美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

できてしまったシミにビタミンC、美白への特徴と効果とは

2017/09/06

 

30を過ぎたころから、シミが増えやすくなっていきます。

 

そんなシミケアで有名なのが「ビタミンC」です。

 

今回は何故ビタミンCがシミに対して効果的と言われているのか。

 

ビタミンCの効果を最大限に発揮できる方法などをまとめましたので、参考にしてみてください。

 

お肌にシミができて無くならない理由

 

間違ったスキンケアしてませんか?

 

お肌にシミができて無くならない理由として、その原因を理解していないで、誤ったお手入れをしている事が大きな要因となります。

 

人間の肌に生じるシミには、いくつかの種類がありますし、それに対して必要なお手入れは違います。

 

 

老人性色素斑

 

最もシミで多く見られるのは老人性色素斑(ろうじんせい しきそはん)であり、シミの世界の代表格でもあります。

 

30代以上の大人肌だけではなく、すでに20代の成人から生じやすいシミです。

 

過剰な活性酸素の影響を受けている現代ですし、紫外線からの影響も昔より強烈であり、肌には老人性色素斑ができやすくなります。

 

 

炎症によるシミ

 

炎症後色素沈着もシミとなり消えにくい原因で、ムダ毛の自己処理でも生じやすい黒ずみのパターンもそれにあたります。

 

ニキビの炎症後に残るニキビ跡とか、虫に刺された跡、火傷の跡などもシミのように残りやすいです。

 

 

ホルモンの影響

 

アジア人女性の30代以降の女性に多く見られるのは、地図のようなぼやけたシミの肝斑であり、体内ホルモンの変化もかかわる症状です。

 

女性はホルモンに左右される人生であり、体内ホルモンが変化する時代からは、肝斑ができやすくなり消えにくくなります。

 

子供から大人までできやすいのは、そばかすのシミであり、そばかすも一度できるとなかなか消えにくくなります。

 

 

 

何故シミにビタミンC?

 

2つの効果

 

何故シミにビタミンCが効果を放つのか、シミや美白といえば間違いなく、引っ張りだこになるのはビタミンCの美容成分です。

 

結論から言うと理由は大きく2つであり、ビタミンCはシミを薄くする効果があること、もうひとつはシミの予防になるためです。

 

 

メラニン生成の抑制

 

シミができないように働きかける効果は、ビタミンCには、シミの原因となるメラニン生成を抑制させる作用があるためです。

 

ビタミンCの働きはシミをつくらないように守る働きがあるため、肌の美白効果をもたらす、最強の美容成分でもあります。

 

ビタミンCを積極的に取り入れることで、体内からは活性酸素を除去する働きにもなります。

 

活性酸素は肌老化の犯人でもありますので、ビタミンCが活性酸素の発生を抑制することで、シミは無駄にはできにくくなります。

 

 

シミを排出させる?

 

シミはビタミンCの成分で薄くすることができますが、それはビタミンCが、シミの還元という排出を促進させてくれるためです。

 

メラニン色素は生成されても、皮膚サイクルで表皮へと押し出されて、やがて垢となり落ちます。

 

でもシミは排出されないで残った状態であり、皮膚の新陳代謝をよくすることで、シミは垢となり剥がれ落ちることができます。

 

皮膚サイクルをよくする、新陳代謝にもビタミンCが関わってきます。

 

 

 

ビタミンCを効果的に摂るには

 

ビタミンCを効果的に摂るには、いくつかの方法で取り入れていくことができます。

 

 

経口摂取

 

口からの栄養として摂取する事は、ビタミンCチャージに大変有効な手段であり、同時にスペシャルなスキンケアで、肌からビタミンCを入れるのも大変良い方法だといえます。

 

忙しい現代人が最も簡単にビタミンCのチャージができる方法としては、健康食品を携帯して、どこででも口に入れて栄養を活かす方法です。

 

ビタミンCのサプリメントであれば、時間も場所も選ばないばかりか、比較的安価でお財布にも優しく、冷蔵や冷凍の必要もないので、バッグに携帯して持ち歩くこともできます。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、一度に過剰に摂取しても多い分は出ていきます。

 

だからこそ、1日のうちでこまめに摂取したほうが、ビタミンCは肌のためにも働きやすくなります。

 

 

スキンケア

 

スキンケアで肌に塗布する場合、イオン導入で浸透をさせるのは、より効果的な方法です。

 

ビタミンCのコスメは数多くありますが、そのままだと安定性が乏しく、毛穴の奥まで浸透は難しいです。

 

でも誘導体での美顔器使用の導入なら、肌の奥まで浸透しやすくなります。

 

最も健康的なビタミンチャージは、食事から栄養を摂取することであり、新鮮な野菜や果物は毎日でも食べたい食材です。

 

 

 

抗酸化作用

 

ビタミンCには強力な抗酸化作用があることから、活性酸素へのアプローチにも役立ち、結果的にお肌を健康に導きキープすることにもなります。

 

 

活性酸素とは

 

人間の体内を錆びさせるのは、活性酸素の仕業です。

 

人間は呼吸をして生命を維持していますが、酸素が体内へと入り変化して活性酸素が生じます。

 

すべて悪いものではなく、人間の体内にはウイルスや細菌が入ることもありますが、それらと戦い攻撃をしてくれますし、酸素反応を良くしたりと良い働きもあります。

 

 

肌の老化の原因

 

必要以上の活性酸素は、肉体と肌を老化させてしまいます。

 

太陽の紫外線に長時間当たるとか、過剰なストレスを背負うなど、ハードな運動も含めて、体内では処理しきれない活性酸素が発生すると、それは人間にはデメリットにしかならないです。

 

多すぎる活性酸素は強い酸化力を持つので、毒性は遺伝子や健康な細胞まで傷をつけて、ダメージを鼓させることが、体内の酸化現象となり、肌老化にもつながります。

 

年齢が上がるのと同時に、活性酸素からの影響を人間は受けやすくなります。

 

健康にも肌にも問題を生じやすいのが、処理しきれないほどの大量の活性酸素ですが、ビタミンCの抗酸化作用が、活性酸素の害を引き受けてくれます。

 

 

 

ビタミンC以外のシミ対策

 

ビタミンC以外のシミ対策として、美白化粧品でのスキンケアは、シミ対策には大変有効な手段だといえます。

 

ホワイトニングを強みとしたコスメは数多く市販をされていますが、それらがシミにも効果をもたらすのは、配合成分を美白成分に特化しているためです。

 

ビタミンCはまさに、昔から変わらない美白ケアのキング的な成分ですが、現代の化粧品にはほかにも、美白に効果的な成分が数多く配合をされています。

 

 

美白成分

 

ホワイトニング化粧品に含まれる美白成分として、国が認めている美白有効成分などは、ホワイトニングコスメにはよく使われています。

 

プラセンタエキスやアルブチン、トラネキサム酸などは、日本という国が認めている美白の有効成分であり、ホワイトニングコスメの成分錠を見ても、これらの成分はよく目にする成分です。

 

ホワイトニングをメインとしている基礎化粧品は、継続して使い続けることで、肌のシミを薄くしたり、シミをつくらないようにケアしたり、肌の透明感を助けることになります。

 

配合成分を購入前にはチェックをすること、継続して美白ができるように化粧品も、価格も自分のお財布に見合った種類を選びます。

 

 

医薬部外品

 

必ず美白の有効成分配合を選びたいときには、医薬部外品と記載がある化粧品を探すことです。

 

医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているの安心して使うことができます。

 

 

 

まとめ

 

「できてしまったシミにビタミンC、美白への特徴と効果とは」いかがでしたか。

 

シミは女性にとって大問題ですよね。

 

シミの特徴をきちんと理解してケアしていくことが大切になってきます。

 

美肌は.comでは、ランキンランキンで売り上げNo.1の医薬部外品シミケアジェル「シミウス」の記事もありますので、参考にしてみてください。

 

メビウス製薬のシミウスの効果と口コミ|40代美女の私が使ってみた

-
-