美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

恋愛

私もポリネシアンセックスをしてみたい!最高の愛を育みましょう♪

 

「私もポリネシアンセックスをしてみたい!最高の愛を育みましょう♪」

 

「セックス」という言葉は、なかなか人前では恥ずかしくて言えない言葉の一つです。

 

でも女性にとっても男性にとっても、お互いを知り感じあう行為はとても大切なことです。

 

人それぞれセックスの形はありますが、その中でも特にお互いを感じあう事ができるセックスがあるのをご存知でしょうか?

 

セックスは、ただ抱き合って挿入され、お互いを感じあう。

 

それも必要なことですが、今回ご紹介するセックスをすることで、今まで以上に相手を感じ、そして愛を育むことができるでしょう。

 

それが「ポリネシアンセックス」です。

 

ポリネシアンセックスという言葉を聞いたことのない方も多いと思いますが、美肌は.comに訪れたことに何か意味があるかと思います。

 

ポリネシアンセックスについてまとめましたので、参考にしてお互いを感じてみてください。

 

ポリネシアンセックスとは

 

 

Q「ポリネシアンセックスってなんなの?」

A「精神的な部分を重視するセックスです♪」

 

男女間における大切なコミュニケーションであるセックスには、様々な形があります。

 

体位はもちろんのこと愛撫する場所や何を重要視するのかというのはカップルによって様々ですよね。

 

あなただったら、どのようなセックスがお望みでしょうか?

 

体位?それとも雰囲気?

 

でも共通して言えるのは、相手の事を感じる精神的な部分ではないでしょうか?

 

そんな中でも特に体が感じる快楽というよりは精神的な部分を重要視するのがポリネシアンセックスというものです。

 

 

 実は女性の方が求めるセックス

 

ポリネシアンセックスはまだまだ知名度が低く、女性の1~2割が知っている程度です。

 

元々このポリネシアンセックスというのはアメリカの宗教学者であるジェイムズ・N・パウエルの「エロスと精気」という著書の中で紹介されたものであり、その精神的な交わりを重視したセックスの形が注目を集めるようになりました。

 

セックスにおける体の悩み、あるいは人によっては体だけを求められているのではないかというような不安を解消することにもつながるため、男性よりは女性がこのポリネシアンセックスを求める傾向にあります。

 

挿入するだけがセックスではない、キスをしたり抱きしめたり、お互いの肌に触れて愛撫を楽しむというような愛情表現もセックスの1つです。

 

そんな心を許しあうことができる男女だからこそ許されるポリネシアンセックスは非常に有意義なセックスの形だと言っても良いでしょう。

 

 

 

ポリネシアンセックスのやり方

 

 

Q「ポリネシアンセックスってどうやってするの?」

A「5日間という計画的に行っていくセックスです」

 

 5日間かけて行うセックス

 

気になるポリネシアンセックスのやり方ですが、大まかに言えばポリネシアンセックスは5日間という期間で考えます。

 

最初の4日間は性器以外の愛撫だけに留め、最後の1日は挿入をするという1回のセックスだけではなく数日間という長期間でとらえたセックスの形です。

 

ロマンティックなムードの中で愛し合う男女が一緒にいれば雰囲気も盛り上がりますし、お互いを激しく求めたいという欲求にかられるでしょう。

 

しかしそんな気持ちを我慢して相手とのコミュニケーションをはかる日を4日間設けるのです。

 

そうして4日間我慢した後に最後の1日を挿入の日にすることで、今までの我慢から解放されお互いが愛し合うことができます。

 

一種のマンネリ化防止にもなるでしょう。

 

4日間愛撫のみにし、最後の1日に挿入をするという形が一般的ではありますが、最初の1日目に挿入をして残り4日間を愛撫の日にしてもかまいません。

 

それは2人の良しとする形をとると良いでしょう。

 

5日間の内1日だけが挿入OKの日ですが、だからといっていきなり挿入をするのではなくじっくり時間をかけて愛撫をしましょう。

 

前戯に最低でも1時間は必要だと思ってください。

 

また挿入後はいきなり動くのではなく、抱きしめたり愛撫をしたりというふれあいの時間にしましょう。

 

ピストン運動は挿入後30分以上は我慢してもらいましょう。

 

 

 

ポリネシアンセックスを始める

 

 

Q「具体的にどのようにしてやるの?」

A「2人で計画して、本番当日まで沢山愛を育んでいきます♪」

 

ポリネシアンセックスは当たり前ですが男女二人で行います。

 

つまり5日間の予定を二人で考える事から始まります。

 

 

 セックスのする日を決める

 

多くの人は物事を決めるとき、出来ることから始めようとしますが、ポリネシアンセックスは「セックス」をする日を決めるところから始まります。

 

セックスする日を決める事で、お互いがその日をイメージする毎日が始まります。

 

「何月何日にセックス」するのか、もっと言えば場所や時間など、自分と彼氏がイメージできるような計画を立てる事がオススメです。

 

 

 セックスの日以外は?

 

先ほども言いましたがセックスする日を決めたら、その日以外のセックスは禁止

 

このことだけでも我慢できない方もいるかもしれません。

 

愛撫することは可能なので、お互いをなでたり可愛がったり沢山お互いを感じる事をしましょう。

 

お互い盛り上がってきても、セックスの日までは、それ以上の行動をしてはいけません。

 

この我慢する4日間があるからこそ、ポリネシアンセックスを成功させる秘訣に繋がっていきます。

 

どうしても我慢できない分、抱擁したりキスをしたり沢山の愛を感じていきましょう。

 

 

 セックス当日

 

いよいよその日が来た!と言ってセックスを直ぐに始めてはいけません。

 

始めの1時間は挿入されることは厳禁です。

 

この時に大切なことは、自分の性欲より相手の事を思う事、つまり相手が今の時間最高に興奮したり愛を感じれる雰囲気を作ってあげる事です。

 

ポリネシアンセックスで重要なのが、自分とそして相手が一緒に感じあう事。

 

とにかく相手に最高の興奮状態を作らせることが大切になってきます。

 

 

 挿入されてもまだダメ?

 

いよいよ挿入されても、まだ動かさないようにします。

 

「何か生かさず殺さず?」と思ってしまうかもしれませんが、実はこの状態になっていると入れられている状態だけでも感じる事ができます。

 

一般的なセックスとは違い、4日間沢山愛され我慢してきらからこそ、体全体が感じやすい状態になっているのです。

 

ただし、男性によっては動かさないでいると勃起状態が続かなくなる方もいますので、その場合は動かさせてあげましょう。

 

この状態を更に1時間続けていきます。

 

 

 いよいよ?

 

ここからピストン運動が可能になります。

 

ただし、激しく動くこともNGです。

 

性器だけではなく、お互いが全身で感じあうようにゆっくり動かしていきます。

 

この時の体位は特に決まりはないですが、沢山密着できる体位がオススメです。

 

ゆっくり動かしたり、休憩を取ったりと挿入した状態のまま30分~1時間ほど続けていきます。

 

 

 エクスタシーを感じる

 

ここからはお互い感じるままに体を動かしていきます。

 

一般のセックスでは感じ取れない、エクスタシーをお互いに感じる事ができます。

 

お互いの関係の中で、セックスの相性が良いほど仲が良いともいわれています。

 

 

 終わっても終わりではない?

 

お互いがエクスタシーを感じきったら終わり・・・ではありません。

 

そのまま性器を抜かず余韻に浸りましょう。

 

その時間は、会話をしたりキスしたりと、2人だけの時間を過ごしていきます。

 

 

 

ポリネシアンセックスは愛を育むことができる

 

 

Q「ポリネシアンセックスの効果は?」

A「私たち女性にとって、安心感を与えてくれます♪」

 

セックスというのは肌を重ねる行為なので非常にデリケートなものです。

 

ちょっとした不安があっという間に大きなものになりますし、体の悩みに関しても相手が気にしないと言ってくれたとしても自分は大きな心配事として抱え込んでしまう人も多いのです。

 

こうした不安や悩みからセックスレスにつながってしまい、男女間の関係が不安定なものになることも少なくはありません。

 

それを考えるとポリネシアンセックスというのは2人の愛を育むのに非常に適したセックスの形だと言えます。

 

もちろん刺激が欲しいという人にとっては物足りないと感じるかもしれませんが、相手のことが愛しくて仕方がないという形を愛撫などの行為によって表現することで、愛をしっかり育むことができるのです。

 

特に女性に多いのが「体だけの関係なのではないか?」という不安ですよね。

 

あまりにもセックスを求められると遊び目的にも捉えられてしまうのです。

 

そんな誤解を招かない方法としてもポリネシアンセックスは女性に安心感を与えることができます。

 

 

 愛は一瞬ではつくられない

 

愛というのは一瞬で育むことができるものではありません。

 

ゆっくりと時間をかけてお互いを知り、感じ合うことが大切です。

 

そのためにもセックスは時間をかけて大切に行うべき行為なのです。

 

 

 

彼氏にポリネシアンセックスをさせるには

 

 

Q「ポリネシアンセックスを上手くできる秘訣は?」

A「お互いを5日間、計画的に愛し合う事です♪」

 

男性にも様々なタイプの人がいます。

 

目の前に大好きな女性がいて、その女性のとろけた顔や高揚した頬、甘い吐息を聞いて我慢できる人ばかりではないでしょう。

 

より感じてほしい、そして自分も快楽を感じたいという気持ちから挿入に進みたいと考える男性は多いものです。

 

もちろん同じ気持ちを抱いている女性も多いのですが、女性は快楽という欲求を満たす事よりも愛を育むことに重きをおく傾向にあります。

 

そんな男女の違いからポリネシアンセックスをなかなか実行することができないというカップルも少なくはありません。

 

どうすればポリネシアンセックスができるのか、それはリラックスした環境を作るということです。

 

 

 計画的に行う事

 

ラブホテルに入ると時間制限が課せられてしまうため、その限られた時間の内しか相手に触れることができないと思うと男性は急いでしまします。

 

そうなればポリネシアンセックスには持ち込めないので、宿泊にして時間をたっぷりとってホテルの中でまったりすごす時間を設けるということが必要です。

 

その間手を繋いで会話を楽しんだり、裸で抱きしめあって相手の体温を感じたりという時間をつくりましょう。

 

そうすることで心も満足し、安心してスローセックスに持ち込むことができます。

 

 

 

ポリネシアンセックスを成功させるには

 

 

Q「ポリネシアンセックスを失敗しないためには?」

A「きちんとした環境づくりと、本番当日は集中できる様にすることです♪」

 

ポリネシアンセックスは計画的に行う事が重要です。

 

場所もそうですが、集中させたりリラックスできる環境が重要になってきます。

 

 

 健康的な環境づくり

 

いくらセックスする日を決めても体調を崩してしまっては意味がありません。

 

遅くまで起きていたり、食べすぎやストレスをためる事のないような状態を作りましょう。

 

 

 二人だけの時間を作る

 

人によっては学生であったり、社会人だったりします。

 

ポリネシアンセックスで大切なことは、「愛撫すること」そしてコミュニケーションを取ることです。

 

お互いを意識することができる時間を作ることで、本番時に強烈なオーガズムを体験することができます。

 

 

 本番当日に注意すること

 

二人きりの状態に集中するために、携帯電話の電源を切りましょう。

 

マナーモードもダメです)

 

また、ホテルなどの長い時間2人きりになれる場所に行くこともオススメです。

 

 

 

彼氏が我慢できなくなってきたら

 

ポリネシアンセックスは4日間性行為が禁止です。

 

男性によっては我慢が出来なくて、襲ってくることもあるかもしれません。

 

そんな時は「私のために待ってね♪」と伝えましょう。

 

 

 

まとめ

 

「私もポリネシアンセックスをしてみたい!最高の愛を育みましょう♪」いかがでしたか。

 

最高のエクスタシーを感じるポリネシアンセックス。

 

4日間はある意味大変かもしれませんが、当日は普通のセックスとは比較にならない経験ができます。

 

燃え上がるセックスがしたい!

 

ちょっと最近はマンネリ化してきた。

 

彼を沢山感じたい!

 

そんな女性の方は、一度試してみてはいかがでしょうか♪

 

 

注目されている関連記事

 

 恋の賞味期限は3年?フェニルエチルアミンで恋わずらいとは

 ハグでオキシトシンの分泌を増やす相乗効果作用|愛情の幸せホルモン

 女性はエッチの時、いくふり「演技」するもの?私の考え方

 オスモフェリンの効果とは|男性を夢中にさせるフェロモン

 セックスが気持ちいいのに濡れないのはあそこが原因?対策は?

 膣トレインナーボール|元アスリート女子のやり方と効果は?

-恋愛
-