美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

ダイエット 健康 成分

梅干しは酸性?アルカリ性?クエン酸で太る身体を美肌な痩せる体に!

2017/11/10

%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%97%e3%80%80%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e9%85%b8

梅干しとは

梅の実を塩に漬け込み干した物で、お弁当には定番として入っている事が多いですよね。

 

梅干しが入っているお弁当が腐りにくいのは、梅干しに含まれているクエン酸の殺菌効果によるものです。

 

梅は食べると「すっぱい」ので酸性の食品だと思われる方が多く、実際にPH(ペーハー)値を測定すると、酸性だという事が分かります。

 

ただし食品で分別された場合「アルカリ性食品」に分類されます。

 

このあたりの見解はわかりにくい部分もありますが、簡単に言えば梅自体は酸性だけど、食べる事で体内をアルカリ性にしていく働きがあるので、アルカリ性食品と言われています。

 

身体が酸性になると?

身体の中が酸性に傾いていった場合にどうなっていくのかまとめました。

 

痛風

血液はアルカリ性の物や酸性の物を食べてもPH(ペーハー)値は、身体の中で調整をしていくので極端に変わりにくいのですが、尿は食べ物によってPH値が直ぐに変わっていきます。

 

酸性(PH値が下がる)になっていくと体内から尿酸が出にくくなっていきます。

 

この理由は、尿酸は水に溶けづらく、尿が酸性の場合ますます出にくくなってしまいます。

 

身体の中で尿酸が溜まっていくと、痛風の原因になっていくので注意が必要です。

 

骨が弱くなる

酸性の食べ物を食べる事は、体の中のPH値が酸性になっていく事でそれを改善しようと、骨のアルカリ成分を使っていきます。

 

このことは、骨を弱くしていく原因にもなるので、普段からアルカリ性の食べ物を意識して摂る必要があります。

 

疲れやすい身体

%e9%85%b8%e6%80%a7%e3%80%80%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%82%8b

身体が酸性になってくると、白血球(外からの細菌から身を守る免疫)の活動が弱くなっていき、ちょっとした事でも疲れやすくなったり、朝起きるのが辛くなっていきます。

 

また疲れていると、集中力の低下やイライラする原因になっていき精神的にも疲れやすくなり免疫力の低下に繋がっていきます。

 

 

クエン酸とは

健康的な人の身体は弱アルカリ性です。

 

クエン酸は酸性なので摂らない方がいいのでは?と思ってしまいますが、身体の中に入るとアルカリ性の働きをしていきます。

 

今の日本人の多くは、コンビニやファーストフード等で手軽に食事を手に入れる事が出来ます。

 

その影響もあって、偏った食生活になりがちになり身体を酸性にしやすい状態を作ってしまってます。

 

クエン酸を摂る事で、身体を弱アルカリ性にしていきます。

 

疲労回復

%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e9%85%b8%e3%80%80%e7%96%b2%e5%8a%b4%e5%9b%9e%e5%be%a9

ストレスや運動によって、身体の中で乳酸が作られていきます。

 

この乳酸が溜まっていき、筋肉が酸性になっていき筋肉疲労や筋肉痛になっていきます。

 

クエン酸を摂る事で筋肉を柔らかくし疲労を回復していきます。

 

因みに、乳酸が疲労の原因を作っているのではなく、筋肉が疲労した時に疲労回復物質として分泌される物です。

 

つまり「乳酸が出て来た=疲れて来た」と言う事になります。

 

血行促進

血液のPH値が酸性になってくると、血液がドロドロの状態になっていきます。

 

血行が悪くなることは、同時に色々な所で悪影響が起こりだします。

 

クエン酸を摂る事は、血行を良くすることに繋がり、冷え性の予防、新陳代謝の促進による美肌作りなど、女性にうれしい効果が期待できます。

 

アンチエイジング・美肌効果

 

クエン酸にはミネラルの吸収を促してくれる働きがあり、アンチエイジングと美肌効果が期待できます。

 

特にミネラル不足になりがちな今、クエン酸はミネラルと結合し身体に吸収しやすくしていきます。

 

このミネラルの吸収を促す働きを「キレート作用」と言い、カニの爪でミネラルを挟み込んむイメージが由来の様です。

 

またクエン酸には抗菌化作用もありシワやシミの予防をしていきます。

 

腸の働きをサポート

%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e9%85%b8%e3%80%80%e8%85%b8%e3%80%80

梅干しのクエン酸は腸に刺激を与え、老廃物を排出させようとする働きがあります。

 

腸を綺麗にする事は、ダイエットや美肌効果に繋がっていきます。

 

特に女性はお通じに悩んでいる方が多いのでお勧めです。

 

痛風対策

クエン酸は血液や尿をアルカリ性にしていくので、尿酸が溶けやすくなっていき排出していく事で痛風の方や、予防を考えている方にはオススメです。

 

丈夫な骨

クエン酸により、弱アルカリ性にする事で骨のアルカリ成分を使う事もなくなり、更にはカルシウムの吸収率もUPするので丈夫な骨作りをしていきます。

 

 

 

梅干しを食べる場合の注意

1日に食べる目安は、最大で3粒までが理想です。

 

必要以上に摂りすぎると、胃を刺激して腹痛になる場合も・・・・。

 

塩分の摂りすぎはむくみの原因にも繋がっていきます。

 

食べるタイミングは、食事の前がオススメ。

 

食前に食べる事で、脂肪の吸収を防ぎ、血糖値の上昇を緩和していきます。

 

いくら梅が身体に良いとは言っても、添加物が入っていては意味がなくなってしまいます。

 

梅干し選びをする場合は、塩のみで作った梅干しを選びましょう。

 

 

女の梅干しダイエット

 Instagramより

 

 

まとめ

%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e9%85%b8%e3%80%80%e7%be%8e%e8%82%8c%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%80%e5%8a%b9%e6%9e%9c

身体を酸性ではなく弱アルカリ性にする事で人は健康を保つことができます。

 

そして1日1粒食べるだけでいいので健康的な女性を目指す方には本当にオススメです。

 

また梅干しはポリフェノールも含まれているので、セルライト予防にも繋がっていきます。

 

更に、梅干しを1分間レンジで熱を加えると、バニリンが増え、ムメフラールという成分作られていき、それを摂る事で太りにくい身体にしていきます。

 

1度温めてから、冷やしても効果があまり変わらないのでオススメです。

 

 

注目されている関連記事

 

 運動後の食事は太る?むしろ食べないと太ってしまう理由とは!

 ジョギング5分が代謝を増やす|効果と理由とは

 しらたきの成分グルコマンナンでダイエットの効果とは?

 とろろ昆布でダイエット!アルギン酸、ヨード、フコイダンで美肌作り

 生オクラのネバネバ成分で健康的にダイエットと美容効果とは

 えごま(エゴマ)油の効能とダイエット方法で痩せた?使い方は?

 キノコキトサンでダイエット?|キノコの健康効果と副作用

 バニラアイスクリーム|ハーゲンダッツでダイエット効果とは

-ダイエット, 健康, 成分
-