美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

ダイエット 健康 成分

カメリナオイル|カメリナサティバのイコセン酸の効果とは

2017/09/06

 

カメリナオイルとは

 

カナダのカメリナサティバ「別名ナガミノアマナズナ」が原料で、その種子をコールドプレス製法にて丁寧に圧搾した無添加・無精製のオイル。

 

カメリナオイルの特徴は「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」が理想に近いバランスで摂れる事です。

 

どれも一般的なイメージだと油なので、あまり摂らなくて良いと思ってしまうのですが、特にオメガ3は人の体の中では作る事が出来ないので外から摂るしかありません。

 

オメガ6は、有名な物でいうと「ごま油」や「コーン油」「大豆油」なので沢山の料理に使われている事が多く、意識して摂らない様にしてても摂れてしまう事が多いです。

 

オメガ9は「オリーブオイル」等で、普段から少量だけ使うようにするのが一般的な考え方です。

 

カメリナオイルはオメガ3、オメガ6、オメガ9に対して「2:1:2」と理想に近い割合で含まれています。

 

「えごま油」や「あまに油」にもオメガ3が含まれているのですが開封後参加しやすいのに対して、カメリナオイルは酸化しにくい性質がある事も特徴です。

 

 

 

オメガ3

 

不飽和脂肪酸の中でも注目される成分である「オメガ3」。

 

当サイトでも、美肌を意識した女性にオススメという事で紹介したことがあります。

 

えごま油に含まれている成分「オメガ3」が、サラサラの血液を作り出し、腸の悪玉菌の排出を促進していきます。

また、代謝を促す働きがあり、肌の細胞が古いものから新しいものへとスムーズに生まれ変わることができ、肌に滞ってしまった老廃物の排出していく事で肌荒れを改善へ導きます。

肌代謝を活性化されると保湿成分である「セラミド」も生成される様になり、皮膚からの水分蒸発を防止しながら乾燥肌対策として期待されています。

えごま油のオメガ3は、コーン油やオリーブオイルの約60倍も含まれており、肌への効能は早い人で1週間~10日くらいで良くなっていく人もいるので、気になる方は是非試してみてください。

えごま(エゴマ)油の効能とダイエット方法で痩せた?使い方は?より

 

また、脳細胞の神経伝達をスムーズにする働きがあり、前向きな気持ちに大きく貢献したり、アレルギーや炎症を抑えたり、認知症予防にも効果的な栄養素です。

 

ただし欠点があり、熱に弱く非常に酸化しやすいので購入した場合は冷蔵庫などで冷やしたり涼しい所で保存して、生で飲むことがオメガ3を最大限に活かす方法でした。

 

 

 

熱にも強いオメガ3とは

 

 

オメガ3=熱に弱いと一般的に思われているのですが、カメリナオイルは発煙点(スモークポイント)※1は240度とオメガ3系オイルでは最も高く、加熱調理が可能です。

 

150度で30分加熱しても殆どのオメガ3が壊れないので、調理のレパートリーを増やす事が出来るんですね。

 

油ものが好きな人が食事の他に、「オメガ3は美容に良い!」と言わんばかりに飲んでいては脂質の摂り過ぎになってしまう可能性もありますが、熱を使って調理した物でもきちんとオメガ3が取れるの脂質の摂り過ぎを改善していけますね。

 

※1発煙点(スモークポイント)とは、油が気化=煙になり、有害な物質を出し始める温度

 

亜麻仁油やエゴマ油は発煙点が約110℃

 

 

 

保存がしやすい

 

「えごま油」や「あまに油」と比較すると、優れた天然抗酸化成分と言われているビタミンE、βカロテンが含まれており、常温保存が可能。

 

外部の専門機関で調査、2か月間常温で保存してもほとんど酸化されないとの事。

 

 

 

イコセン酸とは

 

カメリナオイルに含まれるイコセン酸は、悪玉コレステロールを減少させ、高血圧の改善する一価不飽和脂肪酸の1つ。

 

動脈硬化の予防

高血圧の予防

心疾患の予防

胃腸の健康

腸の運動を助ける

便秘の改善

 

血液をキレイにする事は健康的な体作りには欠かせません。

 

悪玉コレステロールを減少させることで血液をサラサラにし、高血圧の症状を改善していくと言われています。

 

イコセン酸はサンマやニシン、アボガドにも多く含まれています。

 

ただし1日の摂取目安量が明確になっていない部分もあるので摂り過ぎには注意しましょう。

 

基本脂肪酸なので摂り過ぎは肥満の原因になっていきます。

 

 

 

レシチン

 

カメリナオイルに含まれるレシチンはリン脂質の一種で、遺伝子情報や肉体の再生活動を行なっている細胞を覆っている「細胞膜」を構成する成分です。

 

レシチンには乳化作用があり、水と馴染みやすい「親水性」と脂と馴染みやすい「親油性」の2つの特徴を持っています。

 

この2つの性質が細胞内に栄養を送り、逆に細胞内から老廃物を排出させていくので、まさに細胞レベルで健康的な身体へとアプローチしていく成分ですね。

 

また、血管壁についたコレステロールや血液中の中性脂肪を除去、血液をサラサラにし、高血圧症や動脈硬化、高脂血症を防止していきます。

 

栄養を細胞に送り、老廃物を効率よく排出させることは、細胞の活性化に繋がり脂質代謝を良くすることになっていきます。

 

レシチンにはニキビや肌荒れの予防にも効果が期待されていて、その理由が細胞に栄養を供給したり、老廃物を排出させることで美容効果に繋がっていきます。

 

また脳の情報を体のいたるところに伝える「神経伝達物質」を構成する材料でもあります。

 

 

 

遺伝子組み換え?

 

良く海外で取り扱っている場合は遺伝子組み換えの事を気にする方もいらっしゃいます。

 

カナダ産のカメリナサティバには一切遺伝子組み換えを行っていません。

 

 

 

口コミ集めてみました

 

今、話題のオメガ3オイルと言うことで早速使ってみました。炒め物にもパスタにも相性抜群!

何より濃厚なココナッツのような独特の良い香りが個人的にかなりハマりました!

同じオメガ3オイルのエゴマ油や亜麻仁油との違いは「加熱OK」「常温保存OK」なのに、保存期間は「約2年」と言うことです。

取り扱いに気を配らなくて良いのは主婦にはありがたいです。

現存の食用オイルの中では最も使いやすく、高品質なエクストラバージンオイルだと思います。

そのままスプーン一杯飲むこともできますし、手作りドレッシングもこのカメリナオイルで作ると最高です!

美容健康意識の高い方にはとてもオススメです。

加熱が出来るので、1度これを使ってしまうと、普通のサラダ油には戻れなさそうです…。

Amazonより

 

オメガ3オイルを摂るにあたって、世間では亜麻仁油やエゴマ油が主流ですが、問題は「酸化」でした。

主人が鍼灸院を営んで「オイル革命セミナー」を行っておりますが、オメガ3オイルに関してはなかなかいいオイルに出会いませんでした。

やっとカメリナオイルに出会って、開封して常温でも酸化しないというのが素晴らしい!

実際に食べてみたら、ちょっと草のような味?を感じますが、酸化を気にせずにオメガ3を摂れるのは嬉しいです。

毎日食事の際には、カメリナオイルを食しております。

主人の「オイル革命セミナー」でもカメリナオイルを勧めております。

ただ味に少し特徴があるので、星4つにさせてもらいました。

Amazonより

 

子供達に安全な食生活をと思い、安心して使える油を探して辿り着きました。

マーガリンを始め普通にスーパーで売られている油の殆どにトランス脂肪酸が含まれている現実に、親としての責任から不安を抱いていました。

カメリナオイルはその栽培から製造に至るまで、化学薬品や農薬を使用せずに作られていて、加熱しても使えるとの事で購入しました。

ドロドロしていないサラッとしたオイルなので、ドレッシングにも合うし、少し香りがありますが、調理すれば気になりません。

オリーブオイルで揚げ物をしたら、素材の味が生かされなかったので、カメリナオイルで試したところ、とても美味しくできました。

ただ、揚げ物はオイルをたっぷり使うのでお値段の高いカメリナオイルは勿体無くてなかなか使えませんね。

いいオイルだと思いますが、コスパがかなり宜しくないので、星は4つにしました。

Amazonより

 

普通の油でないと評判を聞き、黄色いカメリナ畑の写真に惹かれて入手。

開封してスプーンでひとなめ。ナッツのような香りとさらりとした舌触りに、入手から二週間ほどは、そのまま無糖パンにつけたり、ドレッシングに使ったりして、味わいました。

加熱しても栄養素が壊れない、つまり味わいも良いままなのだろうと、ピラフに使用。

油っぽさがなく、パラリと見目よい、美味しいピラフになって驚きました。

カレーの具材炒めに使うと、いつものごってり感がなく、作り置くつもりが早々に完食。

焼きそばに使っても、さらりとした食感と豊かな味わいは変わらず、いつもの焼きそばとは思えないほど美味しくなりました。

開封から二カ月ほど経っても悪くならず、うっかり使いすぎても油っぽくならない。

パッケージがしゃれて、量を加減しやすい形状なのも、使い心地がよいです。

Amazonより

 




 

まとめ

 

「カメリナオイル|カメリナサティバのイコセン酸とは」いかがでしたか。

 

オリーブオイル、えごま油に続く次のオイルブームの主役候補のカメリナオイル。

 

使い勝手も良くオメガ3を摂る事で健康的と美容を意識した料理が作れますね。

 

少し効果ではありますが、この機会に一度試してみてはいかがでしょか。

 

当サイトでは、フランス産のオリーブオイルと小豆島ヘルシーランドの技術で作られたスキンケア「ジオリーブオイルF」を徹底的に調べた記事もあります。

 

もしよければそちらも参考にしてみてください。

 

ジオリーブオイルF愛用者の私|宇野千代と小豆島ヘルシーランドとは

-ダイエット, 健康, 成分,
-,