美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

毛穴の開き、たるみを予防?食べ物・紫外線・スキンケアの見直し

2017/10/16

%e6%af%9b%e7%a9%b4%e3%81%ae%e9%96%8b%e3%81%8d%e3%80%80%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf

 

毛穴の開きと、たるみ

 

毛穴の開きやたるみは、女性なら避けれる物なら避けたいですよね。

 

予防や改善していくための、スキンケアも大切ですし、睡眠や運動、規則正しい生活、バランスのとれた食事等。

 

ちょっと角度を変えた改善方法をまとめてみました。

 

 

 

3タイプの毛穴の開き

 

毛穴のたるみ

 

年齢を重ねていく事で、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン等の減少により肌の水分量が減ることでお肌に大切な土台に悪影響与えていきます。

 

そのため肌のハリが失なうことで、重力方向に皮膚がたるんでいきます。

 

たるむことで毛穴が縦方向に広がって目立つようになっていきます。

 

 

毛穴の詰まり

 

顔の皮脂はそもそも、顔の皮膚の乾燥を防いだり、外的な刺激から皮膚をまもる目的があります。

 

鼻であったりTゾーンが、顔で多く分泌される部分です。

 

ただ皮脂は分泌されれば良いわけではなく、バランスの良い分泌量が大切になります。

 

皮脂の分泌が過剰になってしまう理由は、

 

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

 

若い年齢の思春期の時のホルモンの乱れ

 

年齢を重ねる事で、脂質代謝が落ちていき、脂の多い物を食べる事で、皮脂の量も増えていきます。

 

洗顔のし過ぎで乾燥肌になり、それを補おうとして皮脂が分泌される。

 

必要以上の皮脂が分泌される事で、毛穴が広がったり、汚れと混じり酸化した物が毛穴に詰まる事で、黒いぽつぽつ状態になってしまいます。

 

 

毛穴の開き

 

毛穴の詰まりと似ていて、必要以上の皮脂の分泌が原因で毛穴が開いてしまいます。

 

毛穴パック等で、強制的に鼻の皮脂を取り除くことも過剰な皮脂の分泌に繋がっていき、毛穴を広げてしまいます。

 

 

 

目立つ毛穴対策は

 

顔の筋肉を鍛える

 

小顔ダイエットのところでもお話ししたことがありますが、良く噛む事で口の周りの筋肉を鍛え小顔効果が期待できますし、リンパの流れが良くなるので、たるみの予防にもなります。

 

 

紫外線対策をする

%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%80%80%e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9a

 

肌に悪いと言われている紫外線。

 

必要以上に浴び続ける事は、繊維芽細胞にダメージを与えていき、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等の生成を抑制してしまいます。

 

抑制されていく事で、肌の水分量が失われ肌の弾力性が失われてしまいますので、外出する際はしっかりとした紫外線対策をしていきましょう。

そしてもう一つ、出かけるのであれば朝のビタミンCは取らないようにしましょう。

ソラレンには、光毒性があり、体内に取り込まれると短時間で身体中に浸透し、

紫外線のバリア機能を低下させて日焼けを促進させてしまうのです。

日焼けに注意!食べ物に入っている日焼けを促進させるソラレンとは?より

 

 

納豆を食べる

%e5%a4%9c%e7%b4%8d%e8%b1%86

 

排卵前、肌の調子が良いと感じたことはないでしょうか?

 

逆に生理前になると肌が乾燥気味になったり、ニキビが出やすくなったことはないでしょうか?

 

これは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が変わったことが原因です。

 

エストロゲンの分泌が多くなると、コラーゲンの合成を促進、皮脂の分泌の抑制、セラミド、ヒアルロン酸を作り出し、お肌に潤いを作り出していくのです。

 

ただ残念な事に、年齢を積み重ねる事や、閉経する事で分泌量が減っていきます。

 

そこで、エストロゲンと似た働きをすると言われているのが大豆イソフラボンの含まれている納豆です。

 

大豆イソフラボンにはエストロゲンと似た働きをするのでオススメです。

 

更にお勧めなのが、「夜納豆」

 

睡眠時は血流がゆっくりとした流れになります。

 

夕食で納豆を食べる事で、納豆に含まれている「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラにしていき、毛細血管まで栄養が運ばれやすくなりお肌に充分栄養が行き届くので、美肌作りに期待できます。

 

肌のターンオーバが活発になるシンデレラタイムな事も理由の一つですね。

 

 

赤ワインを飲む

%e8%b5%a4%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e4%ba%88%e9%98%b2

 

赤ワインに含まれるポリフェノールには、シワやたるみの対策に効果があると言われています。

 

優れた抗酸化作用は、老化の原因である活性酸素を除去、肌の老化を抑える働きがあると言われています。

 

しゃれた赤ワインで「きれいになれ~♪きれいになれ~♪」と言い聞かせながら飲みましょう♪

 

 

洗顔・保湿方法を見直す

%e6%af%9b%e7%a9%b4%e3%80%80%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e3%80%80%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a1%e8%a6%8b%e7%9b%b4%e3%81%97

 

清潔さを気にするあまりに、洗い過ぎたり、後ケアを怠ってはいないでしょうか?

 

洗いし過ぎは皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。

 

また、お肌に大切なセラミドは、クレンジングを使う事で流れて行ってしまいます。

 

洗顔の後に「スッキリした~♪」は、もしかしたら「毛穴の危険信号」かもしれません。

 

年齢を重ねる事で、以前使っていたクレンジングや保湿方法が今の肌に合わなくなってきた場合もあります。

 

基本的なスキンケアは、簡単に言えば、化粧水で肌を潤わせ、クリームで蓋をしていく事でしたが、重要な事はお肌の内部を潤す事。

 

年齢を重ねる事で、細胞間脂質のセラミドの量が減っていき、細胞と細胞との間がスカスカ「ドライスキン」になり、それがたるみの原因に繋がっていきます。

 

今まで、セラミド入りのクリームを使っていなかったのであれば、試してみる価値はありそうですね。

 

ただしセラミドにも色々種類がありますが、人の細胞間脂質に含まれるセラミドに似たヒト型セラミド入りのクリームがオススメです。

 

 

砂糖を摂らないようにする

%e7%a0%82%e7%b3%96%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%80%80%e6%b8%9b%e5%b0%91

 

コラーゲンはたんぱく質、たんぱく質は糖分と結合しやすく糖化反応してします。

糖化反応してしまったコラーゲンは、結果的に肌や関節のケアのため摂取しても、効果が薄れてしまいます。

 

人気のコラーゲン食べても効果ない!でも美肌になった彼女の理由は?より

 

肌のコラーゲンが減る事で、たるみになり毛穴が広がっていきます。

 

 

HSPを試してみる

hsp-%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e8%a7%a3%e6%b6%88

 

HSP(ヒートショックプロテイン)はご存知でしょうか?

 

美魔女の山田佳子さんが、行っている美容法です。

 

ヒートショックプロテイン「HSP」とは、身体の傷ついた細胞を健康的な細胞にしていく働きのあるタンパク質です。

HSPは、もともとは身体の中に存在しているのですが、成長とともに少なくなっていきます。

減少していくという事は、細胞がダメージを受けても回復していくのに時間がかかってしまいます。

HSPを活性化する事で、免疫力を高めたり、お肌に大切なコラーゲンの減少を抑えたり、代謝を活発にすることで健康にも美容にも嬉しいですよね。

 

美魔女山田佳子のスキンケア|氷水洗顔ヒートショックプロテイン方法より

 

コラーゲンを作り出したり、減らす事を抑える事が大切ですね。

 

 

 

まとめ

 

毛穴の開きや、たるみを予防していく事は、女性にとって重要な事です。

 

もちろん睡眠や運動、規則正しい生活は重要ですが、なかなか出来ない事もあります。

 

それでも事前に対応していく事で、改善もしていけます。

 

先ずは、毛穴の開きや、たるみが気になりだして来たら、是非新しい事をしていきましょう。

 

新しい事の積み上げが、何年後かの自分を作り出していきます♪

 

スキンケアの方法は1つではないので、色んな対策方法を試してみてくださいね。

 

当サイトでは、潤いや毛穴、たるみにアプローチしていく「オラクル」というオーガニック化粧品を徹底的に調べた記事もあります。

 

そちらも参考にしてみてくださいね

 

 

注目されている関連記事

 

 超乾燥肌の私のファンデーションの使い方をご紹介します

 肌のターンオーバー早めるのは危険!乾燥肌を治すには正常化

 ホルモンバランスがニキビの原因?改善と予防方法とは

 クレンジングバームで毛穴や角栓をきれいにする効果はあるの?

 今更聞けないたばこの悪影響|肌の老化が進む理由とは

 お肌の乾燥対策にはどんな食べ物?カサカサかゆみ体質を改善

-
-,