美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

身だしなみ

お腹がギュルギュルぐるぐるキュルキュルしたらコレ♪

 

「こんな時にお腹があなるの!?」と思っていても、次から次へと鳴り続けて恥ずかしい体験をした方はいませんか?

 

中には、大切なシーンに限ってお腹が鳴りだしてしまう女性はいませんか?

 

ピッシ!と決めた時に、お腹が「ギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」鳴りだしたらカッコ悪いですよね?

 

 

 

お腹が鳴って恥ずかしいかった口コミ

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

 

お腹がなってしまう原因

 

まず対策の前に、お腹が鳴ってしまう原因を知っておきましょう。

 

 

音の原因は

 

「ギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」なってしまうあの音の原因は、食べた物はお腹の中に送られていきます。

 

私たちの体の中では、蠕動収縮運動(ぜんどうしゅうしゅくうんどう)の働きによって口から胃、そして腸へと運ばれていく時に、消化液などによって柔くなっていく食べた物と、お腹の中に存在するガスが混ざり合った時に鳴るのが原因です。

 

気化した物と、ドロドロになった食べ物は腸という限られた空間で混ざり合っていきますが、気化した物と液体若しくは個体は、いくら混ぜてもなかなか馴染む事ってないですよね。

 

その反発的な行動によって「ギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」となってしまうのです。

 

 

お腹がすいた時になるのは?

 

先ほどの解説だと、食べた物と気化しているガスがまじりあった時に音がなってしまう話ですが、多くの場合はお腹がすいて鳴ってしまうと考えられていますよね。

 

お腹がすいた時に鳴る原因は、人は空腹状態になると血液に含まれる血糖値が下がっていきます。

 

下がっていくと、脳がその状態を察知して、次に食べた時に糖分を吸収しやすいようにと体に指示を出していきます。

 

体は次の食べ物の時に糖分が吸収しやすい状態にするために、胃や腸に命令を出して活発に働くようになっていくんですね。

 

活発に動く事によって、お腹が鳴ったりするわけです。

 

 

 

お腹のガスがポイント

 

お腹の音が鳴る原因は、胃や腸等が活発に動く事が原因ではありますが、「ギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」と音を響かせてしまう根本的な原因は「ガス」にあります。

 

つまりお腹の中のガスの量が多ければ多いほど、鳴りやすい状態だという事です。

 

ガスが溜まりやすい人は「オナラ」や「ゲップ」が出やすい事に繋がっているとも考えられています。

 

 

呑気症(どんきしょう)

 

呑気症(どんきしょう)は、簡単に言うと空気を沢山胃や腸に入れてしまう事です。

 

とは言え意識的に大量の空気を入れている人なんてほとんどいませんよね。

 

呑気症(どんきしょう)の原因は、早食いをしたり炭酸飲料を飲んだりした時に起こりやすくなります。

 

「なるほど!」と思った方もいると思いますが、コーラ等の炭酸飲料を飲んだら「ゲップ」が出やすくなりますよね。

 

「ゲップ」=「お腹にガスがたまる」と考えるとイメージしやすいかと思います。

 

 

ストレスを溜めこむ

 

プレゼンテーションや表彰式などの緊張しやすい状態になると、ストレスが溜まっていきます。

 

腸は自律神経の影響を受けやすいと言われており、ストレスを溜めこむことで正常な動きをしなくなりガスを上手く送り込んだり出来なくなるのでお腹が鳴ってしまう事もあります。

 

 

食べ物による影響

 

ガスが溜まってしまう原因には普段食べている物の影響も考えられます。

 

ガスが発生しやすい食べ物としては、豆類やブロッコリーやキャベツ、そして米や芋等のでんぷん質の多い物等です。

 

ガスが発生しやすくなると「ゲップ」や「オナラ」もでやすくなっていくので、食べ物も意識していきましょう。

 

 

悪玉菌

 

食べ物にも関係してくるのですが、消化しにくい物を食べるとお腹の中のバクテリアが消化しようと活発に働き出します。

 

バクテリアが活発に動き出すと、それだけガスが発生しやすくなります。

 

特に高脂肪だったり高たんぱく質の物を食べると、ガスを発生させる悪玉菌が増殖していきます。

 

 

水を飲んでしまう

 

意外にやってしまいがちなのが、水を飲んでしまう事です。

 

水を飲むことで満腹状態にして音を鳴らさないようにしようと考えがちですが、短時間での効果は期待できるものの、結局は音が出やすくそして大きくなる傾向にあります。

 

ただし飲んでからの10分程度は効果があるとも言われています。

 

 

 

お腹が鳴らないようにするには

 

腸の働きを正常にし、ガスの量を増やさない事が基本的な考え方です。

 

 

朝食を摂る

 

お腹が鳴って恥ずかしい思いをするのは人に関わっている時がほとんどだと思います。

 

24時間お腹が鳴るのが嫌なら、3食きちんと食べる事が大切ですが、仕事などで人と関わる事を考えると特に朝食はきちんと食べましょう。

 

 

早食いをしない

 

呑気症(どんきしょう)の所でも説明しましたが、早食いをする事でお腹の中に空気を入れてしまいギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」の原因に繋がっていきます。

 

よく噛んで食べる事を意識していきましょう。

 

 

緊張しないようにする

 

「緊張しない様に!」と考えると余計に緊張していってしまいます。

 

自分が妄想した時に夢中になる内容を事前に用意して紛らわせれるようにしましょう。

 

例 食べ物が好きなら、今晩のメニューを考える 等・・。

 

 

炭酸飲料は控える

 

これも先ほどお話ししましたが、炭酸はガスを発生させやすいので控えるようにしましょう。

 

 

背筋を伸ばす

 

実は姿勢の良い人に比べて、猫背の人の方がお腹が鳴りやすい傾向にあります。

 

体が丸まっていると腹腔(ふくこう)の面積が大きくなってしまうのですが、背筋を伸ばす事によって面積を小さくし活発になった胃腸の動きを緩やかにしていきます。

 

背筋を伸ばす事は色々な部分でもプラスになるのでやってみましょう。

 

 

沢山飲み過ぎない

 

炭酸のところと似ていますが、水分を大量に摂り過ぎてしまうと消化する働きが薄まってしまい、食べ物が上手く分解できずガスが発生しやすい状態になります。

 

 

 

お腹が鳴ったらすぐに食べた方が良い?

 

お腹が「ギュルギュル」「ぐるぐる」「キュルキュル」と鳴りだしたら、自分はお腹がすいたから食事をした方が良いの?と思ってしまうかもしれませんが、ちょっと待つことが大切です。

 

お腹が鳴る時は、腸がお腹の中で次の食事に備えて掃除をしていたり環境を整えている状態でもあります。

 

お腹が鳴るのは恥ずかしいかもしれませんが、ある意味健康的な腸がお腹のために働いている証でもあります。

 

記憶力が上がる

 

お腹が鳴っている時、つまり空腹状態になってきたときは脳内のタンパク質が活性化して記憶力が上がるとも言われています。

 

 

健康に?!

 

極端な話ですが、人は空腹状態になると身体が生命を維持するために細胞の修復力が上がっていくと言われています。

 

「食事量を4割減らすと、寿命は1.5倍に延びる」事が、動物実験で証明されています。

 

 

美容効果?!

 

空腹状態になると善玉ホルモンである「アディポネクチン」が分泌されやすくなると言われています。

 

アディポネクチンは血液に乗って全身を周り、血管が傷ついていると修復する働きがあります。

 

また、肌を健やかにしシワを薄くする働きがあるとも言われています。

 

 

 

病気の可能性

 

お腹が鳴る事は、全てが健康という事ではありません。

 

もしあまりにも鳴りすぎたり、違和感を感じるようであれば専門の医療機関に行って診察を受けましょう

 

 

過敏性腸症候群

 

症状としては下痢になったり便秘になったりすることがあります。

 

命の危険性は無いと言われていますが、完治する事が難しいとされています。

 

 

逆流性食道炎

 

飲み過ぎが主な原因で、胸やけや吐き気を感じる場合があります。

 

 

胃炎

 

腹痛や人によっては吐き気を及ぼす場合もあります。

 

 

 

まとめ

 

「お腹がギュルギュルぐるぐるキュルキュルしたらコレ♪」いかがでしたか。

 

ただ単にお腹の音が鳴るだけではなく、色々な要素が重なって起きてきます。

 

特徴を知る事で、人前で恥ずかしくならない様にしていきましょう。

-身だしなみ
-