美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

体形

キャビテーションの原理セルライトに効果ある?やり過ぎは?

2018/05/01

 

 

「キャビテーションの原理セルライトに効果ある?やり過ぎは?」

 

 

いつの間にか自分の太ももがデコボコしてきた。

 

お尻を触ってみるとデコボコな感じがする。

 

このデコボコの正体がセルライトです。

 

セルライトは運動不足であったり、食生活の乱れによって作られていきます。

 

また一度セルライトが出来ると、そのままでは消えず逆に増えやすくなってしまう特徴を持っているのです。

 

そうは言っても社会人になると環境の変化などで、なかなか運動やバランスの取れた食生活は難しいですよね?

 

そんな女性にオススメなのが、「キャビテーション」です。

 

今回はキャビテーションがどの様にセルライトに働いていくのかをご紹介していきます。

 

自宅で簡単キャビテーション

ボニックプロ公式サイト

ボニックプロ

キャビテーションとは

 

Q「キャビテーションって何なの?」

A「超音波を使って強制的に脂肪を乳化させていきます」

 

 

cavitation(キャビテーション)とは、特殊な超音波を発生させ圧力の差によって細胞同士を衝突させて破壊、脂肪を乳化させ体外に排出されやすい状態にしていく事です。

 

お腹が気になったり、ふくらはぎを細くしようとしてジョギングやエクササイズをしても自分が気にしている部分だけが痩せてしまったり、なかなか思うように効果を得られない事があります。

 

キャビテーションはエステサロンは勿論の事、今では専用の機器で自宅でもでき、人気の一番の理由が自分が気になっている部分を狙って脂肪を溶かす事です。

 

もっと細かく説明しますと、気になる脂肪やセルライトを特殊な超音波によって気泡を発生させる事で空洞現象(キャビテーション)を作り出し、強制的に分解させ乳化させていきます。

 

液体は100度で沸騰すると泡(気泡)が発生していきますよね。

 

キャビテーションは温度の上昇を利用するのではなく、液体の加圧や圧力を下げる事で沸騰したように気泡を発生させていきます。

 

水分は100度で沸騰し気泡を出しますが、圧力を低下させることで常温でも沸騰現象が起こるのです。

 

逆に圧力を上げていくと消滅していくのです。

 

この繰り返しを行う事で、脂肪やセルライトを乳化させていきます。

 

バラ肉を使った実験の動画がありますので参考にしてみてください。

 

皮つきばら肉をキャビテーションしてみたら・・・

 

このようにキャビテーションをする事で脂肪やセルライトを乳化させていく原理が分かるかと思います。

 

 

 

セルライトにはどのような効果が?

 

 

Q「セルライトにキャビテーションをしたらどうなるの?」

A「凝り固まっているセルライトを砕いていきます♪」

 

 

セルライトはお尻や足などの腰から下半身に出来やすく、お肌の表面が凸凹な状態になってしまう事で、脂肪細胞の中に老廃物が溜まってしまい不揃いに大きくなってしまっている状態の事です。

 

主に血流が悪くなったりリンパの流れが悪いと、老廃物や余分な水分が排出されにくくなり代謝が落ち、栄養や酵素が届かない状態が続くと脂肪細胞が繊維化していきセルライトとなってしまいます。

 

 

 キャビテーションで砕く?

 

セルライトとなった脂肪細胞は、さらに血流やリンパの流れを悪くするので、ますます状況が悪くなっていき、老廃物と脂肪が絡み合っているのでなかなか改善させるのが難しいです。

 

キャビテーションを行う事で、凝り固まった脂肪を砕いていくのでセルライトの予防や除去していきます。

 

砕かれたセルライトは数日かけて排出されていきます。

 

キャビテーションを行う事でセルライトの除去は勿論の事、付きにくくもなるので可能であれば継続していく事がオススメです。

 

良く「何回くらいキャビテーションを行えばいいのですか?」と言う質問があるのですが、個人差やセルライトの状況により違うので一概には言えませんが、セルライトを除去するのは意外と難しいのでキャビテーションの継続をオススメします。

 

そうはいってもエステに何度も通うにはお金がかかるので、2~3回エステに通うのであれば、自宅で出来る機器を購入して定期的に継続したほうが良いと思います。

 

確かに効果はエステサロンの方が上ですが、コストをかけずに継続していくのであれば自宅で出来る物が良いです。

 

セルライトを除去するのに、強くもみだしする所もあるようですが毛細血管を傷つけてしまう事になるので、そういった意味でもキャビテーションを行う事がいいでしょう。

 

そしてセルライトが出来てしまう原因は、運動不足や偏った食事、睡眠不足などが原因です。

 

セルライトが無くなったとしていても、生活環境が変わらなければセルライトは再び出てきます。

 

キャビテーションはセルライトが消えてからも、継続的に行う事で予防効果としても期待できます。

 

 

 

リバウンドの心配がない

 

 

Q「リバウンドの可能性はないの?」

A「キャビテーションは脂肪を分解していくので、そもそもリバウンドにはなりません♪」

 

 

体を細くしたくてダイエットをしても計画的に行わなければリバウンドの可能性があります。

 

ダイエットで失敗した場合、ただ体重が戻るだけではなく、太りやすい体にしてしまう場合もあります。

 

食事制限や運動で細くしていくのとは違い、キャビテーションは脂肪を分解していく事なのでリバウンドをするという事がありません。

 

 

 

 リバウンドと勘違い?

 

エステサロンでのキャビテーションの場合、そんなに何度も通う事が出来ない場合もありますよね。

 

キャビテーションの効果は3日~長くて1週間とも言われています。

 

定期的に行わなければ効果は持続していかないので、それをリバウンドと勘違いしてしまう人もいるようです。

 

またいくらキャビテーションをしても、暴飲暴食や運動不足であれば効果は半減してしまうでしょう。

 

エステサロンの場合は予約が必要になるのと、そこまで通わなければならないので時間を使いたくない女性にはちょっと向いていないかもしれません。

 

社会人になって夜帰宅、遅い時間に運動をする事が出来なかったり、貴重な時間を有効に使いたい女性なら自宅で出来るキャビテーションという選択肢も良いと思います。

 

 

 

やり過ぎはどうなの?

 

Q「キャビテーションはやりすぎると、どうなるの?」

A「脂肪の乳化させていくので、毎日やりすぎると肝臓の負担になる事もあります」

 

 

エステサロンの場合はきちんと時間が決められていますが、自宅の場合キャビテーションを継続していくうちに、違いを感じたりしてくるとつい必要以上の時間やり過ぎてしまう事があります。

 

キャビテーションは確かに強制的にアプローチしていくものですが、基本的な考え方は身体の働きをサポートしていくという観点から、ある程度行った後は身体の自然の力を使う事が大切になってきます。

 

もう一つは乳化させて柔らかくなった脂肪は肝臓で代謝され排出されていきます。

 

必要以上に乳化させることは肝臓に負担をかけさせてしまうので、取り扱い説明書を読んで使い方をまもりましょう。

 

また女性は生理や妊娠などによって体の状態が変わってきます。

 

体の状態に合わせてキャビテーションをしていく事が大切になってきます。

参考生理前中後、妊娠中のキャビテーションは辞めた方がいいの?

 

 

 

キャビテーションの効果を上げるには

 

Q「キャビテーションの効果をあげるには?」

A「キャビテーションは継続していく事で、効果を最大限に発揮していきます」

 

 

さきほどもお伝えしましたが、効果を更にあげていくには継続していく事です。

 

エステサロンに通うのか自宅で行うのかは、その人次第ですが高級エステサロンを2~3度しか行かないのであれば、自宅で出来る家庭用キャビテーションで継続していく方が長い目で見てお得です。

 

あまりお金をかけたくないのであれば、無料体験や体験価格○○円等に1度行ってみて、普段は自宅でキャビテーションするのがいいでしょう。

 

お金があるのであれば、エステに通うのが1番良いと思います。

 

ただし、いくらエステに通ってもキャビテーションの後の行動によっては逆に太ってしまう事もありますので、注意が必要です

 

参考→キャビテーションは痩せない?効果が無い理由とは?

 

 

 

キャビテーションの後にしなければいけない事

 

Q「キャビテーションの後にしなければいけない事って?」

A「マッサージや刺激を与える事で、乳化した脂肪を流しやすくしていきましょう。」

 

 

脂肪を溶かしても、そのままにせず流していく事をしましょう。

 

殆どのエステサロンでは、キャビテーションをした後はマッサージをしたり機器で刺激を与えていきます。

 

キャビテーションだけではなく、プラスαで「脂肪を流す」事で効果を更に上げていきますので、サロンに通うのであればきちんと内容を理解しておきましょう。

 

自宅で行う場合は、終わった後マッサージをしていくとより効果が望めると思います。

 

自宅で簡単キャビテーション

ボニックプロ公式サイト

ボニックプロ

 

 

 

エステサロンでのキャビテーション

 

エステサロンでセルライトを無くするには2回や3回では、ほぼ無理でしょう。

 

少なくても5~10回は通わなければいけないと考えた方が良いです。

 

人によっては15回、20回と通わなければいけないので、エステでキャビテーションする場合は、お店の雰囲気もそうですが通いやすいかどうか確認しておきましょう。

 

資金があって通いやすいのであれば、エステサロンでのキャビテーションには効果が期待できます。

 

エステサロンでのキャビテーションの動画です。

 

エステサロン シーズラボのキャビテーション見学会の動画

 

 

 

 

自宅で出来るキャビテーション「ボニックプロ」

 

自分がセルライトに気づく時って、セルライトができ始めてから長い時間が経過されています。

 

つまりセルライトをケアしていくには、それに見合った時間がかかることがあります。

 

エステに行っても1度や2度くらいしか通えないようであれば、自宅で出来るキャビテーションの方が効果を期待できます。

 

自宅で自分で出来るので、仕事の残業や急な用事があっても、自分なりのスケジュールを組んで継続して使えるので、セルライト対策として使う自宅でのキャビテーションには効果が期待できます。

 

継続と言っても、1週間に2~3回程度、1回30分くらいを目安に行うだけなので簡単です。

 

自宅でキャビテーションのできる「ボニックプロ」の動画です。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 

キャビテーションを継続するメリット

 

 

Q「何故、キャビテーションを継続した方が良いの?」

A「セルライトの原因は環境の影響、環境はなかなか変える事ができないのでオススメなのです」

 

 

セルライトの予防やケアに効果が期待できるキャビテーションには、他にもメリットがあります。

 

人によっては、お尻や二の腕、そして太ももとお肉の付き方が気になってくる場合もあります。

 

でも自分が気になっている部分の脂肪を分解させたくても、実際問題ほとんどが難しくてできません。

 

キャビテーションなら、まず自分が気になる部分にアプローチしていけるところです。

 

そして皮下脂肪と内臓脂肪両方に働きかけていく事なんでうすね。

 

セルライトのケアにお金を使いたくないと考えている女性もいると思いますが、継続的にキャビテーションをしていく事は、自分が気になる部分をスリムしていく効果が期待できるのです。

 

 

 

キャビテーションの口コミ集めてみました

 

「キャビテーションに関してのTwitterもありましたので、見ていきましょう」

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

 

まとめ

 

「キャビテーションの原理セルライトに効果ある?やり過ぎは?」いかがでしたか。

 

部分痩せを考えてても、なかなか上手く狙ったように痩せる事は難しいです。

 

何度かサロンに通った方も、まだ一度もキャビテーションをしたことない人も、自分の好きな所を狙ってアプローチしていけるので、試してみてはいかがでしょうか?

 

大切な事は継続して、キャビテーションしていく事です。

 

スリムにする方法は1つではないので、色んな対策方法を試してみてください。

 

たった2つのボタンでキャビテーション

ボニックプロ公式サイト


ボニックプロ

 

-体形
-