美肌は.com きれいな女性の作り方

女性ライターや経験者が「女性らしさ」に関する知識や体験談を、ご紹介していくサイトです

ダイエット 体形

セルフ肩甲骨はがし|ストレッチや器具を使ってゴリゴリストレッチ

2018/01/03

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%80%80%e8%82%a9%e7%94%b2%e9%aa%a8%e3%80%80%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%97

 

「セルフ肩甲骨はがし|ストレッチや器具を使ってゴリゴリストレッチ」

 

肩がこりやすい女性はいませんか?

 

気づくと何時も猫背になっている方はいませんか?

 

そんな時はセルフ肩甲骨はがしがオススメだと言われています。

 

初めて聞く方には「セルフ肩甲骨はがしって、どこかを剥がすの?」と思われる方もいらっしゃいますが、体のバランスを整えるのにはとてもオススメなのです。

 

今回は、姿勢が悪くなりがちな女性にオススメの「セルフ肩甲骨はがし」をご紹介していきます。

 

肩甲骨剥がし(はがし)とは

 

Q「肩甲骨はがしって、ちょっと怖いんだけど?」

A「正確にははがすのではなく、肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことです♪」

 

 

初めて「肩甲骨剥がし(はがし)」と聞くと、ちょっとビックリするかもしれませんが、別に剥がすわけではないのでご安心を♪

 

「肩甲骨剥がし(はがし)」とは、簡単に言えば肩甲骨周辺の筋肉をほぐす事です。

 

肩こりや姿勢が悪く猫背になっている人に効果的。

 

女性にとっては、リンパの流れや血行を良くすることで、ハリのあるバストアップへと導いていきます。

 

何故、肩甲骨「剥がし」といわれるのか?

 

それは肩甲骨が背中に張り付いている、いわゆる凝り固まっている物を「ほぐしていく」という動作を「剥がす」と表現しているからです。

 

ほぐすことによって背中ら剥がれるというイメージから「肩甲骨剥がし」と言われています。

 

 

 

肩甲骨とは

 

Q「肩甲骨の特徴は?」

A「肩甲骨の周りには沢山の筋肉が存在し、それらの筋肉によって支えられています」

 

 

肩のすぐ下にある出っ張った骨で、あまり知られていない事は、肩甲骨はと鎖骨は外側の端でつながっているのですが、それ以外はどの骨ともくっ付いているわけではなく、小胸筋、僧帽筋、前鋸筋、肩甲挙筋、小菱形筋、大菱形筋によって肩の直ぐ下の位置に存在しているのが特徴です。

 

%e8%82%a9%e7%94%b2%e9%aa%a8

という事は、6種類の筋肉のバランスが悪くなると自ずと肩甲骨にも影響してくることになります。

 

もっと言いますと、1つの筋肉が何かしらの影響を受けると肩甲骨に影響し、他の5つの筋肉にも影響してしまう事になります。

 

特に近年肩がこる女性が増えてきています。

 

理由の一つが肩甲骨にあります。

 

肩甲骨を使わないでいると、動きが悪くなっていき、それにつられて肩甲骨周辺の血流が悪くなり肩こり等の原因を作ってしまいます。

 

そおいう意味からも、肩甲骨はがしで筋肉をほぐすことは、猫背の改善や正しい姿勢作りに関係していると言われています。

 

 

 肩甲骨の正しい位置

 

肩甲骨の正しい位置と表現すると、「どこの位置にあればいいの?」という話になりそうですが、大切なことは肩甲骨の周りの筋肉がどうなっているのかが重要になってきます。

 

例えば、肩こりになりやすい人と肩こりにならない人の違いは、肩甲骨をどこで支えているかが違っているのです。

 

肩こりになりやすい人は、肩こりになる部分で肩甲骨を支えている状態になっています。

 

逆に肩こりになりにくい人は、肩甲骨を支える筋肉が脇の下にある「前鋸筋(ぜんきょきん)」によって支えているのです。

 

つまり、肩こりになりやすい人は肩甲骨を肩の部分から引っ張り上げている状態で、肩こりになりにくい人は脇の下から肩甲骨を持ち上げている状態になっているのです。

 

肩甲骨周りの筋肉のバランスがとても大切になってきます。

 

 

 

肩こりの改善

 

 

慢性的な肩こりは眼精疲労、頭痛の原因を作ってしまいます。

 

肩こりの原因は、肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性が影響している事が多く、柔軟度を上げる事で周囲の筋肉や首周りの筋肉が無理に引っ張られなくなり、負担をかけない事で肩こりの予防に繋がっていきます。

 

また肩こりは頭痛の原因の1つと言われています。

 

 

肩が凝って血行が悪くなれば、脳に酸素が行きにくくなり頭痛になると言われています。

 

 

 

肩甲骨周辺の筋肉に柔軟性をもたせると

 

Q「セルフ骨盤剥がしをするとどうなるの?」

A「姿勢が良くなったり、バストのサイズや位置等にも影響していきます。」

 

 

セルフ肩甲骨はがしによって柔軟性を持たせると、女性にはうれしい効果が期待できます。

 

もっとも嬉しいのは、見た目が変わるという事です。

 

 

 

猫背の改善

 

 

スマホの使用や姿勢の悪いデスクワークなど、前かがみになってしまう環境が多いと思います。

 

長時間前かがみでいる事は、背中が丸くなってしまい肩甲骨の周りの筋肉に負担をかけている事になってしまうのです。

 

女性の猫背はちょっと、どころか大分カッコイイものではありません。

 

猫背なだけで疲れ切っている様にも見えてしまいます。

 

%e7%8c%ab%e8%83%8c%e3%80%80%e8%82%a9%e7%94%b2%e9%aa%a8

 

猫背になると肩甲骨周辺の筋肉が伸びた状態になり、胸周辺の筋肉が縮んだ状態になります。

 

肩甲骨周辺の筋肉に柔軟性を持たせることで、胸周囲の筋肉が動きやすくなり猫背の改善に繋がっていきます。

 

猫背の改善は、凝り固まった筋肉をほぐし、血流やリンパの流れを良くしていくので、冷え性の予防にも期待できます。

 

 

 

バストケア効果

 

肩甲骨周りの筋肉である「前鋸筋(ぜんきょきん)」の働きが弱くなると、バストが下がりやすくなり、いわゆる「垂れ乳」の状態になりやすくなります。

 

また、肩の筋肉が凝っている場合は、バストが引っ張り上げられすぎて貧乳になってしまう事もあります。

 

肩甲骨の周辺には、リンパ腺があり柔軟性を持たせることで、血流やリンパの流れが良くなっていきます。

 

%e8%82%a9%e7%94%b2%e9%aa%a8%e3%80%80%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%97%e3%80%80%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

血流やリンパの流れを良くすることでバストへの栄養を運ぶ事になり、バストアップとハリのある上向きのバストへとアプローチしていきます。

 

また肩甲骨周りの筋肉がほぐれる事によって、姿勢が良くなりデコルテラインが奇麗に見えるようになります。

 

参考10、20代でも垂れ乳に!治す方法と戻す方法は自分の原因を知る事

 

 

 

ダイエット

 

 

肩甲骨の周りには、褐色脂肪細胞が多く存在しています。

 

脂肪には2種類あって、一般的に知られている白い脂肪と、その脂肪を燃焼する働きのある褐色脂肪があり、体の中で脂肪をエネルギーに変換し体温を上げる働きをします。

 

肩甲骨を動かすことで、褐色脂肪細胞の動きを活発化にする事ができ、活発なほど脂肪をエネルギーに変換しやすく、働きが弱いとエネルギー変換しにくくなります。

 

「痩せの大食い」の秘密はここにあるのかもしれません。

 

 

 

キレイな背中

 

 

肩甲骨を柔軟にすることは、筋肉が自然な状態で動けるので、よけいな脂肪が付きにくくなります。

 

ダイエットにも結び付いていくので、きれいな女性の背中を作っていきます。

 

また肩甲骨は天使の羽とも言われているので、是非背中美人を意識していきましょう。

 

 

 

肩甲骨の柔軟度チェック

 

 

Q「自分の肩甲骨周りの柔軟性があるかないか知ることはできないの?」

A「簡単にセルフチェックできるので、ご紹介していきます」

 

 

自分の肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を知ってみましょう。

 

まず、左腕を肩の上から背中に回し、右の腕を腰から背中にまわして、背中で手をつないでみてください。

 

この時、どのくらい深く腕を重ねれるかであなたの柔軟性がわかります。

 

逆も同じで、右腕を肩の上から背中に回し、左の腕を腰から背中にまわして、背中で手をつないでみてください。

 

背中で手を少ししか重ねれなかったり、そもそも重ねれないのであれば、肩甲骨周辺の筋肉が凝り固まっている事になります。

 

また筋肉が硬くなっているのであれば、「ゴリゴリ」鳴ることもあります。

 

 

 

タオルを使ったセルフ肩甲骨剥がし

 

肩甲骨の柔軟性をチェックしたときに、「自分は相当硬い」と思われている方には、タオルを使うセルフ肩甲骨はがしがオススメです。

 

タオルを使うやり方は簡単で、立ちながらでも座りながらでも行う事ができます。

 

 

 

 

 

セルフ肩甲骨はがしストレッチ

 

セルフ肩甲骨はがしで、鎖骨美人、背中美人を目指していくストレッチです。

 

肩甲骨の動きを良くすることで、褐色脂肪細胞をしっかり刺激を与えていくメニューも入っており、代謝が良くなり痩せやすい身体を作っていきます。

 

ご紹介する動画は、美肌は.comでオススメする「セルフ肩甲骨はがし」です。

 

色々な肩甲骨はがしはありますが、このストレッチは総合的にアプローチしていくので特にオススメです。

 

 

 

 

器具を使ったセルフ骨盤剥がし

 

器具を使った骨盤剥がしもあります。

 

器具を使う事で効率よく肩甲骨周りの筋肉に柔軟性を持たせることができます。

 

ストレッチハーツの使い方

 

 

 

ストレッチハーツ公式サイト



 

 

 

肩甲骨に負担をかけないために

 

セルフ肩甲骨はがしで筋肉に柔軟性を持たせることも大切ですが、普段からの行動にも意識しておくことがあります。

 

簡単に言えば体制の悪い状態を作らないことです。

 

例えば料理を作ったり、作業をするときにテーブルなどを使う場合は、動作をするとき自分の上半身が垂直になる高さのテーブルを使いましょう。

 

スマホを操作するときは、視線を下にしないように目線の高さにするなど、負担になる姿勢を作らないことが大切です。

 

 

 

まとめ

 

「セルフ肩甲骨はがし|ストレッチや器具を使ってゴリゴリストレッチ」いかがでしたか?

 

肩甲骨は、特に上半身のバランスを補っている骨と言っても良いかもしれません。

 

バストアップケアや猫背の防止、そしてダイエット効果と女性にとって肩甲骨を無視することはできません。

 

「セルフ肩甲骨剥がし(はがし)ストレッチ」でバランスのとれた健康的な美人になりましょう♪

 

 

注目されている関連記事

 

 短期間で簡単に脚、太ももを細くする方法|痩せるエクササイズ

 くびれエクササイズで即効くびれを作る筋トレとは?

 お尻痩せエクササイズ|おしりシェイプアップに骨盤体操と筋トレ

 顔のリフトアップ!表情筋をEMSで刺激する私は見た目年齢-10歳

 お尻小さくする方法|大きくしてしまう女のNG行動とは

 大転子を引っ込める事で骨盤幅を狭くする方法とは

 股関節の鼠径部(そけいぶ)のリンパ節を動かしてスリムな下半身を♪

 ボニックプロのEMS、キャビテーション自宅で脚痩せする20代の私

-ダイエット, 体形
-,