美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

体臭

女性のスソガとは|特徴を知って正しいセルフケア

 

自分の陰部がもしかしたら臭っているのかな?と感じている方はいませんか?

 

陰部の臭いは、香りで誤魔化そうとしている方はいませんか?

 

そんな陰部の臭いの原因が、今回ご紹介する「スソガ」と言われているものかもしれません。

 

スソガは強烈な臭いを作ってしまう事もありますが、予防や防止をしていくことができます。

 

スソガの特徴を知って、諦めていた臭いの対策をしていきましょう。

 

スソガとは

 

スソガをご存知でしょうか。

 

聞きなれない方は、もしかしたらシャツの裾の事と勘違いしているかもしれません。

 

スソガとは、女性の陰部からなんとも言えない発せられる嫌な臭いのこと、一般的な臭いよりも臭いがキツく感じられます。

 

下着が黄ばむ症状や、陰毛が濃い女性に多くみられます。

 

 

スソガの特徴

 

不潔にしていると嫌な臭いを発しますが、不潔によるそれとスソガは根本的に異なる部分があります。

 

ワキガをご存知の方は多いと思いますが、脇からチーズのような独特な嫌な臭いを発する事が、陰部でも起こります。

 

脇はムレやすいので、不潔にしておくと確かに臭いますが、それとワキガの臭いは異なります。

 

その原因は何かというと、アポクリン汗腺です。

 

通常のほぼ水分の汗を出すのがエクリン汗腺。

 

アポクリン汗腺はこれと違って脂質や糖質などの物質を含む乳白色の汗を出します。

 

これ自体は臭いませんが、これが汗や皮膚にある常在菌などと混ざって酸化することで、チーズのような独特な嫌な臭いとなるのです。

 

このアポクリン汗腺、実は誰にでもありますが、ワキガの人は一握りです。

 

なぜそうなるのかというと、分泌される量が大きく影響してきます。

 

アポクリン汗腺が通常よりも発達しているために臭うわけです。

 

陰部にも脇と同じようにアポクリン汗腺はあり、この数が多い女性に、このスソガという症状が現れるのです。

 

 

 

スソガになりやすい人

 

スソガになりやすい人は上記のようにアポクリン汗腺の多い人です。

 

これはもって生まれたものなので数を減らすという事は、手術でもしないかぎり変わることはありません。

 

ワキガなど手術で取り去ることもできますが、通常スソガはワキガほど重篤な症状でではないので切り取ることはしないと言われています。

 

スソガはアポクリン汗腺が通常とさほど変わらなくても、汗腺の数が多いことでなる可能性があります。

 

 

スソガの呼ばれる理由

 

なぜスソガというか、それは陰部の構造に由来します。

 

女性の陰部はすそのようにひだが積み重なっています。

 

そのため汚れがたまりやすく、入浴時にしっかりと洗っているつもりでも、意外と落としきれていないことが多いのです。

 

 

清潔にしないと臭いの原因に

 

陰部にたまった汚れのことを恥垢(ちこう)と呼びます。

 

この恥垢、嫌な臭いを発するので嫌う男性が多いと言います。

 

アポクリン汗腺が多くなくても、しっかりとこの恥垢が落とせていない場合、スソガになりやすいのです。

 

つまりしっかりと洗って汚れを落とせば、通常はスソガにはなりにくいと言えます。

 

スポンジでこするのは肌を傷めますし、ひだの部分の汚れが落ちないのでいけません。

 

指で優しくひだ一枚一枚を洗いましょう。

 

ただ、あまり洗いすぎるのも禁物です。

 

皮膚の常在菌までしっかりと洗い流してしまうと雑菌が繁殖して臭いやすくなりますので、適度に洗いましょう。

 

 

 

スソガはうつる?

 

スソガはうつるのかと心配される方も多いかもしれません。

 

性行為時に問題があってうつされたら嫌と考えてしまうかもしれませんが、結論から申し上げると移ることはありません。

 

前述のようにアポクリン汗腺の発達や、残った恥垢が原因なので、うつることはありません。

 

 

性行為に影響する

 

相手が臭かったから自分も臭くなったのではと心配するかもしれませんが、洗うことで臭い対策をする事ができます。

 

でも自分が臭う気がする、彼氏があまり性行為を楽しんでくれていないと感じるのは、彼氏がうつることを心配しているからではなく、単純に臭いが嫌だからそうなっている可能性が高いと言えます。

 

臭いというのはかなりプライバシーにかかわることなので、彼氏彼女の中でもなかなか言い出せない話ですよね。

 

もしかしたら自分はスソガかも?と思ったら、しっかりと洗うなど対策をすることで、彼氏との関係も回復するかもしれません。

 

 

性病は移るので注意

 

性行為でスソガはうつりませんが、性行為によっていわゆる性病がうつって臭うこともあります。

 

その場合、臭いだけでなく痒みや痛み、発疹などほかの症状も現れるはずなのでわかるでしょうが、あまり親しくない人と性行為をする場合は、コンドームなどを使って性病の感染に気を付けることです。

 

また人によっては、臭いがするだけで病気「性病」?と考えてしまう方もいるので、清潔にすることはとても重要になってきます。

 

 

 

スソガの対策方法

 

自分はスソガかもしれない、どうしようとお悩みの方、安心してください。

 

しっかりとした対策をすることで予防や防止していくことができます。

 

 

下着を取り換える

 

当たり前の事ですが、まずは下着をこまめに取り換えることです。

 

女性はおりものがありますし、汗などが付着したままの下着は臭って当然ですから、できればというより、しっかり取り換えましょう。

 

それが無理なら、おりもの用シートなどを使って、こまめに取り換えるだけでも大分違ってきます。

 

 

脱毛する

 

VIO脱毛という方法もあります。

 

毛が臭っているわけではないですが、おりものや汗などの分泌物がムダ毛に付着してそれが臭っている可能性もあります。

 

ムダ毛をなくすことで、付着する部分がなくなり清潔を保ちやすくなり、臭いも激減していきます。

 

 

食生活の改善

 

アポクリン汗腺が原因のスソガの場合、これを手術で取り去るのが一番と考えがちですが、再発の可能性もありますし、体に負担がかかったり、傷跡が残るので実は最善とも言いにくいのです。

 

アポクリン汗腺から出る汗が臭うのは、中に糖質や脂質などの不純物が多く含まれているからです。

 

この不純物の割合を減らすことで、臭いを少なくしていきます。

 

具体的には乳製品などの脂質の高い動物性たんぱく質の摂取は控えて、魚や豆類、野菜などの摂取を心がけましょう。

 

 

 

スソガ対策のアイテムの選び方

 

自分はアポクリン汗腺が多い典型的なスソガだと落胆するのはちょっと待ってください。

 

確かにアポクリン汗腺を自分の意志で減らすことはできませんが、切らなくとも臭いを減らす対策はできるのです。

 

逆に対策方法を知っている方からすると、「臭い対策をしていない」=「不潔」と思われてしまいます。

 

 

成分に注目して使う

 

スソガの方におすすめしたいのがイソプロピルメチルフェノールという成分です。

 

スソガの原因はコリネバクテリウム菌です。

 

こちらはアポクリン汗腺の汗に含まれる特性の脂肪酸にのみ生きられるので、一般の人には存在しません。

 

イソプロピルメチルフェノールはこのコリネバクテリウム菌を殺菌してくれます。

 

したがってスソガの方はこの成分が入ったものを選ぶ事がオススメです。

 

ただ、いくら効果が高くても、肌に刺激があり過ぎたり、自分がお風呂屋シャワーを浴びるときに、毎日(継続して)使えるものがオススメです。

 

 

保湿をする事

 

クリームやボディーソープを使って清潔に保つのはもちろんですが、忘れてならないのが洗った後の保湿です。

 

肌を乾燥させた方が殺菌能力が高いのではと、勘違いされる方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

 

肌は乾燥すると雑菌が繁殖して臭いやすくなります。

 

顔は保湿するのが当然、つまりお肌には潤いが必要なのです。

 

普段、保湿を意識したことがない部分かもしれませんが、健やかな肌を保つために、しっかりと潤してあげましょう。

 

 

 

まとめ

 

「女性のスソガとは|特徴を知って正しいセルフケア」いかがでしたか。

 

スソガの特徴を知ることで、きちんとした対策ができます。

 

もし自分がスソガかな?と思ったら、セルフケアしてみてはいかがでしょうか。

 

美肌は.comでは、腋臭で悩んでいた女子大生が「イソプロピルメチルフェノール」配合の医薬部外品「デオシーク」でセルフケアしている記事もありますので、スソガ対策の参考にしてみてください。

-体臭
-