美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

化粧水の正しい使い方と選び方は?ハンドプレスや叩くのはNG?

2018/05/03

 

 

スキンケアの基本が化粧水をつける事。

 

でも実際に注目されるのは乳液だったり美容液だったりと、意外と化粧水って意識されていない方もいるのではないでしょうか。

 

乳液や美容液は自分に合ったものを、とことん考えて選んではいるものの化粧水に関しては後回しにしている女性も少なくありません。

 

そんな化粧水ですが、スキンケアにはとても大切で使い方によって効果が大きく変わっていくのをご存知でしょうか。

 

今回は化粧水について、詳しくまとめてみました。

 

この記事を読んだ後は、化粧水の考え方や選び方、そして使い方を意識されるとおもいますので、参考にしてみてください。

 

 

化粧水の役割

 

 

顔を洗った後は、何も考えずに化粧水を使っているという方も多くいるでしょう。

 

当たり前のように使っている方も多い化粧水には、使うことによってどのような役割を担っているのでしょうか。

 

使う意味や使い方を把握することで、ベストな形で化粧水を利用することにつながります。

 

 

 水を付けても水分補給できない

 

 

化粧水における1番の役割は、肌に水分を補給することです。

 

洗顔は水を使っているのだから、肌に水分が補給できると考えている方もいるかもしれません。

 

ですが実際には、顔を洗うことで肌から水分が失われています。

 

水は肌の表面を濡らすことはできても、肌の内部まで水分の浸透をさせることはできません。

 

そこで肌の内部まで潤いを保てるようにするために、化粧水を使っているのです。

 

では化粧水が肌の水分補給を担う背景には、どのようなポイントがあげられるのでしょうか。

 

 

 化粧水は水分だから意味がない?

 

 

そもそも化粧水は、大半の成分は水です。

 

水だけではなくグリセリンやエタノールや複数の保湿成分を加えることで、大半の成分が水でも保水力が期待できます。

 

水だけだと肌に浸透しない理由が、肌には油分が含まれているためです。

 

油分が水分をはじいてしまうため、水が肌に浸透することはありません。

 

そこで化粧水は、肌に水分が浸透しやすくなる成分を加えて作られています。

 

実際に化粧水を利用するとき、どのような成分が含まれているのか気にしないという方も多くいるでしょう。

 

ですが使っている商品によって、配合されている美容成分などの点に違いが見られます。

 

自分の肌のことを考えて選びたい場合には、どのような成分が含まれているのか確認したうえで購入することも大切です。

 

 

 化粧水は内側を保水

 

化粧水の役割が最大限に発揮できるようにするためにも、自分が必要な商品を選ぶことも必要です。

 

保湿をしっかりと行いたいと思っている場合には、化粧水だけだと無理があることも把握しておきましょう。

 

化粧水の役割は、あくまで肌の内部の失われた水分を補うことです。

 

ですが水分を補うことと、補給した水分を保持するのは別の話です。

 

肌の水分を保ちたいと考えている場合であれば、化粧水に加えて乳液などを利用するようにしましょう。

 

 

人によっては化粧水と乳液の役割は変わらないと考えている方もいます。

 

ですが役割は同じというわけではなく、化粧水と乳液の間には異なる役割が存在しています。

 

それぞれがどのような役割を担っているのか把握することで、自分が必要なものを使ってスキンケアを行うことにつながります。

 

 

 

その使い方間違えていませんか?

 

 

化粧水を使っているものの、思うように肌の水分補給ができないと感じている方も多くいるかもしれません。

 

そのように悩む方の理由の1つが、間違った化粧水の使い方にあるケースも見られます。

 

化粧水はどのように使っても、効果はあまり変わらないと考えている方もいるでしょう。

 

実際にはそのようなことはなく、使い方1つで効果が大きく変わってきます。

 

そのため正しい使い方を把握して、化粧水の高い効果が得られるようにしましょう。

 

 

 

ハンドプレスの正しい方法

 

 

化粧水を使うときに、肌なじみをよくすることを目的としてハンドプレスを行っている方も多くいます。

 

しかしハンドプレスを行っても、やり方次第では効果が低くなってしまうので注意が必要です。

 

正しいやり方を把握することで、肌なじみをより良くすることにつながります。

 

 

 顔につける前にする事

 

実際にハンドプレスを行うときには、最初に手のひらに化粧水をのせます。

 

 

このとき冬場だと化粧水が冷えているため、冷えている常温ではなく少し温めてから肌につけるのがポイントです。

 

温めるといっても、手のひらと指で軽く温める程度で問題ありません。

 

そして実際につけるときには、顔全体にまんべんなくつけるようにしましょう。

 

 

 プレスの仕方

 

 

ハンドプレスというつけ方では、化粧水を顔につけてからが大事な作業です。

 

化粧水をつけた後に手のひら全体で顔を覆い、肌になじむように軽くプレスしていきます。

 

押し込むようにすることによって、化粧水を肌になじませることにつながります。

 

このとき注意しなければいけないのが、プレス加減です。

 

強い力で押し込む必要はないので、肌に化粧水が隙間なく密着するように行いましょう。

 

 

 化粧水の重ねプレス

 

 

またプレスして化粧水を肌になじませる場合、1回だけではなく重ね付けをするのも1つの手です。

 

重ね付けをすることで、より高く肌に水分を補うことにつながります。

 

しかし必要以上に化粧水を使いすぎる事は、肌にダメージを与えてしまうかもしれません。

 

実際に重ね付けを行う場合であれば、適量を把握したうえで実践することを忘れないようにしましょう。

 

また重ね付けは、化粧水をつける間隔に注意することも大切です。

 

1度化粧水をつけたら、1分ほど時間を空けます。

 

1分ほど時間を置くことで、最初につけた化粧水が肌に浸透するまでの時間を確保できます。

 

少し待つか待たないかで、ハンドプレスや重ね付けの効果が変わってくるという点を把握しておきましょう。

 

正しい使い方をすることで、化粧水の効果を最大限に発揮させることにつながります。

 

 

 

化粧水の選び方

 

 

化粧水を選ぶとき、安ければどれでもいいと考えている方も多くいます。

 

ですが値段だけで選んでしまうと、購入してから後悔するかもしれません。

 

後悔しないようにするためにも、どのような基準で化粧水を選んだらいいのか把握しておきましょう。

 

 

 乾燥肌の化粧水選び

 

乾燥肌の方は、肌が乾燥しやすいので注意が必要です。

 

乾燥肌の場合には、美容成分ではなく保湿力を考慮することも忘れてはいけません。

 

きれいな肌を目指すために、美容成分が含まれているものを選びたいと考える方も多くいるでしょう。

 

ですが乾燥肌という状態だからこそ、肌の保湿を優先して選ぶことが大切です。

 

 

 自分の肌質を理解していますか?

 

 

実際に化粧水を選ぶときのポイントになるのが、自分の肌質に合っているのかという点です。

 

肌との相性が悪いと、肌のために化粧水を使っているのにも関わらず肌トラブルが起きるかもしれません。

 

トラブルを防ぎきれいな肌を目指すためにも、自分との相性を考えたうえで購入する商品を選ぶようにしましょう。

 

自分に合った化粧水を選ぶためには、自分の肌質について考えることが大切です。

 

普通肌や敏感肌などの肌のタイプがありますが、自分のタイプを把握しなければ自分に合ったものを選ぶことはできません。

 

普通肌の方の場合であれば、自分の好みに合わせて好きな化粧水を選んでも問題ありません。

 

一方で敏感肌なら、肌荒れなどのトラブルにつながりやすいので注意が必要です。

 

特に敏感肌の方は、使う化粧水の種類によって赤みやかゆみなどの問題を抱えやすくなります。

 

化粧水を使うだけでかゆくなっていたら、肌に水分を補うどころではありません。

 

そこで天然成分を使っている化粧水を選ぶなど、肌トラブルを最小限に抑えられるようにすることが大切です。

 

 

 

肌質がわからない場合は?

 

敏感肌だと、実際に商品を試してから購入したいと考える方も多くいるでしょう。

 

例えば通販で化粧水を購入することで、最初はお試し価格で使ってみることも可能です。

 

肌に合わない場合には返金制度を用意していることもあるため、心配な方は返金制度を確認してみるのも1つの手です。

 

お店で化粧水を購入するときには、パッチテストを行ってもらうこともできます。

 

パッチテストを行ってもらうことで、自分の肌質に合う化粧水なのか確かめられます。

 

高い値段の化粧水だとしても、高い効果が期待できるとは限りません。

 

値段だけで選んで効果が得られないと、購入したことを後悔しやすくなります。

 

後悔せずにすむように、自分に合った化粧水を探しましょう。

 

 

 

コットンと手のひらどちらがオススメ?

 

 

化粧水をつけるときに、コットンと手のひらのどちらがいいのか迷っている方も多くいるでしょう。

 

2つのつけ方には、それぞれメリットとデメリットが存在しています。

 

肌のことを考えると手のひらのほうがオススメという考え方もありますが、個人の状況によってコットンのほうが向いていることもあります。

 

そのため手のひらとコットンの特徴を踏まえたうえで、自分に合った化粧水のつけ方を考えていきましょう。

 

 

 手のひらで化粧水

 

 

例えば手のひらで化粧水を使うメリットの1つが、化粧水を体温くらいまで温められるという点です。

 

化粧水は人肌くらいの温度に温めたほうが、肌への浸透率が高くなります。

 

また手のひらなら、肌の状態を自分で確認しながらつけることにつながります。

 

またコットンを使うよりも、手のひらでつけたほうが肌へのダメージを抑えられます。

 

摩擦などで肌にダメージを与えることもあるため、刺激を最小限に抑えて化粧水をつけることも大切です。

 

ほかにも手のひらで化粧水を使う利点には、無駄が少ないという点があげられます。

 

コットンで化粧水をつける場合には、コットンにしみ込んだ分が無駄になってしまいます。

 

手のひらでつければ無駄が最小限に抑えられるため、経済的だというのもポイントの1つです。

 

コットンは購入するだけでもお金がかかるという点を把握しておきましょう。

 

しかし手のひらで化粧水をつけるときには、手の衛生状況に注意が必要です。

 

汚れている状態で化粧水を使うと、肌に雑菌がついてしまう可能性もあります。

 

肌トラブルを防ぐためにも、手を清潔にしてから化粧水を使うことが大切です。

 

 

 コットンを使うメリット

 

 

一方でコットンを使う最大のメリットは、清潔な状態で肌に化粧水をつけられるという点です。

 

常に新しいコットンを使うことで、きれいな状態で肌のケアができます。

 

またコットンを使えば、肌全体にムラなく化粧水を使えるというメリットがあげられます。

 

人によっては、化粧水を手のひらにのせるとこぼしてしまうということもあるでしょう。

 

コットンにしみこませてから化粧水をつけることで、こぼすリスクを下げられます。

 

一方でコットンを使うデメリットの1つに、肌にダメージを与える可能性があることです。

 

肌を強くたたくもしくはこすってしまうと、肌に刺激を与えるかもしれません。

 

肌荒れなどのトラブルを防ぐためにも、優しくコットンを使うことが大切です。

 

また質の悪いコットンだと肌荒れの原因になるので、使うコットンの品質にも注意しましょう。

 

 

 

化粧水の効果的な使い方や特長

 

 

化粧水は使えばいいというものではなく、正しい使い方をすることが必要不可欠です。

 

使い方によっては肌にダメージを与えることもあるので、効果的な方法で使用することが大切です。

 

まず押さえておきたいポイントとなるのが、化粧水はどのような役割を担っているのかという点です。

 

 

 化粧水で保湿はできない?

 

 

化粧水の役割を把握していなければ、効果的に使うことはできません。

 

人によっては化粧水を使うだけで、肌の保湿が完了すると思っている方もいます。

 

ですが化粧水の役割というのは、あくまで保水であって保湿ではありません。

 

保水と保湿の両方を行いたいと考えている場合であれば、化粧水だけではなく乳液を利用するなどの工夫も必要です。

 

また化粧水のつけ方には、ハンドプレスなどの方法が存在しています。

 

ハンドプレスを行えば問題ないと思っている方もいますが、方法次第では肌にダメージを与えることもあります。

 

無駄なく化粧水を肌につけるためにも、ハンドプレスの正しいやり方を把握することが大切です。

 

 

 

化粧水でたたく事は?

 

化粧水を肌につけるとき、たたきつけるように使う方も多くいます。

 

ですが肌をたたきつけるもしくはこすると、ダメージを蓄積することに繋がっていきます。

 

肌へのダメージを最小限に抑えるためには、優しく肌に化粧水が浸透するようにすることが大切です。

 

ダメージを与えずに化粧水を使うために、手のひらかコットンのどちらで化粧水をつけるか決めましょう。

 

 

 

化粧水はきちんと選ぶ

 

 

化粧水を使うときのポイントとして、自分に合った商品選びがあげられます。

 

ドラッグストアなどへ行くと、市販されている化粧水の種類が多くあることがわかります。

 

数多くある中から、自分に合った化粧水を選ぶことは簡単なことではありません。

 

そこで自分の肌質を考慮して、自分に合った化粧水を選ぶようにしましょう。

 

肌質には普通肌のほかに、敏感肌や乾燥肌などの選択肢があげられます。

 

肌の状態によって、化粧水の成分を考慮して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

たかが化粧水と思う方もいるかもしれません。

 

しかし化粧品選びや使い方など1つ1つのポイントをおろそかにすると、肌に悪影響を与えることもあります。

 

肌をより良い状態に保つためには、どうしたら化粧水を効果的に使えるのか考えるようにしましょう。

 

化粧水をたたいて肌につけないなどのポイントも合わせて注意することで、より良い形で化粧水を使うことにつながります。

 

また1つの化粧水を使い続けるだけではなく、肌の状態に合わせて使い方を見直すことも大切です。

 

 

 

まとめ

 

「化粧水の正しい使い方と選び方は?ハンドプレスや叩くのはNG?」いかがでしたか。

 

化粧水は美容液や乳液を使う前に必要な、お肌の内部の保水を行います。

 

沢山の種類の化粧水が販売されていますが、なんでもいいのではなく自分にあた化粧水を見つけましょう。

 

トライアルセットや返品、返金ができる化粧水もあるので、一度試してみるのがオススメです。

 

正しい化粧水を使う事で、美容液や乳液の効果を最大限に引き出すことができるのです。

 

-
-