

 

全体的に太っているわけではないのに二の腕だけ太い人や、全体的に体に脂肪が付いていることで二の腕も脂肪が付いて太くなっている人など様々です。

 

何とかして細くしたいと考えている人は多いと思われますが、二の腕の脂肪は体の中でも最も落としにくい部位でもあるので、どうやって落とせばよいのか途方に暮れている人も多いのではないでしょうか。

 

ダイエットや運動など、何をやっても二の腕が細くならないと悩んでいる人におすすめなのが、emsです。

 

運動やダイエットでも細くできなかったのに本当に効果があるのか気になるところですが、このemsを使う事によって二の腕をどのように効果的に細くしてくれるのか、そのメカニズムについて考えてみましょう。

 

今まで何をやっても細くできなかった人は必見ですので是非この機会に知っておくことをおすすめします。

 

 

 

二の腕に対するemsで細くなる仕組み

 

 

筋トレやダイエットをしてもなかなか落とせない二の腕の脂肪を、細くすることができるemsは、いったいどんな仕組みによって二の腕を細くしていくのでしょうか。

 

まずは二の腕を細くする仕組みを考える前に、emsがどんなものなのか知っておく必要があると言えます。

 

 

 emsで筋肉に指示?

 

そもそもemsはどんなものなのかご存知でしょうか?

 

筋肉に電流を送り込むことで筋肉に「電流による刺激を受けている」と意識させ、筋肉を収縮を促進させる事により、二の腕を細くする効果が期待できる器具です。

 

一昔前までは身体を奥の方にある筋肉、つまりインナーマッスルには効果がないとされていました。

 

しかし最近のものはしっかりとインナーマッスルを鍛えることが出来るようになったため、より効果的に筋肉をつけるのに適しているとされています。

 

 

 emsで二の腕が細くなる?

 

emsで二の腕を細くする仕組みについてはどうなのでしょうか。

 

特に運動をすることもなくただ電気刺激を与えるだけで二の腕を細くできるのならこんなに楽な方法はないと言えますが、何故細くなると言われているのでしょう。

 

私たち人間は、身体を動かし鍛えることによって筋肉をつけたり痩せたりする効果が期待できます。

 

そのためにはただ運動しているだけでは意味がなく、筋肉を動かすためには脳から指令が送られてこないと筋肉が動かないとされています。

 

 

emsは、それを脳からではなく機械で電気の刺激を送ることにより二の腕の筋肉にその指令を伝えていきます。

 

結果的に筋肉が動かされて本来筋トレや運動をしたような時のように二の腕を細くすることが出来るとされているのです。

 

この機械による効果は、本来二の腕を細くするために行わなければならない筋トレと有酸素運動を同時に行う効果が期待できるとされており、自宅に居ながら二の腕を細くするには非常に簡単な方法と言えるのです。

 

ただ、この器具を使って二の腕を細くすることと、実際に筋トレや有酸素運動をして細くするのにどんな違いがあるのか気になるところですよね。

 

結果的には大きな違いはないとされており、普通の運動をemsによる運動では脳からの指令なのか電気による指令なのかという経路の違いはあっても、基本的には運動もemsもほぼ変わらない効果が期待できると考えて良いと思われます。

 

 

 

電気を流すのって危険でないの?

 

 

気になるのは、二の腕を始め体に電気を通すのが危険がないのかということだと思われます。

 

電気を通すことで何か副作用があるのだと問題と言えますが、emsから送られてくる電気に感電して死ぬようなことはほぼないと考えて良いでしょう。

 

人間の体には、もともと微弱な電流が流れています。

 

二の腕を細くしたり腹筋を付ける以外にもけがをした場合のリハビリやシェイプアップはもちろんの事。

 

脳卒中などによって自分の意思では筋肉を動かせない人の筋肉が衰えないようにするために使用するなど、医療の現場でも使用されることがありますので、安全性は確かなものと考えて良いと思われます。

 

また、当然のことですが二の腕以外にもお腹や太ももなどに当てることで同じように筋トレや有酸素運動した時の効果が得られて筋肉が鍛えられます。

 

二の腕だけでなくお腹や太ももも痩せたい人にはそちらにもあててみると全身のシェイプアップにつながり理想的なプロポーションを手に入れることも可能なのではないでしょうか。

 

もちろん、効果の出方には個人差がありなかなか効果が得られない人もいるとされていますが、全く何もやらないよりは確実に効果が出るとされています。

 

今までどんなダイエットや筋トレをしても二の腕が細くできなかったという人にこそ使用して欲しい器具だと言えるでしょう。

 

ただし胸や喉ぼとけ等の特定の場所は、健康上emsを使う事はNGとなっているので、扱う時はきちんと取扱説明書を熟読してから使うようにしましょう。

 

 

 

emsの効果的な使い方

 

今度はemsの効果的な使い方について考えてみましょう。

 

せっかく使用するのであれば効果的に使いたいと考えるのは当然ですが、どのように使ったら効果的に二の腕を細くすることが出来るのでしょうか。

 

 

 当てる位置がポイント

 

 

まず、二の腕の筋肉がどこにあるのかを把握して、当てる位置に気を付けて当てていくのが基本と言えます。

 

メーカーなどによって一日の使用時間や当て方や、効果的な使い方などが少し異なることもありますので、自分の持っている器具のメーカーの説明書をよく読んで使用していくのが望ましいでしょう。

 

初めて使用する場合には、いきなり電流の出力を高くしてしまうと二の腕に負担がかかってしまうことがありますので、初めて装着する場合には少し弱めの出力にして、慣れてきたら徐々に強くして見るのが効果的な使い方と言えます。

 

二の腕を温めたり温熱パッドを使用しながら当てると、血行が良くなってより高い効果が期待できるかもしれませんので、温めてからemsを使用してみるのが良いと言えます。

 

 

 

効果があるのか調べる方法は?

 

その他に気になることとして、emsを使用していて本当に効果が期待できるのかどこで把握すれば良いのかわからないという人も多いと思われます。

 

本当に効果があるのか判断するポイントとしては、使用した後に筋肉痛があるのかないのかで判断していくのが良いとされています。

 

 

なぜなら、筋肉痛が起こるのは筋繊維が運動によって破壊された状態であるからです。

 

筋繊維は、筋トレなどによって破壊された後に数日すると回復していきますが、その回復した後には筋力がアップしている証拠となるのです。

 

つまり、emsを二の腕に使用していて筋肉痛が起こっているなら、十分二の腕に刺激が伝わっており効果が期待できる状態という事が言えます。

 

ただし筋肉痛になるのは、久しぶりの運動である場合に限ります。

 

人の身体は「慣れ」によって筋肉痛が起きなくなっていきますので、運動を普段からしていない人に限ります。

 

逆にいつになっても筋肉痛にならないという場合には、当てる位置や装着の仕方が間違っている可能性もあります。

 

どんなに二の腕痩せ効果が高いとされている器具であっても、間違った方法で装着していては無意味です。

 

せっかく使用しているのに効果が半減してしまっていては付けていても仕方ないと言えますので、確実に効果が期待できるようにしっかりと正しい位置に当てるように心がけるのが良いと言えます。

 

 

 

emsの効果を半減させてしまうやってはいけない事

 

 

emsは効果的に使用することで有酸素運動や筋トレをしなくても効果的に二の腕を細くすることが出来る画期的な仕組みと言えるかもしれません。

 

逆に使い方を間違ってしまうとemsの効果を半減させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

では、実際にどんな方法で使用したらemsの効果を半減させてしまうことにつながってしまうのでしょうか。

 

また、emsの装着する時にやってはいけないこととしては、どんなことが考えられるのでしょうか。

 

 

 回数をこなしても意味がない?

 

良くある間違いとして、早く結果を出したいから、あるいは効果的に細くしたいからと言って同じ部分に何度も装着していたり、装着時間を超えてたくさん装着していることで早く細くなるのではないかと勘違いしている人はいます。

 

実はその方法は好ましくないと言えます。

 

言ってみれば、emsの効果を半減させてしまうやり方と言えますのでやらないようにするのが望ましいでしょう。

 

前述した通り、emsは筋肉に電気を流すことによって刺激を与えて、筋肉の収縮を促進することで筋肉を鍛えて、結果的に気になる部分を部分痩せさせてくれる器具とされています。

 

どのような効果になるのかというと、電流を流して筋肉を収縮させ、筋繊維を破壊させていきます。

 

その筋繊維の破壊が回復することによって筋肉が鍛えられ、結果的に二の腕を細くすることが出来るとされています。

 

しかし、連日同じ部位のに装着してしまうことで、十分な休養で筋繊維を回復させる事が出来ません。

 

それによって、二の腕を細くできるどころか怪我をしてしまうことにもつながりかねませんので、必ず使用法を守って正しく使用していくことをおすすめします。

 

 

 無理なemsも逆効果

 

また、筋肉痛は回復したもののどうしても二の腕がつらい、筋肉痛が完全に回復していない、あるいは体調がすぐれないときには無理に装着せずに休むようにしましょう。

 

そんなに頑張って装着したところで効果が早く出るというわけではありませんので、怪我をするなど余計な心配をしないようにするためにも、無理をするのは絶対に避けた方が良いと言えます。

 

では、二の腕の筋肉痛が回復する間、その分どうすれば良いのか気になるところです。

 

その場合には、他の気になる部位に装着することで全身も鍛えられ、基礎代謝が上がることにつながると言えます。

 

最初に二の腕に装着して筋繊維の破壊の回復を待っている間に太ももやおなかなどに装着すれば、効果的に筋肉に刺激を与えることによって脂肪燃焼の効果も高くなると言えます。

 

 

 

効果的な二の腕の脂肪のとり方

 

 

できることなら早く二の腕の脂肪をなくしたいと考えている人にとっては、効率よく細くしたいと思うのではないでしょうか。

 

では、自宅で出来るemsと行うことでより早く二の腕の脂肪を取って細くさせるのにはどんな方法が効果的なの考えてみることにします。

 

時間をかけてemsで二の腕を細くしていくのも良いですが、なるべく早く結果を出したいと考えている人も多いはずです。

 

そこで、自宅で出来るemsをやりながら、更にできるだけ二の腕を早く細くしたいのであれば、食事と運動をセットでやるのが最も早く二の腕を細くするのに効果的と言えます。

 

 

 食事内容を意識しましょう

 

食事についてですがemsを使用した後は筋トレなどをしたことと同じですので、筋肉の栄養となるたんぱく質を多くとるように心がけるのが良いでしょう。

 

ついおなかが空いてご飯やパンなどの炭水化物を取りたくなるところですが、脂身の少ないささみやチーズなどの乳製品を食べるようにするのがおすすめです。

 

 

当然ですが、摂取カロリーと消費カロリーを意識することも大切と言えます。

 

消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多ければ、いくらemsを使用していたところでいつまで経っても二の腕を細くすることはできないと言えます。

 

高タンパク、低カロリーな食事をするように意識していくことをおすすめします。

 

 

 有酸素運動で効果UP?

 

 

運動に関しては、emsを使用した効果と同じ効果が期待できる有酸素運動や筋トレをすると、より早く二の腕を細くする効果が期待できると言えます。

 

emsとセットで行うことによって数倍の効果が期待できることになりますので、普通に考えてもより早く二の腕を細くできることにつながる場合もあります。

 

 

 二の腕以外にもemsをすると効果?

 

emsとセットで運動をした方がいい理由は、他にもあるとされていますが、その理由を知っていますか。

 

二の腕を細くしたいと思うのであれば基礎代謝を高くするとより効果的に二の腕を細くすることが出来ると言えます。

 

基礎代謝が高い人ほど筋肉がエネルギーを消費して脂肪を燃焼させやすくしてくれます。

 

二の腕の筋肉以外の部分にもemsを当てるようにして体全体の基礎代謝を高くしていけば二の腕を細くする効果もよりアップすると言えるでしょう。

 

二の腕は体の中でも脂肪が落ちにくく、部分痩せをするのに最も苦労する場所とされています。

 

emsと運動、食事などで効果的に細くすることが出来るかもしれませんので、今度こそ本気で二の腕を細くして露出させたいと考えている人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ

 

「二の腕をemsで引き締めて細くしたい!効果的にスリムにする方法」いかがでしたか。

 

二の腕だけを細くするのは、本当に難しいと思います。

 

そんな二の腕をスマートにしていくemsなら、効果的にサポートしてくれます。

 

emsは二の腕だけでなく、気になる部分に使う事が出来るのでシェイプアップに試してみてはいかがでしょうか?

 

 

-ダイエット
-,