美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

体臭 成分

ヨモギエキスの効果と化粧品の特徴は

2017/09/05

 

皆さんはボディーケアする時に成分を気にしていますか。

 

クリームやソープ等、ボディーケアしていくには色々なものがあります。

 

特にお肌は、清潔・抗菌・保湿・抑臭等、色々な事を考えていかなければいけません。

 

今回ご紹介する「ヨモギエキス」はボディーケアとしてオススメです。

 

これからボディーケアを考えているのなら、「ヨモギエキス」の特徴を知ってみてから行動してみてはいかがでしょうか。

 

ヨモギエキスとは

 

ヨモギエキスとは、キク科植物に分類されているヨモギの葉から抽出した液体です。

 

植物としての利用の歴史は大変に長く、日本や中国ではモグサの原料としても珍重されてきました。

 

エキスとして抽出することで、旬の季節でなくても使うことが可能になるなどの利点があるため、様々な分野で活用されています。

 

 

化粧品として

 

ヨモギの成分を凝縮した形で抽出されているため、特有の芳香があるのが特色となっています。

 

このような芳香を活かして、化粧品の原料として多用されています。

 

 

入浴剤として

 

生薬の艾葉は漢方では温性に分類されるもので、体を温める力もあるため、ヨモギエキスは入浴剤の原料としても使われています。

 

 

食用として

 

化粧品だけでなく、食用としても使われている状況です。

 

日本においては沖縄における生産量や消費量が比較的に多く、独特な芳香は沖縄料理の魅力の一つになっています。

 

沖縄産のヨモギを使う場合には苦味は穏やかでありながら、鮮烈な香りはしっかりと残るのが利点です。

 

このヨモギエキスを毎日のように飲むことで、健康に必要な栄養が吸収されて、病気に対抗するための知恵が生まれました。

 

現在では通販で取り寄せることも容易ですから、沖縄のヨモギエキスも健康食品として人気を集めています。

 

 

 

ヨモギエキスの効果

 

抑臭作用

 

ヨモギエキスを使うと、特有な成分の働きで抑臭作用が活発に働きます。

 

不快な体臭に対しても同様な作用が働くことから、ヨモギエキスが入った化粧品を使うことは理にかなっています。

 

爽やかな芳香があるのも特徴ですから、抑臭作用とともにリラックス作用も働いて、ストレスの状態も軽減させます。

 

 

殺菌効果

 

ヨモギエキスの原料は、昔から解毒作用がある植物としても知られていました。

 

こうした特徴があるため、ヨモギエキスを使うと殺菌作用も活発に働いて、高温多湿の環境下でも快適に過ごせるようになります。

 

体の中の毒素を排出する力があることから、デトックス効果も注目を集めています。

 

化粧品の原料として加えると、殺菌と抑臭の効果は相乗的に働くことになります。

 

 

保湿効果

 

多くの化粧品に使われるのは、肌を保護して潤いを保つ力があるためです。

 

この保湿作用に期待して、ヨモギエキスが入ったクリームを冬場の時期に使うことも日常的に行われてきました。

 

アロエなどと一緒に使われることもあり、天然由来の保湿成分としては代表的なものに選ばれています。

 

外用として使う場合にも殺菌作用が働いて、ニキビなどの肌荒れも軽減させます。

 

入浴剤として使う場合でも、保湿作用が十分に働きます。

 

 

 

ヨモギエキスの有効成分

 

クロロフィル

 

ヨモギエキスに含まれる有効成分の中で、特に重要な働きをするのがクロロフィルです。

 

これは葉緑素の一種に分類されており、食用や外用として使う場合でも有効に作用する特徴を持っています。

 

殺菌や抗菌の作用もクロロフィルによるもので、極めて強力な形で作用するものです。

 

さらには、血液の流れを良くしたり、臭いを抑える効果があるのも特徴です。

 

 

シネオール

 

ヨモギエキスの個性を作っている芳香については、多彩な種類の精油によって引き出されています。

 

その中にはシネオールなどの精油も含まれており、ハーブや薬草のような特有な香りを生み出す原動力になっています。

 

この香りを逃さないようにして作ることは重要で、良質であれば化粧品に配合した段階でも有効成分の質と量が安定します。

 

 

ビタミンC

 

ヨモギエキスの化粧品を使うと、ビタミンやミネラルの恩恵を受けることができます。

 

ビタミンCの量も多いことから、しっかりと利用すれば肌荒れ対策にも有効となります。

 

 

ミネラル成分

 

ミネラル成分では、カリウムの量が特に多く含まれています。

 

カルシウムや鉄の量も多く、全体的に見ると完璧なバランスで成り立っています。

 

タンニンや酵素が含まれるのも特徴ですから、化粧品に加えると有効成分の種類も豊富になる仕組みです。

 

 

 

副作用と安全性

 

ヨモギエキスは極めて安全なものですから、一部は食用としても使われているわけですが、気をつけなければいけないこともあります。

 

原料のヨモギは日本の至るところに自生しているため、気候や環境の影響を強く受けています。

 

農薬や排気ガスによって汚染された原料を使うと、安全性を確保することは難しくなります。

 

ヨモギエキスが入った化粧品を選ぶ際には、原料の産地や栽培環境をしっかりと確かめることが欠かせません。

 

無農薬の環境があり、周辺の畑から農薬が飛散することがない場所であることが重要です。

 

産地は国産と外国産の2種類に大別できますが、外国産の場合には安全性を確かめることが難しい場合があります。

 

価格が安いのは魅力ですが、値段よりも品質を重視して選ぶことが重要です。

 

 

稀にアレルギーも

 

大抵の人にとっては有益な原料ですが、稀にアレルギーを引き起こすことがあるため、化粧品で使う場合にも十分な注意が必要です。

 

メーカーも厳しいチェックを行っており、多くの人が使っても問題がないように配慮していますが、全ての人がアレルギーを発症しないとは限りません。

 

そのため、ヨモギエキスが入った製品を使って異常を感じた場合には、すぐに使用を中断して医師に相談してください。

 

ヨモギエキス配合のアイテムを購入する場合、他の成分入りの場合もそうですが、ボディーケアするのであれば返金保証があるものを使いましょう。

 

 

 

こんな女性にオススメ

 

臭いで困っている方

 

デリケートゾーンの臭いで困っている女性にとっては、ヨモギエキスは特にオススメできる原料です。

 

厄介な雑菌に対しては強力な抗菌作用が働くため、外出先でも効果が持続しやすく、芳香を楽しめるのもメリットです。

 

ワキガで困っている女性にとっても、ヨモギエキスが入った化粧品を使うことで対処できます。

 

毎日のように外出する習慣があり、夏場には紫外線の影響を強く受ける女性にもオススメできます。

 

あるいは、冬場の乾燥した季節風に晒されることが多い場合でも、ヨモギエキスを使うことで対応できます。

 

 

ニキビ予防に

 

夏の時期に汗をかきやすい場合には、ヨモギエキスを使うことで湿疹やニキビを予防することが可能です。

 

天然原料だけを求めている女性にとっても、ヨモギエキスの化粧品は魅力的なものです。

 

化学合成された単一成分が入っていることはなく、クロロフィルやビタミンなどの美容成分が優しく浸透する形になります。

 

ハーブの恵みを十分に体感しながら、芳香でリラックス効果も感じられるのですから、ストレスが蓄積している女性にも適しています。

 

 

冷え性の方

 

ヨモギエキスには体を温める力もあるため、冷え性で困っている女性にとっても役立ちます。

 

寝る前にはヨモギエキスが入ったお風呂に入れば、末梢血管も拡張して、体が芯から温まることになります。

 

 

 

まとめ

 

「ヨモギエキスの効果と化粧品の特徴は」いかがでしたか。

 

成分の働き方によって、ボディーへのアプローチの仕方は変わってきます。

 

ヨモギエキスの特徴を知って、女性らしい身体ケアしてきませんか。

 

美肌は.comでは、ヨモギエキス配合の医薬部外「デオシーク」を女子大生が使っている記事もありますので、参考にしてみてください。

 

デオシーク|腋臭の女子大生が使ってみた、口コミと効果【動画アリ】

-体臭, 成分,
-