美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

ブラジャーの紐の色素沈着|原因と対策を調べてみました

2017/10/14

 

ブラジャーの跡が黒ずんでしまっている方はいませんか?

 

新しいブラジャーをすると、赤くなることはありませんか?

 

ブラジャーが原因でシミ(色素沈着」になってしまうこともあります。

 

そんな色素沈着の原因や対策をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

ブラジャーの色素沈着関連の口コミ

 







 

 

 

ブラの色素沈着の原因は

 

ブラの紐の色素沈着は恥ずかしいものですし、誰にも相談できずに悩んでいる女性もいるかもしれません。

 

紐の跡が体にうっすらついてしまうこともありますし、シミのようにくっきりついて目立つこともあるでしょう。

 

 

ブラジャーのサイズは?

 

このような跡がついてしまうのかということですが、まずはサイズが合っていないブラを着用してしまったという原因が挙げられます。

 

胸に合っていないサイズのブラをつけていると皮膚を圧迫してしまいますし、色素沈着を引き起こすことがあるのです。

 

 

ブラで赤くなったら注意?

 

下着を外した後に皮膚が赤くなっていたら注意が必要です。

 

皮膚が赤くなってしまうのは肌に刺激が加わっている証拠であり、メラニン色素の生成が活性化している状態です。

 

 

矯正下着の影響?

 

バストアップのために矯正下着を着用している人もいるかもしれません。

 

そのような下着を着用していると皮膚に跡が残ってしまうこともあるため、無理なくスタイルを良くしてくれる下着を身に着けるようにしましょう。

 

 

冷え性の方は注意

 

体質的にメラニン色素が多い人はちょっとしたことで色素沈着が起こってしまうこともあります。

 

また、色素沈着は冷え症の人ほど起こりやすいとされており、体の血行が悪い人が少しきつい下着を着用する時は注意しましょう。

 

 

 

どの部分に色素沈着が起きやすい?

 

ブラジャーの色素沈着はどの部分に起きやすいのか気になっている人もいるでしょう。

 

ブラの色素沈着というのは意外と簡単に起こってしまいます。

 

特にサイズの合っていない下着を着用すると黒ずみがおこりやすいので注意が必要です。

 

ブラの色素沈着は普段人に見せることはありませんが、温泉に入った時などに気になってしまうこともあります。

 

綺麗な肌を保ちたいという場合、まずは黒ずみの原因を知っておくと良いでしょう。

 

下着によって黒ずみができてしまう原因は摩擦によるダメージであることがほとんどです。

 

人間の肌はダメージを受けるとそれを軽減するためにメラニン色素を作り出します。

 

このメラニン色素はもともと肌を守るために作られるものなのですが、過剰に生成されると色素沈着が起こってしまうということです。

 

 

お肌に負担をかけている部分は?

 

肩ひもが細いブラをつけていて擦れた場合、肩に黒ずみができてしまうこともあるでしょう。

 

また、ホック部分が擦れた場合は背中に黒ずみができてしまうことがありますし、ワイヤーの締め付けが強すぎるとアンダーバストの位置に黒ずみができてしまうということです。

 

また、スポーツなどで腕を動かすことが多い場合、脇の下の部分に黒ずみができてしまうこともあります。

 

 

 

色素沈着を促進させないためには

 

ブラを着用したらなぜ黒ずみができてしまうのかということですが、肌の摩擦や圧迫が主な原因とされています。

 

肌というのはちょっとした刺激でメラニン色素が作られてしまいます。

 

メラニン色素はもともと肌を守るためのものであり、ブラのサイズが合っていない場合は肌が擦れてダメージを受けてしまうため、多く作られてしまうということです。

 

結果として色素沈着が起こってしまうため、白い肌を手に入れるためにはブラの選び方がポイントです。

 

 

サイズ選びが重要

 

最近では通販サイトでも手軽に下着を購入できるようになったのですが、自分のサイズに合わせたブラを着けることが大切です。

 

洋服や靴下などはある程度サイズが決まっていますし、通販サイトで購入しても良いかもしれません。

 

しかし、下着を試着せずに購入するのは良くありません。

 

ちなみに、肌にはターンオーバーという細胞の生まれ変わり機能が備わっているため、これが正しく働けばメラニン色素は体外に排出されるのです。

 

しかし、ターンオーバーはちょっとしたことで乱れやすいですし、乱れたままで放置するといつまでもメラニン色素が出ていきません。

 

ターンオーバーを整えるためには生活習慣を見直してみると良いでしょう。

 

食事や睡眠などがポイントです。

 

 

 

ブラジャーの選び方やつけ方

 

ブラによる黒ずみはなぜできてしまうのかということですが、色素沈着が主な原因とされています。

 

これは顔などにできるシミと同じメカニズムであり、紫外線から肌を守るために作られるということです。

 

 

ターンオーバーの重要性

 

ターンオーバーが正常なら過剰に生成されたメラニン色素は時間が経てば排出されます。

 

しかし、栄養不足や乾燥などによってターンオーバーが滞ってしまった場合、生成されたメラニン色素がそのまま肌に蓄積されてしまうということです。

 

黒ずみは紫外線だけが原因ではなく、強い圧迫や摩擦などを受けた時にもできてしまうとされています。

 

ブラによる黒ずみを予防したいという場合、黒ずみの原因である刺激をなくすことが大切です。

 

肌への刺激をなくすためには自分に合うサイズのブラを選ぶようにしましょう。

 

サイズが大きすぎると胸が揺れて摩擦が起こってしまうことがあります。

 

逆に小さすぎると肌が圧迫されてしまいますし、締め付けによって黒ずみが発生してしまうこともあるのです。

 

また、ワイヤーの形や大きさが体に合っているかどうかも重要です。

 

 

胸が小さいと?

 

ちなみに、脂肪には刺激を吸収するという役割もあるため、胸に脂肪が少ない人は刺激を受けやすいということです。

 

そのような人は黒ずみが起こりやすいので注意しましょう。

 

 

 

セルフケアをするには

 

ブラによる色素沈着の悩みは多くの女性が抱えていると言われています。

 

下着はデザインや色などでえらんでしまう人も多いでしょう。

 

しかし、体に合っていない下着を身に着けると色素沈着が起こってしまうこともあるのです。

 

 

ブラは色素沈着になりやすい

 

ブラには肩紐やワイヤー、ホックなどのパーツがありますが、どのパーツも色素沈着の原因となってしまうことがあります。

 

パーツの形と体が合っていない場合、皮膚との間に余計な隙間ができてしまいますし、動く度に摩擦が起こってしまうでしょう。

 

肌はその摩擦を刺激と感じてしまうため、肌を守るためにメラニン色素を生成してしまうのです。

 

メラニン色素には肌を守る役割があるため、ブラの色素沈着を抑えるためには体に合った下着を身に着けることが大切です。

 

また、原因を取り除くことはもちろん、セルフケアする方法も知っておくと良いでしょう。

 

 

セルフケアをしよう

 

セルフケアではどのような商品を使うと良いのかということですが、トラネキサム酸配合のものや炎症を抑える効果のあるもの、保湿効果のあるものなどが有効です。

 

黒ずみには美白効果のある化粧品が効果的であり、肌への刺激が少ない成分のみを配合したものを選ぶと良いでしょう。

 

1回では効果が出なくても継続することが大切です。

 

 

 

まとめ

 

「ブラジャーの紐の色素沈着|原因と対策を調べてみました」いかがでしたか。

 

ブラジャーの色素沈着は原因を知ることで対策することができます。

 

いくら肌がきれいでも、色素沈着はお肌が奇麗なほど目立ってしまいます。

 

最近では黒ずみ対策のスキンケアも販売しているので使ってみるのも良いかと思います。

 

 

注目されている関連記事

 

 デリケートゾーンの黒ずみクリーム市販品を購入する前に確認する事

 デリケートゾーンの洗い方間違えていませんか?私が徹底解説

 パンツラインの跡の黒ずみは消えないの?原因と対策を知ろう

 メガネの鼻の部分の跡(色素沈着)の消し方はあるの?

 毛穴の黒ずみ対策に使う化粧水の選び方や使い方

 イビサクリームの効果的と口コミ|3ヵ月後の私のVIOゾーンは?

-
-,