美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

成分

パルミチン酸エチルヘキシル配合のクレンジング効果とは

2017/09/05

 

皆さんはクレンジング化粧品を選ぶときは、何を基準に選んでいますか?

 

値段でしょうか?それとも見た目でしょうか?

 

クレンジング化粧品にも色々なものがあり、また色々な成分が配合されています。

 

今回ご紹介する「パルミチン酸エチルヘキシル」もその一つで、クレンジング化粧品やシャンプーにも配合されていることがあります。

 

これからクレンジング化粧品を購入しようとされるのなら、この「パルミチン酸エチルヘキシル」の特徴を知って、検討してみてはいかがでしょう。

 

パルミチン酸エチルヘキシルとは

 

パルミチン酸エチルヘキシルは、ヤシ油など天然植物油脂に含まれる高級脂肪酸であるパルミチン酸と2-エチルヘキシルアルコールの化合物となっています。

 

 

W洗顔の必要がない

 

他のオイルに比べて粘度が低くベタつきにくいことから、主にクレンジング化粧品やシャンプーなどに配合されていることが多い油性基剤です。

 

一般的なクレンジング化粧品で使用されているオイルは、油分が多くべたつきやすいことからメイク馴染みが良く、毛穴の汚れも綺麗に落とすことが出来る反面、水で洗い流す際にぬるつきが肌に残りやすくしっかり汚れを落とすためにはW洗顔を行う必要がありました。

 

W洗顔はクレンジングの後に再度洗顔料で顔を洗う必要があるので、時間が無い時などにケアを行うのは面倒ですし、何よりクレンジング剤で肌の汚れを落とした後に洗浄力の高い洗顔料を利用して顔を洗ってしまうと、肌を保護しているバリア機能まで壊してしまう可能性があります。

 

乾燥肌や敏感肌の方がW洗顔が必要なクレンジング剤を利用してしまうと、肌の乾燥が進行しやすくなってしまいます。

 

そのため粘度が低くベタつきが少ないパルミチン酸エチルヘキシルが配合されたクレンジング化粧品が人気になってきているのです。

 

 

 

パルミチン酸エチルヘキシルの効果

 

お肌を柔らかくする?

 

パルミチン酸エチルヘキシルが配合されている化粧品を利用することで得られるメリットは、ベタつきが少ない事。

 

そして、肌になじみやすいオイルだからこそ優しく手の腹を利用してマッサージを行うことで、お肌を柔らかくして汚れや古い角質などを除去することが出来るます。

 

 

メイクのノリが良くなる

 

基礎化粧品の美容成分が肌内部まで浸透しやすくなったり、化粧品のなじみが良くなることで普段よりもメイクノリが圧倒的に改善するなど、様々な効果を期待することが出来ます。

 

特に疲労感が溜まっている体は、体の血行や新陳代謝が落ちやすくなっているため体のだるさや冷えに加えて肌質のコンディションが悪くなる悪循環を引き起こしてしまいます。

 

 

フェイスマッサージがしやすい

 

特に顔の血行が悪くなると肌細胞のターンオーバーが低下してしまうため、肌の透明感やハリが無くなりくすみやゴワつきが気になる素肌になってしまいます。

 

そのためパルミチン酸エチルヘキシルが配合されているクレンジングバームやクレンジングオイルを利用してメイクオフを行うことにより、ベタつきの少ないサラッとした使用感で少量でも顔全体に伸ばしやす使うことができます。

 

手のひらで温めながら優しくマッサージを行えば顔の血行を改善し、古い角質も優しく除去出来るので美容効果をアップさせる事が出来ます。

 

 

 

副作用と安全性

 

パルミチン酸エチルヘキシルが含まれているクレンジングオイルが様々な肌質の女性に人気になっています。

 

 

スルッと汚れを落とす理由

 

その理由の1つとして、パルミチン酸エチルヘキシルに含まれるエステル油はファンデーションや化粧下地、美容液、保湿クリームなど様々な化粧品に含まれている成分です。

 

つまりエステル油が含まれているクレンジング化粧品を利用すると、メイク汚れにしっかり馴染みあまりゴシゴシ擦ることなくスルッと汚れを落とすことが出来るので、肌にかかる刺激が少ないメリットがあります。

 

 

敏感肌の方に

 

特に近年増えてきている紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めや化粧下地は、一般的に販売されているクレンジング化粧品を利用しても汚れが肌に残りやすい特徴があります。

 

パルミチン酸エチルヘキシルに含まれているエステル油は、オイルの安定性が高い特徴があり化粧品に含まれるシリコーンや難溶解性の紫外線吸収剤も綺麗に分散させることができます。

 

そのため敏感肌でも使用できるクレンジング化粧品の成分として安全性が高いと注目されているのです。

 

肌に負担が少なくて、ファンデーションやサンスクリーンの汚れはしっかり落としたいという方にパルミチン酸エチルヘキシルが配合されたクレンジング化粧品は向いています。

 

 

 

どのようなアイテムに使われているか

 

価格と質、どちらで選ぶ?

 

市販されているクレンジング化粧品は、様々なメーカーより販売されており独自の配合成分が異なります。

 

肌質や使用するメイク用品などに合わせて適切なクレンジング化粧品を選ぶことが重要になります。

 

汚れが落とすことができればそれで良いと考える方の多くは、価格が安く手が出しやすいクレンジング化粧品を利用することも増えてきています。

 

値段が安すぎる化粧品はそれ相応に精製レベルが低いミネラルオイルが使用されていることが殆どなので、汚れがしっかり落とせなかったり肌に刺激を与えてしまうなど、かえって肌質のコンディションを悪化させてしまう危険があります。

 

逆に高級化粧品に使われているミネラルオイルは、精製レベルがとても高くグレードも段違いに高いと評価されているので、価格が高いのも値段相応として購入する方が増えてきています。

 

 

高級クレンジングに使用されている

 

高級クレンジングに使用されることが多いパルミチン酸エチルヘキシルは、敏感肌でも使用しやすい低刺激のエステル油が含まれているのが特徴です。

 

オイルクレンジングにありがちなベタつきが強いテクスチャではなく、サラッとしているので汚れをしっかりなじませてすっきり洗い上げることが出来る事から人気が高くなっています。

 

 

 

こんな女性にオススメ

 

シワ・シミ対策に

 

オイルクレンジングは、汚れがしっかり落とせる反面洗い上がりがつっぱりやすく、肌が乾燥してしまうとイメージしている方が多いです。

 

ただ、パルミチン酸エチルヘキシルが配合されたクレンジングオイルやクレンジングバームは、メイク汚れに配合されるエステル油とほぼ同じオイルで構成されているので、メイク馴染みが良くゴシゴシ擦らなくてもスルッと汚れを落とすことが出来ます。

 

肌の摩擦を減らすことで肌ダメージも極力抑え、将来的にできてしまうシミやしわ対策にもつながっていくメリットがあります。

 

 

敏感肌や乾燥肌の方に

 

パルミチン酸エチルヘキシルが配合されたクレンジングオイルやクレンジングバームは、刺激に弱い敏感肌の方や、肌の潤いが不足しがちな乾燥肌の方でも安心して利用することが出来ます。

 

テクスチャが柔らかく伸ばしやすいことからマッサージクリームの代わりとして利用する女性も増えてきています。

 

 

毛穴の黒ずみや角栓に

 

パルミチン酸エチルヘキシルは皮膚を柔らかくして、角質や毛穴につまりがちな皮脂汚れも綺麗に落とすことが出来る効果が期待されています。

 

肌のゴワつきが気になる時やくすみを改善したいと思っている方は、メイクオフの際に優しくマッサージを行うことで肌表面の古い老廃物も一緒に除去するお手入れを行う事が可能。

 

毛穴の黒ずみや角栓などの毛穴トラブルにも高い美容効果を与えることが出来ます。

 

 

 

まとめ

 

「パルミチン酸エチルヘキシル」いかがでしたか。

 

これからクレンジングを選ぼうと考えているのなら「パルミチン酸エチルヘキシル」配合の物を選んでみてはいかがでしょうか。

 

お肌にやさしくアプローチしていくので、オススメです。

 

美肌は.comでは、パルミチン酸エチルヘキシル配合のクレンジングバーム「duoザクレンジングバーム」の記事もありますので、クレンジング選びの参考にしてみてください。

 

duoデュオザクレンジングバーム|敏感肌の私の効果と口コミ

-成分,
-