美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

育児

ジュンビーピンクゼリーで産み分け失敗?成功率を上げる使い方とは

2017/11/25

 

「ジュンビーピンクゼリーで産み分け失敗?成功率を上げる使い方とは」

 

 

結婚後の生活は皆さんはどのように考えているでしょうか。

 

マイホームや仕事の事、家族の事など・・。

 

旦那さんと結婚して、子供ができ家族が増えてきます。

 

その中でも、こんな子供が欲しいとか、子供には〇〇をさせたいとか、色々考える事もありますよね。

 

人によっては、「女の子が欲しい」とか「男の子が欲しい」とか、女の子なら一緒に買い物も行けるし、育てやすい、大きくなれば同じ女として対等に話し合える。

 

親子で会っても、時には友達にもなり、時には良き理解者にもなります。

 

そう考えると「女の子が欲しい」と願う方もいらっしゃいます。

 

今回ご紹介する「ピンクゼリー」は、女の子が欲しいと考えている方をサポートするゼリーです。

 

「絶対に女の子が産める!」というものではありませんが、確率を上げる環境を作り出していきます。

 

そんなピンクゼリーの事を、色々調べましたので女の子が欲しい方の参考になればと思います。

 

ジュンビーのピンクゼリー公式サイト

 

ピンクゼリーの口コミ

 

「ピンクゼリーに関してのTwitterもありましたので、見ていきましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンクゼリーとは

 

Q「ピンクゼリーってなんなの?」

A「女子を出産したい方のために、産み分けしやすい環境を作るゼリーです♪」

 

 

昔は跡継ぎをと男の子を望む声が多かったのですが、今は断然女の子派の方が多いと言われています。

 

可愛いし、おしゃれな服もいっぱい。

 

病気することも少なく育てやすく、大きくなると離れていってしまう男の子と違って将来的にもずっと仲良しでいられそう。

 

一緒にランチしたり雑貨屋や服屋をめぐったり、旅行に行ったりと夢は広がります。

 

とはいえ、自然な状態であれば男の子が生まれるか女の子が生まれるかは半々くらい。

 

 

女の子が欲しい方に

 

できればもっと女の子が生まれる確率を増やしたいと願う方の女の子産み分け方法がピンクゼリーなのです。

 

ちなみに男の子を望むのであればグリーンゼリーとなります。

 

ゼリーとはいえ、食べるのではありません。

 

これを膣内に入れて使用するのです。

 

そうすることでどのような効果があるのか、使用するタイミングや効果的な使い方など見ていきましょう。

 

とはいえ、これを使ったからといって100パーセント女の子が生まれるというわけではありません。

 

男の子だって、まるで小さな恋人みたいで可愛らしいですし、男の子だからといって病弱である程度大きくなったら乱暴者になってというわけでもなく個人差があります。

 

可能性を高めるために使用するというだけにし、生まれてきたらどちらであっても大切なわが子なのはかわりません。

 

 

 

女の子を生みやすくする条件

 

 

Q「女の子が産まれてくるには?」

A「精子の中にも2種類があって、その1つのX精子が受精することで女の子が産まれてきます♪」

 

 

理科の勉強になりますが、精子にはX精子Y精子とがあり、X精子が受精にこぎつけられた場合に女の子が生まれます。

 

ピンクゼリーはX精子が存在しやすい酸性を人工的に作り出すための道具。

 

少しでもX精子に有利な環境を作り出すことで女の子を生む確率が高まるというわけです。

 

 

酸性の環境を作り出す

 

X精子が酸性に強くてアルカリ性に弱いためピンクゼリーは酸性を作り出すのですが、男の子を生むためにはY精子が受精することが条件に。

 

そのY精子は逆にアルカリ性に強くて酸性に弱いため、グリーンゼリー(男の子産み分用)はアルカリ性の環境を作り出す道具となります。

 

もちろん、このような性質はあるものの個体差はあり、たとえ酸性の膣内でもがんばってX精子よりも早く卵子にたどり着くY精子はあります。

 

そのため100パーセント絶対とは言い切れないのです。

 

とはいえ成功率は80パーセント程度と言われています。

 

使用しなければ50パーセントほどの確率が30パーセントもアップするのですから、もしも女の子が・男の子が生みたいというのであれば使う価値はありますね。

 

もちろん、20パーセントの確率で望んだのとは違う性別が生まれることは知っておいてください。

 

ところで、このピンクゼリー。

 

さまざまな商品がありますが、あなたはどれを選びますか。

 

価格も大事ですが膣内に入れるものだけに安全性にも気を配りたいですね。

 

 

 

海外で製造されている?

 

Q「ピンクゼリーは海外製品が多いって聞くけど?」

A「ジュンビーは国内製造だから、安心して使う事ができます♪」

 

 

実は、ほとんどの産み分けゼリーは海外で製造されているのです。

 

食品や電化製品などどれをとってもやはり安心安全なのは国産のもの。

 

安全性の基準や工場の清潔度などどれをとっても日本は世界の中でナンバーワンと言える品質でしょう。

 

特に、ピンクゼリーと言えば自身の体内に入れて使用するものですし、大切な赤ちゃんを生み出すための道具です。

 

もしも万が一があって母体に影響したり奇形が生まれることになっては大変です。

 

 

安心の国内製造

 

今回ご紹介のジュンビーのピンクゼリーは国内製造のものです。

 

ジュンビーは国内の専門会社なのです。

 

品質の高さ・安全性の高さには定評があり、今もまだ更に高めるためにと日々研究が重ねられているのです。

 

1回分ずつ使い切りとなっており、個別で包装されているため衛生的です

 

容器も中身が劣化しにくいPP素材にこだわっています。

 

湯煎をする必要も無くすぐに使うことができます。

 

滑らかな流線型のフォルムの容器で軽い力でゼリーをすべてしっかりと押し出すことができ、日本人女性が使いやすいようにできているのです。

 

公式ページを見てください。

 

使用されているすべての成分が表示されています。

 

・精製水

・グリセリン

・ヒドロキシエチルセルロース

・乳酸

・クエン酸ナトリウム

・パラオキシ安息香酸メチル

・エデト酸二ナトリウム

・ヒアルロン酸ナトリウム

 

そのどれもが食品や化粧品でも使われるような安全性の高いもの。

 

 

産婦人科との共同開発

 

ただ酸性の環境にするためのピンクゼリーではありません。

 

大切な赤ちゃんを生み出すためにも安心できる製品選びは重要なのです。

 

ジュンビーが産婦人科医と共同開発し、管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリー。

 

また膣に挿入するために考えられた容器は、特許を所得するなど安心して使う事ができるようになっています。

 

ジュンビーのピンクゼリー公式サイト

 

 

 

管理医療機器とは

 

Q「管理医療機器ってなんなの?」

A「厚生労働省が指定した第三者機関の審査を受け承認を得られたものなので、安心できる証拠です♪」

 

 

副作用などの影響で生命や健康に影響を与えるおそれがある医療機器。

薬事法では、製造・販売する場合、厚生労働省が指定した第三者機関の審査を受けて、承認・認証を受ける必要がある。

違反した場合、懲役3年以下か罰金300万円以下が科されることがある。

コトバンクより

 

管理医療機器の認証を受けたジュンビーのピンクゼリーが安心して使う事ができるのがわかります。

 

ちなみにコンドームも中に入れるものなので、「管理医療機器」になります。

 

 

 

ピンクゼリーの使うタイミング

 

 

Q「ピンクゼリーを使うタイミングってあるの?」

A「ポイントとなるのは、膣内が酸性の状態に性行為をする事なので・・詳しく紹介していきます♪」

 

 

X精子とY精子の性質の違いから生まれたピンクゼリー・グリーンゼリー。

 

使うタイミングによっても確率はアップします。

 

女の子を生みたいのであれば、性交は排卵日2日前がベストです。

 

ピンクゼリーは性交の前に注入してください。

 

女性の膣内というのは排卵日を境に酸性度が変わるのです。

 

通常であれば女性の膣内は酸性ですが、排卵日になるとアルカリ性となります。

 

X精子は酸性に強いため、まだ酸性度の強い排卵前のときに行うことで少しでもX精子を生き残らせ、更にはピンクゼリーによって排卵日のときにもできる限りアルカリ性に傾いてしまわないように調整するのです。

 

 

X精子の特徴

 

寿命がたった一日というY精子と違って、X精子は2日から3日は生き残ることができます。

 

排卵日の2日前に性交しても十分排卵日にも元気に生きていられるのです。

 

逆にY精子はどんどん死んで行ってしまいます。

 

Y精子よりも数が少なく動きも遅いX精子ですから、少しでもY精子の数を減らしてX精子がたどり着けるように手助けしてやりましょう。

 

そのためにも、赤ちゃんを望むのであれば基礎体温を付けるようにして、排卵日をきちんと把握しておくことが大事です。

 

不規則な生活を続けていると、基礎体温自体が狂って高温期・低温期をきれいに描けなくなり、そうなると排卵日はもちろん、生理も不規則になってしまいます。

 

 

 

ピンクゼリーの効果的な使い方

 

Q「ピンクゼリーを効果的に使うには?」

A「女の子を産み分けるには、使い方とタイミング、そして男性にも協力してもらう事がオススメです♪」

 

 

タイミングも重要

 

女の子を産み分けしたいというなら性行為自体もやり方を変えてください。

 

実は、女性がオーガズムを感じるとアルカリ性の子宮頚管粘液というのが多く分泌されるのです。

 

その結果、膣内の酸性は中和されてX精子の苦手なアルカリ性に傾くことに。

 

女性が感じすぎないように早めの射精というのが大切なのです。

 

ちなみに、膣内は酸性ですが、子宮内はアルカリ性となっています。

 

膣内でも浅いところに射精し、少しでも得意な酸性の部分を通る時間を延ばしてやるようにしてください。

 

射精の寸前に性行為といった感じです。

 

あっさりとした性行為こそが女の子を生むためのポイントなのです。

 

 

深い部分にピンクゼリー

 

更に酸性部分を伸ばしてやるためにピンクゼリーを活用していきます。

 

膣内の浅いところは何もしなくとも酸性なので、できるかぎり子宮に近い深い部分をピンクゼリーで満たしてやるようがんばってください。

 

あとは、その中をX精子が頑張って進んでいってくれることを願うばかりです。

 

女性側だけではありません。

 

 

男性も用意すること

 

精子全体の中にはY精子の方が多く存在しているのですから、少しでもX精子の比率を上げるためにも、性行為をする前の段階で2日から3日に1回は射精することを心がけ、精液を少しでも薄めておくよう、男性側も頑張りましょう。

 

 

妊娠したい時の体位は?

 

産み分けとは関係ないかもしれませんが、ピンクゼリーを使っても妊娠しなければ意味がありません。

 

妊娠の確立を上げるにはどんな体位が良いと思いますか?

 

一般的には正常位で性行為を行う事で妊娠の確立を上げていけると言われています。

 

ただしこれは「前屈子宮」の場合です。

 

逆に「後屈子宮」の場合は、女性が四つんばいのスタイル「バック」が良いと言われています。

 

ただし、子宮が前に傾いている(前屈子宮)か、後ろに傾いている(後屈子宮)かは産婦人科で調べないとわかりません。

 

5人に1人が「後屈子宮」と言われています。

 

 

性行為が終わった後は

 

性行為が終わると入浴したくなると思いますが、少しでもピンクゼリーがこぼれないようにあまり動かないようにしましょう。

 

動かなくても良いように、性行為前にはトイレを済ましておくこと。

 

また喉が渇いても良いように、お水を用意しておくか、必要な場合は旦那さんに持ってきてもらいましょう。

 

妊娠率を高めるために腰枕を使用している方も多いです。

 

ジュンビーのピンクゼリー公式サイト

 

 

 

食べ物でも産み分けができる?

 

 

Q「食べ物も産み分けに影響してくるの?」

A「確かな根拠がない部分もありますが、食べ物や飲み物によって体の環境変化によって影響される可能性もあります。」

 

 

先ほどから何回かご紹介してきた、女の子を産み分けのポイントが酸性の環境を作り出すことです。

 

女の子を欲しい場合は、男性がアルカリ性の物を女性は酸性の物を食べるのが良いと言われています。

 

女の子を生むために必要なX精子は、酸性を好みます。

 

女性は酸性(PH7以下)の物を食べる事で、体の中を酸性に傾かせることで女の子を授かりやすくすると言った考えだそうです。

 

ちなみに酸性の食品とは、ただ単に味が「すっぱい」から酸性というわけではありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

体表的なもので言えば、肉・魚・卵・乳製品等、なんとなくですが太りやすい食事になりそうです。

 

 

コーヒーは厳禁?

 

コーヒーや緑茶に含まれているカフェインには、男の子を生むために必要なY精子の行動を活発にしていきます。

 

女の子を生むための性行為時は、カフェインの含まれたものを摂ることは控えましょう。

 

また飲みすぎると着床率を下げるともいわれているので、性別関係なく子供が欲しい場合はカフェインを避けるようにしましょう。

 

 

 

ピンクゼリーの使い方

 

Q「ピンクゼリーを挿入するのって難しそう・・」

A「使い方は簡単♪タンポンが挿入できるのなら誰でもできます♪」

 

 

はじめて使う方にとって、ピンクゼリーを膣に挿入することに抵抗があると思います。

 

でも使い方はいたって簡単♪

 

1.まずは手を奇麗に洗って清潔な状態にしておき、包装から容器を取り出していきます。

 

2.先端についているキャップを折るように引き抜きます。

 

3.ピストンを押しやすいように持ち、5cm~8cm程膣に挿入していきます。

 

4.挿入したら容器を固定するみたいにして、ジェルを挿入していきます。
(射精みたいに一気に出てきます)

 

 

 

5.最後に容器をゆっくりと引き抜いて完了です。

 

 

 

 

ピンクゼリーの購入方法

 

Q「ジュンビーのピンクゼリー買いたいんだけど・・」

A「ジュンビーのピンクゼリーは、公式サイトのみでの通販となっています」

 

 

ジュンビーのピンクゼリーは通販限定商品で、公式サイトで購入することができます。

 

今後メルカリ等のフリマショップで販売されるかもしれませんが、安心して使うためにも公式サイトからの購入をオススメします。

 

類似品の可能性もありますので注意しましょう。

 

ピンクゼリー1箱10本入り
14800円(税別)+送料

 

ピンクゼリー10本入り2箱
26600円(税別)+送料無料
葉酸サプリが付いてきます)

 

ピンクゼリー10本入り3箱
38400円(税別)+送料無料
葉酸サプリ2個付いてきます)

 

クレジットカードもしくは代金引換で購入することができます。

 

 

ジュンビーのピンクゼリーは安い?

 

1箱10本入りで1万円、貴方は高いと思いますか?

 

実は産婦人科でもピンクゼリーと同じようなものが販売されていることもあります。

 

ジュンビーのピンクゼリーの場合、1箱セットなら1本あたり1480円になります。

 

これが産婦人科だと1回あたり3000円ほどかかります。

 

ジュンビーのピンクゼリーは産婦人科の半分の値段となります。

 

 

おめでたキャンペーン?

 

ピンクゼリーを使って出産された場合、余ったピンクゼリー(箱単位)で、1箱10000円で買い取ってもらえるキャンペーンです。

 

詰まり2箱セットか3箱セットどちらかを購入した方が、対象となるキャンペーンです。

 

公式サイトから購入いただいた方
(ネットオークション等、公式サイト以外で購入した場合は適用外)

 

2箱セットまたは3箱セットを購入いただいた方

 

日付入りエコー写真をメールでお送りいただける方

 

 

 

他のピンクゼリーとココが違う!

 

Q「他社のピンクゼリーとの違いは?」

A「何といっても、安全性ですね♪」

 

 

ピンクゼリーは他社でも数こそ少ないですが販売されております。

 

という事は「他社のピンクゼリーも同じなの?」と考える方もいらっしゃるかと思います。

 

ジュンビーのピンクゼリーは先ほどもご紹介したように「管理医療機器」に認証されています。

 

※管理医療機器(認証番号:32616000)

 

管理医療機器に認証されることで初めて体内への使用が可能になりますので、雑貨である他社の類似品は膣内への使用は基本的にできませんので注意しましょう。

 

 

 

まとめ

 

「ジュンビーピンクゼリーで産み分け失敗?成功率を上げる使い方とは」いかがでしたか。

 

女の子を産み分けるには、ジュンビーのピンクゼリーを使いながら、性行為のタイミングや準備などが重要になってきます。

 

産み分けを失敗しないためにも、計画的に行っていきましょう。

 

それでも100%女の子を産み分けることはできませんが、どちらにしろ大切な赤ちゃんには変わりはありません。

 

今回の記事を参考に夫婦で頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

ジュンビーのピンクゼリー公式サイト


 

 

 

 

 

この記事は個人の意見であり、効果を保証するものではありません。

-育児
-,