美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

身だしなみ

恥ずかしい女性の水虫|彼氏に見つからずにすむ方法は?

 

「恥ずかしい女性の水虫|彼氏に見つからずにすむ方法は?」

 

 

水虫は男性だけの問題ではありません。

 

でも男性に水虫が多いという話は、ただ単に女性が水虫であることを隠している事がほとんどだからです。

 

このサイトに来られたのなら、もしかしたら自分が水虫?と思っている女性かもしれません。

 

女性が水虫になったら、人には恥ずかしくて言えません。

 

ましてや彼氏が欲しい女性にとって、水虫であることは致命傷とも言えます。

 

そんな女性の水虫。

 

原因や予防方法、そして見つからないで済む方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

女性が水虫になってしまう原因

 

 

Q「女性が水虫になりやすい原因は?」

A「男性にはない女性特有のファッションなどの原因が考えられます」

 

 

水虫と言えば中年男性に多い病気と言うイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実際には女性の3割以上もしくは同等程度の方が水虫で悩んでいると言う報告もあります。

 

男性だけではなく女性にも蔓延している病気ということがわかるのですが、あまり表面化してこないのは水虫に掛かるというのは恥ずかしい印象も強いので、医者に掛かることを避けている場合があるからです。

 

なぜ女性でもこのように大多数の方が水虫に感染するかというと、ファッションに原因が隠されています。

 

 

 ファッション

 

女性の場合では通気性の良いスニーカーではなく、ブーツやヒールを着用するケースも多いですが、こう言ったシューズは蒸れやすいという点でリスクがあります。

 

加えて女性ではストッキングの着用は日常的なことですが、これも蒸れの原因と考えられます。

 

こう言った原因から蒸れが生じ、水虫菌の繁殖に適した状態が続くと感染して痒みなどの症状になってしまいます。

 

水虫の原因菌は白癬菌と呼ばれるカビの一種で湿気を好み、割りとどこにでも居るものですが、繁殖環境が整うことで過剰に増えてしまい、足の皮膚を侵食してしまうと言うわけです。

 

感染経路は直接肌が触れる他にも、絨毯やマットからも感染することがあります。

 

 

 

しつこい白癬菌

 

 

Q「水虫はどのくらいの期間で完治できるの?」

A「水虫は個人差があるものの、角質の奥で繁殖するので長期間かかる事もあります」

 

 

水虫を引き起こす原因となるのは白癬菌で、この菌は水虫以外にも色々な病気を引き起こすことで有名です。

 

足で発症した場合には足白癬となり、通称は水虫と呼ばれます。

 

他には頭や手足で発症するたむしであったり、爪に繁殖してしまう爪水虫を引き起こすこともあります。

 

身体の幅広い部位に感染してしまう菌で、どこに感染したかで病名が変わることとなります。

 

 

完全に治さないと後悔する

 

白癬菌は皮膚を侵食して角質の奥に潜り込んだりする厄介な病原菌で、そのしつこさは並ではありません。

 

水虫が治りにくく再発しやすいとされるのは、この菌の異様な粘り強さにあります。

 

外用薬の届きにくいところに隠れこんでしまう上に増殖力が強いので、治ったと思って油断すると再発してしまうことも多々あります。

 

少しでも残っていれば再び増殖をはじめることが出来るので、何時までも治ったり再発したりを繰り返してしまうと言うケースもしばしばです。

 

この増殖力の強さは相当なもので、人間の皮膚が生成されるスピードを上回るために、放置しておくと自然に治るどころか、悪化する一途となってしまうでしょう。

 

悪化するほどに状況が悪くなり治療も長引いてしまうので、異変に気づいたらすぐに処置を開始したい菌と言えます。

 

 

 

水虫になったら

 

Q「水虫なるとどうなるの?」

A「痒みが出たり、ボロボロになったり、酷くなるとグジュグジュになったりします」

 

 

水虫は初期症状では皮膚がぼろぼろになったりするケースはないです。

 

まずは痒みやムズムズから始まることが一般的ですので、なかなか痒みが治まらない時には既に感染して進行が始まっていると考えましょう。

 

痒みやムズムズは白癬菌や菌が分解して発生する物質に身体が反応し、このような症状が出ると考えられています。

 

感染している間は痒みが続き、どんどん強くなってくるケースも多いのですが、ここで掻きむしってしまうと危険ですので注意しましょう。

 

痒みの原因は既に神経に達していますし、水虫に感染している以上は自然には解消できません。

 

かなりのストレスやイライラは貯まるかもしれませんが、無理に掻いて皮膚が破れたりすると一気に悪化してしまいます。

 

出血する場合もあるので、出来るだけそっとしておくようにしましょう。

 

とは言っても自然に放置していても痒みは治まりませんし症状は進みます。

 

進行につれてやがて小さな水疱が出来てきたり、皮膚がボロボロと崩れ始めることも多いです。

 

最終的には水ぶくれが破けたりしてジュクジュクになってしまいます。

 

この時にも強い痒みを伴いますが、皮膚の状態が悪いので掻きむしることも出来ず、かなりつらい状況になってしまうでしょう。

 

 

 

水虫薬で治せばいい?

 

Q「水虫の市販薬は?」

A「市販薬は効き目が強かったりする場合もあるので、選ぶときは注意しましょう」

 

 

水虫になってしまった時には水虫薬で治療を考える方も多いかと思いますが、安易に考えるのは避けたほうが良いでしょう。

 

水虫のように見ても別の病気と言うこともありますし、強力な水虫薬のダメージも心配です。

 

もしも水虫ではない病気なのに効き目の強い水虫薬を使って皮膚にダメージが及んでしまうと、悪化してしまう危険性もあるでしょう。

 

水虫だとしてもやはり、薬品性で肌にダメージが加われば、そこから白癬菌が入り繁殖しやすいと考えられます。

 

こう言ったリスクもありますから、治療方法はしっかりと選んで治療を始めていくことが大切です。

 

 

 悪化していくと

 

水虫の治療では基本的に外用薬を用いるのが一般的ですが、悪化してくると、治りにくくなり内服薬を組み合わせることもあります。

 

進行程度に合わせて治療方法を考えていくことが大切なポイントの一つと言えるでしょう。

 

しつこくて繁殖力も強いために外用薬では中々治らず、継続して内服薬を飲む必要がある場合もしばしばです。

 

外用薬は市販でも入手できますが、内服薬は医療機関を受診して処方してもらう必要であります。

 

手軽さでは外用薬が優れており、自宅でも治療を始めやすいですが、やはりリスクがありますから慎重に考えていくことが大切でしょう。

 

水虫を治すことを考えた場合、水虫だと思ったら早めの対処が肝心になってきます。

 

 

 

女性が水虫にならないための予防方法

 

 

Q「女性の水虫予防対策ってあるの?」

A「女性も男性も予防方法は一緒で、基本は清潔にする事」

 

 

水虫にならないためには白癬菌に接触しないように気をつけることと、増殖しないように清潔さを保つことが重要です。

 

二重に防御することで菌が付着するのを防ぎ、もし菌が付着しても増やさないことで水虫になってしまうリスクを低減できます。

 

白癬菌は目には見えないものですから、絶対に接触しないと言うことは難しいかもしれません。

 

ですので接触しそうなリスクを防いでいくことがまずは大切です。

 

家族に水虫の方が居る場合には、お風呂場マットなどで感染する危険性が高いので共有を避け、きっちりと治療してもらうことが大切です。

 

職場の仲間や友人と遊びに行く時にも、相手が水虫を持っていたら気をつけたほうが良いでしょう。

 

もし軽く接触してしまった場合でも、菌が深くに入り込むまでには時間がありますから、しっかりと石鹸で洗うことで感染を予防できます。

 

ただし、職場の同僚や知人が水虫かどうかなんてほとんどわかりません。

 

基本的には、帰宅したらうがいも大切ですが手を洗いお風呂に入りましょう。

 

表皮に付着しているだけならば消毒アルコールでも殺菌できますが、肌荒れの原因にもなるので、石鹸で洗う方が好ましいと考えられています。

 

 

 服装にも工夫を

 

清潔を保つためには蒸れにくい服装を選ぶことが大切です。

 

加えて毎日同じ靴を履いてしまうと、汚れや湿気がたまる原因にもなるのでローテーションするように心がけましょう。

 

お風呂の際には肌に優しい石鹸で、毎日しっかりと汚れを落とすことは欠かせません。

 

 

 

水虫を長引かせていると!

 

 

Q「水虫をそのままにしておいたらどうなるの?」

A「足の裏だけでなく、色々な部分に感染する可能性があるので注意が必要です」

 

 

自分は水虫になっているのに、色々な理由から治療しないでいると爪に感染してしまう事もあります。

 

爪と言っても足の爪だけではなく、手の爪にも感染してしまう場合もあります。

 

女性ならネイルアートをすることもありますよね。

 

しかし水虫が爪に感染すると、爪が白く濁ってしまったり、形が変形したり、時にはボロボロの状態になってしまい、ネイルアートが出来にくくなります。

 

また普通の水虫とは違い、爪の中で増殖するので塗布する方法では、なかなかケア出来ません。

 

爪に水虫ができる事を「爪水虫」といい、この状態になる前にケアすることがとても重要になってきます。

 

 

 

周りにも迷惑?

 

Q「水虫は感染するって本当?」

A「人に感染するので、家族がいる方は要注意です」

 

 

水虫は人に感染していきます。

 

もし自分が水虫に感染したと思ったら早めに対処することです。

 

室内では靴下を履き、タオルは絶対に自分専用のものにするなど、自分だけではなく周りの方の事を考えるのも重要です。

 

自分の水虫で彼氏も水虫になってしまう可能性もあります。

 

そうなると自分が治っても、彼氏から移される可能性もあり、お互いに治りずらい環境を作ってしまう事もあります。

 

水虫?と思ったら、即行動していきましょう。

 

 

 

水虫になってしまった時の対策

 

ここまでは水虫の予防についてお話してきました。

 

勿論誰でも意識さえすれば簡単にできる事です。

 

もし、毎日手を洗う事さえ難しかったり、体を清潔にすることができないのであれば水虫になってしまうリスクは高くなってしまいます。

 

また、予防方法がわかったけど既に水虫になってしまった女性もいるかも知れません。

 

そんな方は予防しながら水虫対策をしていきましょう。

 

 

 

皮膚科で治療を考えるなら

 

 

「皮膚科での治療にも抵抗がある・・」

 

 

水虫になってしまったら、皮膚科で治療することが一番です。

 

顕微鏡検査で、水虫かどうかを判断してもらうところから始まります。

 

水虫は短期間での完治が難しく、数ヶ月は通院すると考えておきましょう。

 

また塗り薬を使う場合は、半年くらい塗る必要がある場合もあります。

 

よくある話が通院していて治ったのに、また再発してしまう事です。

 

これは水虫の治療方法が悪いのではなく、勝手に治ったと思い込んでしまい、薬の塗布や服用を辞めてしまう事です。

 

それだけ水虫は皮膚科での治療でも、簡単に治せないことを覚えておきましょう。

 

そして治療してもらう時は、自己判断で治ったと解釈することにも気を付けましょう。

 

 

 皮膚科に行けない

 

皮膚科で治療してもらい事が一番と伝えましたが、それでも色々な理由で行けない女性も多いかと思います。

 

仕事の事情であったり、診察日と休日が合わなかったり。

 

また水虫であることを、医者にでさえ恥ずかしくて言えない女性もいまし、診察室の声って意外と関係ない方にも聞こえてしまう事があります。

 

医者に言えたとしても、薬局で処方してもらう時に、何か聞かれないか不安になる事もあります。

 

恥ずかしく思ってしまう女性に水虫対策として、他の方法をご紹介していきます。

 

 

 

市販薬を使う

 

 

「薬局で市販薬選ぶときに、人に見られたくないな・・」

 

 

水虫対策の市販薬なら薬局で販売されています。

 

皮膚科には行けないけど、薬局なら行けると考えている女性なら1つの選択肢となります。

 

有名なもので言うと「ダマリン」「ブテナロック」です。

 

では、実際に薬局に買いに行くとして何を基準に選ぶのが良いと思いますか?

 

勿論成分の特徴を知ることが肝心です。

 

つまり、薬局にいても色々な水虫対策の市販薬が陳列されているので選ばなければいけません。

 

ここで何も動じない女性なら、市販薬の購入も良いと思いますが、水虫対策のコーナーにいる事さえ恥ずかしく思う女性もいると思います。

 

男性でも恥ずかしく思う事でしょう。

 

また良いと思って購入しても、自分に合わなければ別の商品を購入することになります。

 

つまり皮膚科での治療とは違い、どの薬が自分に合っているかどうかは自分で判断することが難しいという事になります。

 

恥ずかしい思いをして薬局に行って、買っては来たけど効果が無かったなんてなるケースは少なくありません。

 

また市販薬の多くは、皮膚に相当なダメージを与えてしまう事もあります。

 

これは、麻酔薬やアルコール等が含まれている事があるからです。

 

皮膚にダメージを与えてしまう事は、傷になってしまう事もあり、それが原因で菌が繁殖してしまう事もあります。

 

 

 お値段は

 

もし購入するのであれば、お値段が気になるかと思います。

 

1000円~3000円の物が多いのが特徴です。

 

また内容量が10~15gの物が殆ど、つまり完治させたいのであれば1つでは全然足りないという事になります。

 

症状にもよりますが、半年間塗り続けたいのであれば、約6つは購入する覚悟が必要になりますので、場合によっては費用が1万円超える事も考えられます。

 

 

 

見つからないように購入する

 

 

Q「人に知られないで、安心して購入する方法ないかしら・・」

A「通販でしかも返金保証が付いている物もあるので、安心して試すことができます」

 

 

皮膚科にも行きたくない(行けない)、そして薬局での購入に抵抗がある女性のもう1つの選択肢が、通販での購入です。

 

通販なら誰にも見られなというメリットはありますが、市販薬と同じように自分に合わない可能性も考えられます。

 

ただし、商品によっては「全額返金保証」が付いている物もあります。

 

また先ほど市販薬の所でお話しした「ブテナロック」や「ダマリン」も、実は通販で販売はしていますが、残念ながら返金保証は付いていません。

 

当サイトである美肌が.comでオススメのアイテムが「クリアフットヴェール」です。

 

クリアフットベールなら内容量が25g、そして使ってみて満足のいく効果を実感できなかった場合は「全額返金保証」してくれます。

 

皮膚科にも行けない、薬局にも行けない、彼氏や知人に知られたくない女性には、扱いやすい水虫ケアアイテムです。

 

 

 

軽石で水虫対策

 

 

Q「患部を軽石で削ったらダメなの?」

A「状況によっては、感染しやすくしてしまいます」

 

 

水虫になっても軽石で削る事で治るのなら、彼氏にも誰にも知られずにケア出来るので嬉しいですよね。

 

水虫は皮膚に居るということを考えると削るという行為はどうだと思いますか?

 

確かに削ることで水虫を取ることもできるかもしれませんが、完全に取ることは難しいでしょう。

 

更には、皮膚が薄くなった分白癬菌が侵入しやすくなるので悪化する可能性があります。

 

ただし角質が硬い場合は、治療薬が患部にまで浸透しにくい場合もあり、この場合は削る行為を行った方が良い事もあります。

 

 

 

 

ファブリーズは効くのか?

 

 

Q「ファブリーズの99%除菌なら効果あるんじゃない?」

A「ファブリーズの99%はインフルエンザウイルスに対してです」

 

 

水虫は人に感染しますが、感染するパターンの一つが水虫の人が素足で歩いた後に感染していない人が歩いてしまう事です。

 

白癬菌は乾燥には弱いので、素足で歩いて菌が床に付着しても乾燥してしまえば死滅していきます。

 

ただし、垢や角質と一緒に床に落ちた場合は、乾燥しにくくなるので感染してしまう原因になってしまいます。

 

部屋の除菌と言えば「ファブリーズ」と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

ファブリーズの「99%除菌」と言う謳い文句は、みなさんもご存知ではないでしょうか?

 

しかしファブリーズの99%除菌とは、インフルエンザウイルスに対しての除菌であって、白癬菌には99%除菌の効果が期待できません。

 

ただ、ファブリーズのに含まれている「成分塩化ベンザルコニウム」という化成分は、白癬菌に対して殺菌作用があるので、99%ではないのですが効果が期待できます。

 

 

 患部に吹きかけれる?

 

白癬菌に対して効果が期待できるのなら、「直接患部に」と思われるかもしれませんが、絶対にやってはいけません。

 

ファブリーズには「銀イオン系成分」が含まれており、化学物質過敏症を患うリスクがあります。

 

医薬品でもないファブリーズで治療しようとは考えないでくださいね。

 

 

 

まとめ

 

「恥ずかしい女性の水虫|彼氏に見つからずにすむ方法は?」いかがでしたか。

 

女性が水虫になってしまう事は、本当に恥ずかしくて人には言えません。

 

でも、ケアを疎かにしていれば周りの方に迷惑をかけてしまう事になります。

 

また爪水虫になってしまえば、治療がもっと大変になってしまいます。

 

彼氏にも見つからず、返金保証が付いているので安心の「クリアフットベール」でケアしてみましょう。

 

1日も早いケアがとても大切です。

 

全額返金保証付き

クリアフットベール


女性用

 

 

 

 

 

 

 

この記事は個人の意見であり、効果を保証するものではありません。

-身だしなみ
-