美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

健康 成分

ビタミンCと活性酸素|動物は合成できる?食べても効果ない?

2017/01/03

 

ハードルの高い研究

 

PQQとは、野菜などに多く含まれている成分で、必須アミノ酸の代謝に深く関わっているのではないかと考え、マウスをつかった実験の結果PQQは新しいビタミンとして注目されているのですが、PQQはビタミンとしてまだ認められていません。

 

つまり、どんなに研究をしても、人が生存していくために「必要」な栄養素、絶対に「必要」と認められなければ「ビタミン」として認められないのです。

 

それだけビタミン類を発見していくのはハードルが高いことなんです。

 

 

 

ビタミンCの効果

 

ビタミンの中でもとくに有名なのがビタミンCではないでしょうか。

 

紫外線からの「シミ」や「そばかす」を出来にくくするなどの美肌効果や、体調を崩した時になったりする「風邪の予防」等、普段から意識して摂りたい栄養成分です。

 

更に、このビタミンCには「死なない効果が3倍」にする等、もの凄い働きを身体の中で行ってくれるんですね。

 

 

美肌効果

 

ビタミンCの働きの一つが美肌効果。

 

お肌に大切なコラーゲンの合成を促していくとされています。

 

ただし、毎日1500mg(通常の15倍)ほどのビタミンCを1か月間摂ってもらいコラーゲンの変化を調べてみたんですね。

 

コラーゲンの合成を促してくれるビタミンを沢山取ったら、コラーゲンも増えると思うのですが、実はたっぷり摂ってもほとんど変化が無い実験結果が出たんです。

 

 

風邪の予防効果

 

ビタミンCは風邪の予防に効果があると言われています。

 

300人を対象に毎日500㎎(通常の5倍)ほどのビタミンCを飲んでもらい、風邪の発症頻度を調べてみました。

 

5年間の調査の結果、期間中に風邪を3倍以上ひいた人の割合が「約1/3」に抑えらたんですね。

 

しかし2013年、フィンランドで実施された全世界の事件を統合した結果「ビタミンCの風邪の予防効果は確かでない」と結論付けられました。
(未だ研究中という事です)

 

とは言えビタミンCが風邪に良いという事は多くの人が思っている事なので、プラシボ効果(思い込み)は期待できるかもしれません。

 

 

美肌効果も風邪の予防効果も無い?

 

以上の結果から、美肌効果も風邪の予防効果もはっきりとした効果が確率されていないという結論になってしまいますね。

 

これでは一般的に美肌や健康に良いとされるビタミンCの情報は嘘?となってしまうのですが、とても大切な働きはきちんと証明されています。

 

では最初の方でお話しした「死なない効果が3倍」とはどおいうことでしょう。

 

 

 

死なない効果が3倍に?

 

特定の病気になるのですが、それは「心臓」の病気、そして「血管」の病気が該当します。

 

動脈硬化

心筋梗塞

狭心症

大動脈瘤

 

等の心臓血管系の病気には効果があると言われています。

 

どお言う事かと言いますと、人は生きていく上でどうしても身体の中で「活性酸素」が発生していくのですが、活性酸素は身体の中で細胞を攻撃していきます。

 

この結果、動脈硬化や脳梗塞、そして心筋梗塞の原因になっていくんですね。

 

身体の細胞を傷つけていく活性酸素の働きを抑制していくのが、「ビタミンC」なんですね。

 

ビタミンCは細胞を傷つける悪玉活性酸素を攻撃していくたびに無くなっていくので、不足してしまうと抑制していく働きが出来なくなってしまいます。

 

今の日本人はこの「ビタミンC」が不足していると言われています。

 

 

 

活性酸素とは

 

活性酸素は生きていく上で呼吸をしている限り出来てしまうものなので、発生を止める事は出来ません。

 

活性酸素は悪者と思われているイメージが強いですが、身体の中に入ってきたウィルスや細菌を抑制していく性質を持っています。

 

ただこれがストレスや環境の変化などで増えすぎてしまうと、活性酸素の強い酸化力が遺伝子や細胞を攻撃してしまい老化の原因やガンなどの発生を促していってしまうのです。

 

つまりビタミンCを摂る事は老化を抑え、健康的な身体づくりに繋がっていく事になります。

 

 

 

ビタミンCを効率よく摂るには

 

野菜や果物にはビタミンCが豊富に含まれています。

 

とは言え毎日「朝」「昼」「晩」と野菜や果物を食べる事は、今の日本社会では難しい部分でもあります。

 

そのビタミンCは摂り方によって、身体への吸収される率が大きく変わっていくんですね。

 

 

効率よく吸収させるには

 

ビタミンCは水溶性で、もの凄く水に溶けやすく摂取しても尿と一緒に体外に出てしまう事が多いです。

 

効率よくビタミンCを身体の中に吸収させるには、タイミングが重要で「食後」に摂る事で吸収率がUPし体外にあまり排出されない様に出来ます。

 

食前の空腹時の方が吸収率がたかいのでは?と思うのですが、人の体は大量のビタミンCを保持する事が出来ないので、保持できるビタミンC以外は尿として排出されてしまいます。

 

しかし、食事の後にビタミンCを摂ると、食べた物と一緒にスローペースで身体の中の胃から腸へ進んでいくので、滞在時間を大幅に長くできる事になります。

 

そのため腸でゆっくり少しづつ吸収されていくので、無駄なく多くのビタミンCが身体に吸収されていく事になります。
食前に摂るよりも約40%多く吸収)

 

食後にフルーツを食べる事は効率的にビタミンCを吸収していけるんですね。

 

 

野菜のビタミンCを2倍に

 

ビタミンCは熱にも弱く水溶性なので、なかなかデリケートな栄養素。

 

そのビタミンCを増やす方法が包丁で「切ってそのまま放置」する事、2日間放置すると、「ジャガイモ」の場合ビタミンCが2倍に増えるんです。

 

その秘密は、植物自体がビタミンCを作り出す事ができ、太陽の光(紫外線)を浴びる事で、人間と同じように活性酸素が出来てきます。

 

その活性酸素を抑制しようとビタミンCを沢山作り出していくんですね。

 

紫外線を浴びる事と同じように、野菜や果物が包丁で切られると活性酸素が生まれ、これに対しビタミンCも沢山発生していくのです。

 

ただし放置している間の温度が25℃の常温なので、とても腐りやすい環境なのが残念な所です。

 

ただし、野菜をおひたしにする場合、茹でるのではなく「冷凍」して「解凍」する事で、茹でた場合とは違い「汁」を捨てる事が無い「おひたし」が出来ます。

 

このおひたしの作り方は、白菜、キャベツ、小松菜等でできる調理方法で、しっかりとした野菜の味がして美味しくいただけます。

 

ブロッコリーやカリフラワー等の殆どの野菜ででき、フライパンに入れブロッコリー1株なら水を200㏄入れ蓋をします。

 

3分ほど強火で加熱し水分が無くなったら完成です。

 

これも「汁」が出ないので、普通に茹でた場合の約2倍のビタミンCが取れ、味も濃いので美味しくいただけます。

 

 

その他のビタミンCを有効的にするには

 

タバコを辞める

 

ニコチンは体内にあるビタミンCを破壊していくので、コラーゲンの生成を抑制してしまい、結果的に肌の老化を助けていく事になっていきます。

煙に含まれる活性酸素も、ビタミンCを破壊していくので注意が必要です。

一般的に2本タバコを吸うだけで、1日分のビタミンCが消えてしまうと言われていますので、コラーゲン生成等の美肌作りは難しいのではないでしょうか。

今更聞けないたばこの悪影響より

 

ストレス

 

人はストレスを受けると身体の中でホルモンの分泌を促進していき、心拍数を上げたり血糖値を高めていきます。

 

ビタミンCは抗ストレスホルモンを作るのに必要で、ストレスが増えていくとそれに比例してビタミンCが使われていき減っていきます。

 

 

アルコールを飲まないようにする

 

アルコールを分解していく時にビタミンCが使われます。

 

ビール等を飲むことで

 

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水→尿

 

として分解されていくのですが、アセトアルデヒドになる時の分解の時にビタミンCが使われます。

 

 

激しい運動

 

激しい運動は大量の活性酸素を作り出していきます。

 

一説にはスポーツ選手の寿命が短くなる理由が活性酸素とも言われています。

 

日頃運動をしている事が多いのであれば、特にビタミンCは積極的に摂り入れましょう。

 

ビタミンCは身体の中であまり保持する事が難しい事と、色々な場面で使われることが多いので、こまめに摂取する事が重要になってきます。

 

 

 

ビタミンCが作れないのは人間だけ?

 

実は人間はビタミンCを摂らなければならないのですが、他の哺乳類は植物と同じように身体の中でビタミンCを作る事が出来るんです。

 

よ~く考えてみると、ライオンやヒョウ等の肉食動物って果物や野菜を食べてないですよね。

 

ビタミンCを体内で合成できないのは、人間の他にゴリラやチンパンジー等の一部の哺乳類だけなんですね。

 

地球上の殆どの生物が体内で合成できるのですが、何故人間や猿が合成できないのかは未だ解明されていません。

 

 

 

まとめ

 

「ビタミンCと活性酸素|動物は合成できる?食べても効果ない?」いかがでしたか。

 

ビタミンCは奥が深く未だ研究中です。

 

ただし活性酸素を除去していく事で、美肌効果や健康に繋がっていく事は確かなものになっています。

 

ビタミンCは摂り方によって、吸収される量が全然変わっていくのでビタミンCの特徴を知って効率よく頂きましょう。

 

-健康, 成分
-,