美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

マラセチア毛包炎はニキビとは違う!原因と予防方法は

 

ニキビケアをしていても、なかなか治らない方はいませんか?

 

小さなぷつぷつが出てきて、痒みを伴っている方はいませんか?

 

もしかしたら「マラセチア毛包炎」かもしれません。

 

今回はマラセチア毛包炎の特徴やニキビとの違いなどをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

マラセチア毛包炎とは

 

ニキビと似ている?

 

マラセチア毛包炎は、毛穴の炎症でマラセチア菌の異常繁殖によって引き起こされる皮膚の炎症です。

 

マラセチア毛包炎はニキビと似ているのですが、ニキビではないためニキビの薬では治らない皮膚の炎症です。

 

 

カビの一種

 

マラセチアは常在菌でカビの一種の真菌でマラセチア毛包炎の原因となる菌ですが、ニキビの原因はアクネ菌という細菌です。

 

マラセチアは健康な皮膚の表面にいる常在菌なので誰にでも発症する可能性があり、皮脂を好む傾向があるため汗をかきやすい季節に活発になることがあります。

 

発症する場合には、皮脂を分解した際に炎症を起こす場合と、繁殖したマラセチア菌を異物と判断して免疫反応が起こった場合が考えられます。

 

ニキビに似ている症状に毛嚢炎がありますが、マラセチア毛包炎は毛嚢炎ではないので注意します。

 

毛嚢炎は皮膚感染症で見た目はニキビに非常によく似ていますが、病原細菌が皮膚に感染することで発症するものです。

 

毛嚢炎は皮膚の常在菌の表皮ブドウ球菌などの細菌が毛穴に感染して発生する皮膚感染症で、カミソリを使ったムダ毛処理やレーザー脱毛、ステロイド治療などの原因で発生することが多いです。

 

また毛嚢炎は首の後ろや、胸元、腕、太もも、お尻、陰部などにできることが多く、カミソリでムダ毛処理をすることが要因と考えられます。

 

 

 

マラセチア毛包炎の症状

 

痒みがある

 

マラセチア毛包炎の症状は、胸、背中、腕、首、額などに小さな赤い発疹ができて痒みがあります。

 

ニキビに良く似ていますが、ニキビよりも小さく均一な大きさです。

 

発疹の先端に膿をもつことがあり、この状態はニキビに良くに似ている状態です。

 

 

かかりやすい年齢は?

 

マラセチア毛包炎の原因となる菌のマラセチアは常在菌なので誰でもかかり、特定の年齢の人がかかるということはなく、若い人から年配の人まで誰でもなる可能性があります。

 

高温で多湿な時期は汗をかいやすい時期で、この高温多湿の時期は発症しやすい時期と言えます。

 

マラセチア毛包炎の症状である赤い発疹は、表面はどちらかというと滑らかで、ニキビのように大きくなることはありません。

 

カビでもあるので痒みが発生する場合もあり、治療せずに放置すると痛みを感じる場合もあります。

 

 

ニキビケアでは治らない?

 

カビの異常繁殖により膿が出ることもあります。

 

ニキビも膿が出ることがありますが、ニキビとは異なり、マラセチア毛包炎の赤い発疹は指で押し出すことができずに芯もありません。

 

ニキビと非常に似ているため、始めはニキビの薬を塗るなどのニキビケアをする場合がありますが、ニキビケアを続けても改善しない、または効果がないという場合にはマラセチア毛包炎を疑う必要があります。

 

 

 

どんな部分がマラセチア毛包炎になりやすい?

 

マラセチア毛包炎はマラセチア菌というカビの真菌の一種が異常繁殖することで毛穴に炎症が起きることです。

 

マラセチア毛包炎になりやすい部分は、主に胸、背中、肩、腕など皮脂が多い部分にできやすい傾向があり、足やお尻などにも発生する場合があります。

 

皮脂が多く蒸れやすい部分に発生しやすい特徴があります。

 

 

増えてしまう原因は?

 

マラセチア菌は誰でも皮膚にもっている常在菌ですが、増える原因には、高温多湿や汗が多い環境の他に皮脂が多い髪の毛の生え際や額や眉間、鼻筋、顎などにもできやすく、ニキビとできる部分もとても良く似ています。

 

マラセチア毛包炎と似ているニキビは顔を中心に症状があらわれ、痒みは殆どないのですが、マラセチア毛包炎は顔にもできますが、胸、肩などの周辺にも症状が広がり、軽く痒みもあります。

 

マラセチア毛包炎はニキビに似ていて、赤い発疹ができ始めはニキビケアをしていることが多いですが、ニキビケアでは治ることはなく、皮膚科での治療が必要です。

 

再発することもあるため、ニキビと間違えてニキビケアをしても改善されない場合には、早めに皮膚科を受診して治療を始めることが大切です。

 

また、症状が顔以外の胸や肩まで赤い発疹がある場合は、マラセチア毛包炎を疑うことが大切です。

 

 

 

どんな人がなりやすい

 

汗をかきやすい人

 

マラセチア毛包炎はニキビと同じように毛穴の皮脂汚れが原因と考えることができます。

 

できる部分も額であればこめかみの近くや、汗を多くかく背中や胸、肩や二の腕などが特徴的です。

 

特に夏になると汗をかきやすくなり、背中や首の周り、女性は下着に汗が溜まるため胸の部分にできやすいです。

 

マラセチア毛包炎は男女問わずどちらにも発症するもので、特に皮脂を好みます。

 

 

不規則な生活習慣

 

皮脂の過剰分泌と不潔な状態を好んで炎症物質を作るため、それを誘発するようなストレス、睡眠不足、偏った食事、肌を不潔にするような状態はマラセチア毛包炎ができやすい傾向にあります。

 

マラセチア毛包炎ができやすい時期は高温多湿の時期なので、夏の暑い時期に症状がでやすくなりますが、これは皮膚の分泌が増えるためです。

 

夏は汗を多くかくため毛穴に皮脂が溜まりやすくなります。

 

 

湿気の多い環境

 

またマラセチア菌はカビでもあるので、湿気を好みます。

 

梅雨などは湿気が多いためマラセチア毛包炎ができやすくなります。

 

女性は化粧水や乳液などをつけ過ぎることでマラセチアが増えることがあります。

 

また毎日お風呂やシャワーに入る習慣がない場合はマラセチア毛砲炎にかかりやすく、抗生物質の使用もマラセチア菌を増やす可能性があり、ステロイド薬や使用して免疫が低下することでもできやすくなります。

 

 

 

マラセチア毛包炎の治し方

 

皮膚科に診察に行く

 

マラセチア毛包炎の治し方は、皮膚科を受診して治療をすることです。

 

マラセチア毛包炎はニキビと非常に似ているため、始めはニキビの薬を塗ってケアする場合が多いですが、マラセチア毛包炎にニキビケアをすることで稀に多発したり、症状が繰り返し発生するなどで治りにくくなる場合があります。

 

ニキビの薬を塗っても治らない場合には皮膚科を受診します。

 

治し方は、マラセチア毛包炎はカビが原因なので抗真菌薬を使います。

 

病院で処方される抗真菌薬の塗り薬にはローションタイプとクリームタイプがあります。

 

抗真菌薬の塗り薬では治らない場合は抗真菌薬の内服薬を服用します。

 

 

お肌を清潔にする

 

マラセチア毛包炎の治し方は皮膚科で抗真菌薬を処方してもらうことですが、予防や改善のためには肌を清潔にすることも必要です。

 

マラセチアはカビで汗や湿気、皮脂が多い部分を好み増殖します。

 

汗を多くかいた後はシャワーを浴びたり、毎日お風呂に入り体を洗って汗や分泌物などを落とします。

 

また石鹸やソープに使われている、「イソプロピルメチルフェノール」配合のアイテムを使うことで殺菌・抗菌してくれるので使ってみるのもいいかもしれません。

 

参考→イソプロピルメチルフェノールの特徴と殺菌・抗菌効果とは

 

 

服装選び

 

ま汗をかきにくい服装も良い方法です。通気性の良い服装にするとカビの増殖を防ぐことが期待でき、夏などは汗や熱がこもらないような服装を心がけることも良いことです。

 

 

規則正しい食生活

 

体調不良もマラセチア毛包炎が発生しやすい状態なので、栄養バランスのとれた食事、睡眠、運動などで体調を整えることも大切です。

 

 

 

まとめ

 

「マラセチア毛包炎はニキビとは違う!原因と予防方法は」いかがでしたか。

 

ニキビケアをしていて、なかなか改善されなければマラセチア毛包炎を疑ってみるのが良いかもしれません。

 

美肌は.comでは、殺菌力99.999%と言われる、イソプロピルメチルフェノール配合の医薬部外品「デオシーク」を使っている女子大生の記事もあります。

 

清潔なお肌作りの参考にしてみてください。

-
-,